Entoloma in Indomalaya and Australisia

在庫切れ
Entoloma_in_Indomalaya.jpg
Horak Egon (1980) (Reprint 2012)
「Entoloma (Agaricales) in Indomalaya and Australisia」
(インドマラヤおよびオーストラリシアのイッポンシメジ属)

Nova Hedwigia Beiheft 65
参考価格:5%税込14,020円、8%税込14,420円
送料(沖縄・東北・北海道を除く)5%税込500円、8%税込510円、-在庫切れ-
英語、17x24cm、ハードカバー、原色図版8ページ、白黒図版11ページ、本文中にも白黒図多数
本書は、Egon Horak先生が1967年から採集を始めたインド、スリランカ、マレーシア、インドネシア、パプアニューギニア、オーストラリアおよびニュージーランドなどのイッポンシメジ属234種を詳細に解説する。そのうち約半数の122種が本書で新種発表された。その他にも新組合せなどがある。
イッポンシメジ属に興味のある方には必携の文献。

Pilzkompendium (菌類概説)

高価だが、故本郷先生が推薦された、特徴をよく捉えた手書き原色図のお勧めの図鑑
全5巻(10冊)で大型菌類3千種以上を図示・解説しようという意欲的なきのこ図鑑シリーズ

Pilzkompendium_Band2.jpg Pilzkompendium_Band2b.jpg Pilzkompendium_Band2c.jpg Pilzkompendium_Band2d.jpg
Ludwig, Erhard (2007)
「Pilzkompendium. Band 2: Agaricus, Allopsalliota, Conocybe, Coprinus, Entoloma, Laycrymaria, Pholiotina, Pluteus und Psathyrella」 (菌類概説第2巻:ハラタケ属、アロプサリオタ属、コガサタケ属、ヒトヨタケ属、イッポンシメジ属、ラクリマリア属、ホリオティナ属、ウラベニガサ属、およびナヨタケ属)
  Teilband 1: Atlas (第1分冊:図譜の部)
 25x35cm。220ページ。204原色図版。ハードカバー。
  Teilband 2: Text (第2分冊:解説の部)  ドイツ語。18x25cm。700ページ。ハードカバー。
価格*:図譜の部と解説の部2冊1組 5%税込43,150円、8%税込44,380円
送料(沖縄・東北・北海道を除く)5%税込500円、8%税込510円、
納期約5週間(在庫2組
 5巻(10冊)で大型菌類3千種以上を図示・解説しようという意欲的なきのこ図鑑シリーズの第2巻。類似のきのこ図鑑シリーズのFungi of Switzerland(スイス菌類図鑑)の図版が原色写真であるのに対し、本シリーズは手書き原色図を使用する。
 
  Pilzkompendium_Band1_Beschrebungen.jpg  Pilzkompendium_Band1_Abbildungen.jpg Pilzkompendium_picture.jpg
Ludwig, Erhard (2001)
Pilzkompendium Bamd 1 Beschreiburgen, Abbildungen
(菌類概説、第1巻、記載の部,および図版の部)

IHW-Verlag
ドイツ語(但し、Note・各属およびそれぞれの種に英語の解説あり)。
記載の部:18.0x24.5cm。26+758ページ。ハードバック。線画による胞子図・シスチヂア図多数。
図版の部:24.5x34.5cm。190ページ。ハードバック。すべて原色図版。
価格*:記載の部と図版の部の2冊で1セット、5%税込32,480円、8%税込35,080円
*備考:価格はずいぶん前の価格、これから輸入する分は円安のためかなり高くなります。
納期 1週間(在庫1組
 2001年秋、故本郷次雄先生が千葉菌類談話会の採集会のために千葉に来られた。当時佐倉市に住んでいた店主の佐野も参加し有志で歓迎会を催した。その時、2001年新刊のきのこ文献が話題になった。先生が大いに推薦されたのが本書である。今は懐かしい思い出となった。
 本書はハラタケ目、イグチ目、タコウキンン目など大型菌類を網羅しようとする意欲的なシリーズの第1巻。本巻ではAgrocybe(フミヅキタケ属)、Armillaria(ナラタケ属)などからXeromphalina(ヒメカバイロタケ属)、Xerula(クセルラ属)までハラタケ目の89属を記載する。
 本郷先生が推薦されるだけあって記載もしっかりして信頼できる(ただし、英語は一部分で大部分はドイツ語)。
 図版の部は24.5x34.5cmの大判で190ページに及ぶ原色図版は、特徴をよく捉えた緻密な原色画を高い印刷技術で再現している。値段は高いが、お勧めの図鑑。

冬虫夏草属の系統分類

“冬虫夏草に興味を持たれている皆様には必携の文献!”
遺伝子分析に基づく最新の分類を提示!

Studies_in_Mycology_57.jpg
Studies in Mycology 57
Sung, Gi-Ho, Nigel L. Hywel-Jones, Jae-Mo Sung, J. Jennifer Luangsa-ard, Bhushan Shrestha & Joseph W. Spatafora(2007)
「Phylogenetic classification of Cordyceps and the clavicipitaceous fungi」
(冬虫夏草属およびバッカクキン様菌類の系統分類)

8%税込価格7,780円、送料8%仕込み360円(レターパック)、納期1週間(在庫)
英語。63ページ、うち冬虫夏草の原色写真2ページ、系統樹多数。
“遺伝子分析に基づく最新の分類を提示”
形態分類の専門家と遺伝子分析研究者による共同研究の成果!
冬虫夏草およびバッカクキンの仲間162分類群を遺伝子分析した。その結果、科では既存のClavicipitaceaeのほかにOphiocordcipitaceae、およびCordycipitaceaeの2新科を提案し、属では既存のCordycepsのほかにMetacordyceps、Elaphocordyceps,およびOphiocordycepsの3新属を提案する。これらの提案にもとづき、旧Cordyceps(冬虫夏草属)菌類に対し、多数の新組合せ名を提案する。また2新種が記載された。冬虫夏草に興味を持たれている皆様には必携の文献。

他の冬虫夏草文献(佐野書店扱いのみ):
・日本冬虫夏草の会編(2000)「清水大典冬虫夏草原図複製」
・青木襄児 (2003) 「改訂昆虫病原菌の検索」
・YING, Jianzhe et al (1987)「Icones of Medicinal Fungi from China」
・清水大典(1994)「原色冬虫夏草図鑑」
・小林義雄/清水大典共著(1983)「冬虫夏草菌図譜」
・Fungi of Australia Vol. 1A 「Introduction-Classification」(1996)
・奥沢康正(2012)「冬虫夏草の文化誌」

古書:朝日百科キノコの世界

古書
朝日百科きのこの世界 朝日百科きのこの世界2
「朝日百科 キノコの世界」1997、朝日新聞社
上製版、23.6x29.8cm、160ページ、オールカラー印刷、ハードカバー、カバー付
古書状態:良(全体的に良いが、37年前の出版のため、本文周囲に経年変化による黄ばみあり)
価格:5%税込5,700円、8%税込5,860円、送料(北海道・東北・沖縄除く):5%税込500円、8%税込510円、在庫:古書のため1冊

イタリア子のう菌図鑑

在庫切れ中
Atlante_fotografico_degli_Ascomiceti_dItalia.jpg
Associazione Micologica Bresadola (Edit.) (2006)
「Atlante fotografico degli Ascomiceti d’Italia」
(イタリア子のう菌写真図鑑) 

A.M.B. Fondazione Centro Studi Micologici
在庫切れ中
イタリア語。12.5x19.7cm。221+454ページ、合計675ページ。原色写真多数。ハードカバー。
イタリアの子のう菌図鑑。全675ページ。221ページの総論と454ページの種の記載+索引の2部からなる。総論の部は子のう菌概論と、111ページにおよぶ属への検索表・種への検索表、さらに12ページにわたる子実体の形と胞子の形から属名が分かる表からなる。採集した標本を調べるに便利な工夫がこらされている。個々の種の解説は、原色生態写真と胞子図を添え1種1ページを使い大型の子実体を形成する子のう菌代表種400種取り上げる。もちろんTuber, Balsamia, Choiromyces, Genea, Hydonotrya, Picoaほかの地下生菌も取り上げる。子のう菌の専門図鑑は世界でも少なく、本書はスイス菌類図鑑第1巻と並び、子のう菌のきのこに興味を持つ方にはお勧めの図鑑だ。

このシリーズの姉妹書Atlante fotografico dei Funghi d'Italina

ヨーロッパのクヌギタケ属

在庫が1冊になりました
“クヌギタケ属を知るには必携の専門図鑑!”
MycenadEurope.jpg
Robich G. (2003)
「Mycena d’Europa」 (ヨーロッパのクヌギタケ属)

8%税込19,690円、、プラス送料650円(ただし東北950円、北海道・沖縄1,250円)
納期:1週間(在庫1冊
イタリア語、ただし種の記載を除き英語併記。17.5x24.5cm。725ページ。ハードカバー。本文中に原色生態写真および原色顕微鏡写真合計200。さらに白黒顕微鏡図140。
 ヨーロッパに産するクヌギタケ属のすべて、143種・変種・品種を多数の原色写真と顕微鏡図を使い詳細に解説する。掲載種すべての新種記載時のラテン語原記載も載せる。種の記載を除き英語を併記する。140余種を説明するのに725ページを費やしていることからもわかるように、解説は詳細にわたる。なお、本書により8新種、3新品種が記載された。

古書:日本きのこ図版全6巻

売れました
日本きのこ図版全6巻
青木実・日本きのこ同好会著、名部みち代編(2008)
「日本きのこ図版」、日本きのこ同好会2発行
、1組(全6巻)
参考価格8%税込6冊1組 115,710円(旧5%税込112,500円)、 売れました
送料:近畿・中国・四国・東海510円、関東・九州・甲信越600円、東北800円、九州・沖縄1400円、
古書:状態:良(新品同様)
A4判、ハードカバー、ブックカバー付、
本文第1巻816ページ、第2巻740ページ、、第3巻813ページ、第4巻850ページ、第5巻795ページ、第6巻850ページ、合計4864ページ。この他に各巻に名部みち代氏が作成した目次と索引が付く。
本書は、青木実氏および日本きのこ同好会会員らが作成した、詳細な顕微鏡図と線画によるキノコ外形図のついた、関東地方を中心とする日本産きのこの記載である「日本きのこ図版」のNo.1からNo.2172までを、神戸の名部みち代氏が厳密に校訂し、未公表資料も追加し、全6巻にまとめ製本したもの。青木実氏から千葉県立中央博物館に寄贈された資料を、名部氏が詳細にわたり調査・検討し、寄贈資料の中で未公表だったものも必要に応じ追加し、ほぼ完ぺきな「日本きのこ図版」として全6巻にまとめ上げた。
きのこに本格的に取り組もうとする方には必携の資料。

Flore des Champignons Superieurs du Maroc

在庫1セット
Flore_des_Superieurs_du_Maroc.jpg
Malenson, G. & R. Bertault (orig. 1970/1975) (rep. 2003)
Flore des Champignons Superieurs du Maroc
(モロッコの高等菌類フロラ 第1巻と第2巻)

ラバト科学大学・モロッコ国立科学研究センター。
価格第1・2巻の1組24,900円(5%税込)(分売はありません)、送料(北海道・東北・沖縄除く):5%税込500円(ゆうパック)、納期 1週間(在庫1セット
仏語。15.5x24cm。ペーパーバック。第1巻601ページ・第2巻541ページ。原色図・白黒図本文中に多数。
39年前出版の古い本なので、新本ですがシミなど出ています。
本書は、アフリカ大陸北西端に位置するモロッコのハラタケ目菌類誌。モロッコに産するハラタケ目合計847種を原色図と顕微鏡図を含む白黒図とともに詳細解説する。多くの新種記載がある。著名な属の解説は以下の通り。Amanita 32、Lepiota 37(新種記載多数)、Coprinus 34(新種記載1)、Inocybe 58(新種記載5)、 Hebeloma 16(新種記載2)、 Cortinarius 103(新種記載4)、 Tricholoma 27、Mycena 71(新種記載1)、 Oudemansiella 2。

日本菌学会編「菌類用語辞典」出版

お知らせ:
この3月に日本菌学会編「菌学用語集」新版の出版が予定されています。

この用語集は、英語の菌学用語の和訳と、日本語の菌学用語の英訳の二部から成り立ちます。
1996年出版の旧版に比べ、収載用語も増え、図も入り、さらにCDも付く、大変充実したものになると聞いています。

日本菌学会の会員には1冊無償で配られると聞いています。
佐野書店は、会員でない方々や、2冊目を欲しいという会員の方々のために、本書を取り扱いをさせていただく予定です。詳細が分かった時点で、改めてご案内させていただきます。

なお、本書出版にあたり佐野書店は、日本菌学会に相応の出版協力をいたします。

Phyllachoraceae of Australia

Fungal_Diversity_Res_Ser_17.jpg
PEARCE, Ceridwen A. & Kevin D. HYDE (2006)
「Phyllachoraceae of Australia」

Fungal Biodivfersity Resarch Series 17
価格11,780円(5%税込)、送料350円(レターパック)、納期1週間(在庫1冊
英語、18.4x26.1cm、8+308ページ、白黒顕微鏡写真多数、ハードカバー
The Phyllachoraceae are predominantly biotrophic plant parasites (e.g. Phyllachora spp.). In this treatise, the literature on the Phyllachoraceae is reviewed, with an emphasis on the history of the Phyllachoraceae in Australia. The phyllachoraceous genera of Australia are introduced, and the taxonomic characters used to delineate taxa are discussed. In total, more than 1100 specimens of phyllachoraceous taxa have been examined . The 84 acceptable phyllachoraceous taxa from 18 angiosperm families in Australia are described, and illustrated with photomicrographs and distribution maps(出版元の内容紹介文を引用)

Fungal Diversity Research Series 既刊:
Series 20、Novel Techniques and Ideas in Mycology> (菌類学における新手法とアイデア)
Series 19、Agaricales of New Zealand 1. Pluteaceae-Entolomataceae, The Fungi of New Zealand Vol. 5
Series 18、Genera of Freshwater Fungi(淡水の菌類の属)
Series 17、Phyllachoraceae of Australia
Series 16、Fungi on Trees and Shrubs in New Zealand、The Fungi of New Zealand Vol. 4
Series 15、Introduction to Fungi of New Zealnd. The Fungi of New Zealand Vol. 1
Series 14、Sporidesmium, Endophragmiella and related genera from China
Series 13、Revision of the Ascomycete genus Amphisphaeria
Series 11、Myxomycetes of New Zealand (ニュージーランドの変形菌) The Fungi of New Zealand Vol. 3
Series 10、Freshwater Mycology (淡水菌類学)
Series 9、The Genus Mycena in South-Eastern Australia、(南西オーストラリアのクヌギタケ属 )

ニュージーランドの高木と低木の菌類

在庫1冊(在庫が無くなると、当分の間-数年-入荷はありません)
Fungi_of_New_Zealand4_Fungi_on_Trees.jpg
Gadgil, P.D.(‘Peter’) (2005)
「Fungi on Trees and Shrubs in New Zealand」
The Fungi of New Zealand Vol. 4
(ニュージーランドの菌類第4巻 ニュージーランドの高木と低木の菌類) 
 
Fungal Biodivfersity Resarch Series 16
価格 11,420円(5%税込み)、送料500円(ゆうパック)、 納期1週間(在庫1冊) 
(ニュージーランドの菌類を知るためには必携)
英語。18.0x26.3cm。20+498本文ページ+原色図版16ページ。ハードバック。
このシリーズ第4巻の本書はニュージーランドの樹木に関係する700種の菌類を解説する。菌根菌はもちろん植物病原菌や植物の枯死部に寄生する菌なども含まれる。章立ては、Foliicolous Fungi(葉上生菌類), Caulicolous Fungi(柄上生菌類), Corticolous Fungi(樹皮生菌類), Radicicolous Fungi(根部寄生菌類), Xylophilous Fungi(辺材生菌類), Lignicolous Fungi(心材生菌類), Downy Mildows, Powdery Mildows, Rust and Smut Fungi, Sooty Mould and Similar Fungi, Mychorrhizal Fungi(菌根菌)ほかとなっている。菌根菌の章には、傘のあるきのこのほか、腹菌類や地下生菌、接合菌のEndogone属やGlomus属もカバーしている。子のう菌の地下生菌Tuber属はニュージーランドでは、人工栽培されている移入種はあるが、野生では種不明の1種の採集記録が1回あるだけだそうだ*。原色図版には、植物病原菌や傘のあるきのこ、硬質菌などのほか珍しい地下生菌Austrogautieria属, Chamonixia属, Descomyces属, Gallacea属, Mesophellia属の仲間などの写真があり興味深い。
*Hall, I., G. Brown & J. Byars. The Black Truffle Its History, Uses and Cultivation.New Zealand Crop & Food Institute(佐野書店価格4,780円. 在庫)によれば、1993年秋、Tuber melanosporumがニュージーランドで見つかったという。

Fungal Diversity Research Series 既刊

論文集:菌類の遷移

在庫1冊(在庫限り、今後の入荷はありません)
Fungal_Successions.jpg
Hyde, Kevin D. & E.B.G. Jones (edit.) (2002)
Fungal Succession(菌類の遷移)

Fungal Diversity Vol. 10
特別値引き価格 3.840円(5%税込み)、送料350円(レターパック)
納期1週間(在庫1冊
英語。18.5 x 26.0cm。5+263ページ。ハードバック。
内容(微小菌類の項目に入れていますが、大型菌類も含みます)
菌類の遷移を扱った論文集。菌類の遷移は、極相に向かって植物相が交代していく高等植物の遷移と違って、栄養要求の違いによって菌類相が交代していく現象のようで、大変興味深い。
1. Introduction to fungal succession.
2. Fungal succession or sequence of fruit bodies?
3. Seasonanality and sequential occurrence of fungi on food submerged in Tai Po Kau Forest Stream, Hong Kong.
4. Fungi colonising and sporulating on submerged wood in the river Severn, UK.
5. The macrofungal community and fire in a Mountain Ash forest in southern Australia.
6. The effect of pre-inoculation of balsa wood by selected marine fungi and their effect on subsequent colonaisation in the sea.
7. Fungal succession on senescent leaves of Manglietia garettii in Doi
Suthep-Pui national park, northern Thailand.
8. The coprophilous succession.
9. Fungal colonaisation of wood in a freshwater stream at Ta Phu, Khao Yai National Park, Thailand.
10. Fungal diversity and succession on pods of Delonix regia (Leguminosae) exposed in a tropical forest in Thailand
11. Experimental analyses of successive occurrence of fungi in the field.
12. A new approach to studying microfungal succession on decaying pine
needles in an oceanic subtropical region in Japan.
13. Fungal succession on fronds of Phoenix hanceana in Hong Kong.
14. Fungal succession on bamboo in Hong Kong.
15. Infection sequence and pathology of Ophiostoma ips, Leptographium
serpens and L. lundbergii to pines in South Africa.
16. Succession: where do we go from here?
Index
Instructions to authors

古書:日本きのこ検索図版

売れました。古書
日本きのこ検索図版
青木実(1997)、日本きのこ検索図版編集委員会(2006)
「日本きのこ検索図版」
、日本きのこ同好会2発行
古書、状態:良(新本とほぼ同様)
売れました
17.9x25.4cm、目次4ページ、本文441ページ、索引28ページ、資料など15+5ページ、ペーパーバック
「日本きのこ図版」の主な著者である青木実氏は、「日本きのこ図版」をもとに、図版に未掲載の種も含め、日本のハラタケ目全般にわたる図入り検索表をつくろうとしていた。原本は毎年のように補足訂正され、最終原本をもとに出版されたのが本書である。
本書出版にあたっては、青木実氏が千葉県立中央博物館に寄贈した原本を、編集委員会の諸氏が、調査・検討し、明らかなミスを訂正し、通しページ番号をふり、目次や和名索引を付けるなど行った。原稿のまま埋もれていた本書が成書として出版できたのは、この編集委員会の努力のおかげである。
全6巻の「日本きのこ図版」を使いこなすために、本書は大変有用。
きのこに本格的に取り組もうとする方には必携の資料。

中国、広東州の大型菌類フロラ

在庫切れ、追加入手はありません
The_Macrofungus_Flr_of_Ch_Gudng_Province.jpg
Bi Zhishu, Zheng Guoyang & Li Taihui (1993)
「The Macrofungus Flora of China’s Guangdong Province」
(中国、広東州の大型菌類フロラ) 

The Chinese University Press
8%税込価格18,160円、8%税込送料510円、 (在庫切れ、追加入手はありません)
英語。19.5x26.7cm。16+734ページ、うち白黒図版113ページ。ハードカバー。
中国大陸の南、広東州の大型菌類を著者たちは1980年から精力的に調査し、その結果を元に本書を出版した。子のう菌と担子菌の大型菌類56科、239属1,058種を、白黒の外形図・顕微鏡図、科・属・種への各検索表をつけ本書に記載する。113ページにおよぶ図は巻末にまとめて載せる。1,058種のうち58種は新種や新変種、19種は新組合せである。佐野が興味を持つ地下生・半地下生の菌類では、Hysterangium 3種、Portubera 1種、Rizopogon 1種(R, piceus), Martellia 1種、 Chamonixia 1種、Gastrosporium 1種などが載っている。地上生の腹菌類も多く載っている。新種記載が多く発表されている文献として見逃せない文献。
(2007年3月文献案内で一度紹介)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード