マンネンタケ科命名法的研究

A_Nomenclatural_Study_of_the_Ganodermataceae.jpg
Monclavo,Jean-Marc & Leif Ryvarden (1997)
A Nomenclatural Study of the Ganodemataceae Donk
(マンネンタケ科の命名法的研究)

Synopsis Fugorum11
8%税込価格 4,480円、送料180円、納期 1週間(在庫3冊
英語。110ページ。ペーパーバック。
 マンネンタケ科のマンネンタケ属およびコマタケ属として発表された386種を命名法的に、および分類学的に検討を加える。マンネンタケ科研究のための必須アイテム。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

Synopsis Fungorum 22 論文集

SynopsisFungorum22.jpg
Synopsis Fungorum 22, (2007)
「Collected Papers」(論文集)
FugiFlora, Oslo, Norway
8%税込価格 4,840円、送料180円、納期 1週間(在庫3冊)
英語。15.0x22.5cm。146ページ、うち原色写真3ページ。本文中に顕微鏡図。
 FungiFloraは20・1世紀最高の硬質菌研究者といってもよいノルウエー、オスロ大学のRyvarden(リバルデン)教授が自分たちの研究成果出版のために自ら作った出版社だ。Synopsis Fungorumと名づけた叢書の出版を続ける。硬質菌に関心のある方には必携の叢書となっている。多くは一テーマ一書だが、この22は6本の論文集だ。メインは120ページにわたるK. Hjortstam & L. Ryvarden: Checklist of corticioid fungi (Basidiomycotina) from the tropics, subtropics, and the southern hemisphere(熱帯・亜熱帯、および南半球産コウヤクタケ類チェックリスト)だ。6論文合計でGymnopilus epileatumほか合計4新種、およびPalifer gamundiaeなど3新組合せを発表する。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

キノコを科学する

在庫切れ中
キノコを科学する
檜垣宮都監修、江口文陽・渡辺泰雄(2001)
「キノコを科学する―シイタケからアガリクス・ブラゼイまで」

地人書館
価格2520円(5%税込)、送料サービス、在庫切れ中
A5,216ページ、
 (出版社の紹介文から)人々の健康指向を背景に“驚異のキノコ”アガリクスは大きな注目を集めている.しかし本当に効くのだろうか? そもそもキノコとはどんな生物なのか? その真の姿を理解し,「アガリクス」ブームの真実を見極めるためには,野性キノコの性質や,その栽培技術,科学的研究の過程なども知る必要がある。
 編著者の一人、江口文陽(えぐちふみお)先生(東京農業大学教授)は、2013年4月から日本きのこ学会会長。

アメリカのウロコタケ型の菌類

SynopsisFungorum28.jpg
Ryvarden, Leif (2011)
「Stereoid fungi of America」 (アメリカのウロコタケ型の菌類)

Synopsis Fungorum 28
8%税込み6,810円、送料180円、納期1週間(在庫1冊)。
英語、14.7x20.5cm。206ページ。顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 アメリカ大陸に産するウロコタケ型の菌類35属105種を記載する。うち1種は新種。2種に新組み合わせを提案。65種には白黒顕微鏡図をつける。
 Stereumキウロコタケ属は近年の遺伝子分析により多系であることがわかった。進化の系統にしたがって分類するという考え方にも基づけば当然、属を分割しなければならない。しかし、Ryvarden先生はそうは考えない。進化の系統にしたがったアカデミックな分類と実用的な分類の二つがあってもいいと考える。本書はこのような考え方にもとづき書かれた。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

食べられるキノコ200選

在庫切れ中
食べられるきのこ
信州きのこの会編(2002)「食べられるキノコ200選」信濃毎日新聞社出版部
価格2415円(5%税込)、送料サービス、在庫切れ中
A5、304ページ、オールカラー
 (出版社紹介文から)折からの自然食品ブームや薬用効果の話題から、一躍関心が高まっている野生キノコ。本書は、全国で初めて「キノコを食べること」に力点を置いた新しいタイプのキノコ図鑑だ。
 取り上げた食用キノコは216種。山で見られる色を厳密に再現した美しい大判写真をふんだんに使い、キノコファンからリクエストの多い傘の裏側や成長過程で形が異なるものも分かりやすく掲載している。生える時期や場所、味や歯ざわりを重視したおいしい食べ方も紹介する。
 キノコ中毒への注意を喚起するために、一般的な毒キノコ49種も詳しく解説。誤食の多い毒キノコは間違えやすい食用キノコとの見分け方を、また毒にあたったときの応急手当ても掲載。さらに注目されている薬用キノコ19種については、最新の研究を元にした薬用効果などを解説している。

考えるキノコ -摩訶不思議ワールド

在庫切れ中
考えるキノコ
LIXIL BOOKLET 「考えるキノコ -摩訶不思議ワールド-」 2008、LIXIL出版
価格1,575円(5%税込み)、在庫切れ中
 日本語。21.1x20.6cm。72ページ。ほとんどが原色図版ページ。ペーパーバック。
 本書は2008年12月11日からLIXIL(当時INAX)のギャラリー大阪を皮切りに始まった巡回展「考えるキノコ -摩訶不思議ワールド-」に合わせて出版されたビジュアルな小冊子だ。
小冊子ながら見応え・読み応えがある。記事の著者は、大舘一夫(「都会のキノコ」著者)、佐久間大輔(大阪市立博物館)、吹春俊光(千葉県立中央博物館)、飯沢耕太郎(「世界のキノコ切手」著者)などだ。 
 4-16ページの記事「世界のビジュアルキノコ狩り」(佐久間大輔氏解説)の写真はカラフルでしかもすばらしく美しい。
 25-48ページは吹春俊光氏の「近・現代博物誌に描かれたキノコ」と題する18・9世紀のキノコ図譜の解説だ。菌類学の創始者といわれるイタリア、フィレンツェの植物学者ピエール・アントニオ・ミケリの「Nova Plantarum Genera」(植物の新しい属)に始まる7点の貴重な外国の図譜と坂本浩然「菌譜」など4点の日本の図譜をたくさんの原色写真を添え解説する。
 さらに同氏は続く49-51ページで「キノコ研究の古今東西」と題し、ギリシャ時代から今日にいたる世界のキノコ研究史を概観し、日本の在野の研究者の貢献に触れる。

 52-56ページは菌類に憑かれた二人、科学映画監督、樋口源一郎(1906-2006)と青木図版の製作者、青木実(1924-)の話だ。
 樋口氏に佐野が初めてお会いしたのははるか十幾年以上前になるだろうか、日本変形菌研究会の庚申山(栃木県)合宿の時だ。そのときすでに80歳を過ぎておられた樋口氏は若きキャメラマン(といっても私より年上だが)、石井薫久(いしいしげひさ)氏(1945-2008)と二人で参加された。真正粘菌や細胞性粘菌に対する思いを青年のごとく熱く語られ、撮影時にはカメラを構える石井氏を厳しく指図されていた。80歳を越えるお年寄りには到底見えなかった。
 このとき撮影された映像を含む科学映画「真正粘菌の世界」は、1997年第38回科学技術映像祭で科学技術庁長官賞を受賞した。これに先立つ科学映画「細胞性粘菌の行動と分化」では、1992年第33回科学技術映像祭で内閣総理大臣賞を受賞している。
 この2作以降、樋口氏は菌類に憑りつかれたごとくキャメラマン石井氏とコンビで1999年「菌と植物の共生」、2001年「きのこの世界」と菌類をテーマとする科学映画を作り続けられた。樋口氏は2006年99歳で亡くなられ、その2年後の今年8月、キャメラマン石井氏も亡くなられた。

 記事はさらに佐久間大輔氏「キノコに向き合う」、飯沢耕太郎氏「この奇なきのこ」と続く。
 最後のページはマツタケ山でマツタケのすき焼きを楽しむ家族の写真だ。服装や髪型から大正か昭和の初めだろうか。そのころマツタケは珍しくなかった。佐野書店の事務所がある兵庫県相生市の隣、赤穂市の山、私がキノコ観察によく出かけるこの山もかつてはマツタケ山であったと、地元の方から聞いた。私の亡き父のアルバムにも、マツタケ狩りのあと大勢ですき焼き鍋を囲む父の若き日の写真がある。

日本のキノコ262

在庫切れ
日本のキノコ262
柳沢まさよし(2009)
「ポケット図鑑 日本のキノコ262」
、文一総合出版
価格1,050円(5%税込)、送料サービス、在庫切れ
10.8x14.8㎝、319ページ、4ページの索引を除きすべて原色写真ページ、ペーパーバック・カバー付
ポケットサイズながら262種を、全体を映した生態写真に加え、特徴がわかる部分写真と、種を見分けるポイントを簡潔に解説した文とで構成したコンパクトなきのこ図鑑。きのこ狩りに最適。
(出版社の紹介文から)
「これからキノコの名前が知りたい人、キノコ狩りを楽しみたい人が、最初に手に取る1冊です。身近な食用キノコや、間違いやすい毒キノコなど262種をピックアップ。主な食用キノコはほぼ網羅していますので、野外で採取するときや持ち帰って調べるときに利用してください。
写真は、キノコの生育状態や環境がよくわかる生態写真と、種の特徴をよく示した各部のアップ写真数点から構成。解説には写真だけではわかりにくい特徴や食べ方、注意点などを最新の情報に基づいて詳しく記しています。コンパクトながら大判の図鑑に負けない内容の豊富さですので、末永くご活用ください」」

Synopsis Fungorum 16

Aarnæs, J.O. (2002)
「Catalogue over macro- and micromycetes recorded for Norway and Svalbard」
(ノルウェーとスヴァールバル諸島で記録された大形・および微小菌類カタログ)
Synopsis Fungorum 16

価格14,100円(税込み)、送料350円(レターパック350)、納期1週間以内(1冊在庫
英語・ノルウェー語。20.5x29.5cm。412ページ。ペーパーバック。
 今まで誰も挑戦したことがないという、微小菌類を含むノルウエェー産全菌類のリスト。1,986属、学名数にして14,286という膨大な数を載せる。そのうち4,191はシノニム(同種異名)。著者は苦労したことの一つにこのシノニムの判断をあげる。対象は担子菌類、子のう菌類、接合菌類、不完全菌類などに加え、変形菌類、ネコブカビ類など広義の菌類。次は本書を元にしたノルウェー語名のリスト作りだという。学名不詳の和名が一人歩きしているわが国のきのこ界には格好の手本。追記:日本では勝本謙先生の著書が2010年出版された。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1007.html

ノルウエーのコウヤクタケ類と多孔菌類

Synopsis_Fungorum17.jpg
Ryvarden L., J. Stokland & K-H. Larsson 2003
「Critical checklist of corticoid and poroid fungi of Norway」
(ノルウエーのコウヤクタケ類と多孔菌類チェックリスト) 

Synopsis Fungorum 17
8%税込み3,960円、送料180円、納期1週間(在庫3冊
英語。15.0x22.5cm。109ページ。ペーパーバック。
 ノルウエーで記録されたコウヤクタケ類と多孔菌類のリスト。さらに、第4章Note on Antrodiella(アントロディエルラ属ノート)、第5章Note on Skeletocutis(スケレトキューティス属ノート)が設けられ、参考文献の少ない二つの属が最新の知見で記載されており、貴重な資料となっている。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

Synopsis Fungorum 18

少部数在庫
Synopsis_Fungorum_18.jpg

Synopsis Fungorum 18 (2004)
「Collected papers、 12 papers on wood-inhabiting from tropical America and Africa」
(論文集:熱帯アメリカとアフリカの材上生菌類についての12論文)

8%税込み価格3,660円、送料180円、納期 1週間(少部数在庫
英語。15.0x22.5cm。84ページ。ペーパーバック。
主に新種や新属を記載する短い12の報文から構成される。合計3新属、20新種5新組合せを提案する。最初の報文は、日本の笠間で採集された標本を元に新属Lyoathelia Hjortstam & Ryvarden gen. novを提案し、日本新産のコウヤクタケ類5種を記載する。硬質菌に興味を持つ方は必携。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1460.html

キコブタケ属のモノグラフ

在庫1冊、出版元絶版につき追加入手不能
The_genus_Phellinus.jpg
Larsen, M.J. & L.A. Cobb-Poulle (1990)
The genus Phellinus (Hymenochaetaceae)-A survey of the world taxa
(キコブタケ属(タバコウロコタケ科)ー世界に産する全種の調査)
Synopsis Fungorum 3

価格 5,910円(5%税込み)、送料別180円、納期1週間(在庫1冊、出版元絶版につき追加入手不能
英語。206ページ、全ページに図付き。
 多孔菌類最大の属であるキコブタケ属の世界に産する全種の詳細調査解説書。220種の記載と検索表、ホストの索引、参考文献リストからなる。
桑黄と呼ばれ漢方薬にもなっている話題のメシマコブ(Phellinus gilvus)もキコブタケ属の1種。メシマに関心のある方も1冊ぜひどうぞ。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1007.html

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

北アメリカのナヨタケ属

在庫切れ中
Memoirs_of_The_NYBG_24_Psathyella.jpg
Smith, Alexander H.
The North American Species of Psathyrella
(北アメリカのナヨタケ属)

Memoirs of The New York Botanical Garden Vol. 24
在庫切れ中
英語、17.9x25.4cm、633ページ、うち顕微鏡図79ページ・白黒標本写真95ページ、ペーパーバック
 北アメリカに産するPsathyrellaナヨタケ属411種(亜種・変種を含まず)を検索表、顕微鏡図、白黒標本写真を付け詳細に記載する。本書に記載された多くが新種、新組合せである。
 マイナーな属であるPsathyrellaナヨタケ属を知りたい方には必携の文献。

佐野書店ブログで紹介したMemoirs of The New York Botanical Garden:
Vol. 34 Taxonomy of Amauroderma (Basidiomycetes, Polyporaceae)(コマタケ属の分類)
Vol. 48 Fungicolous, Lichenicolous, and Myxomycetticolous Species of Hypocreopsis, Nectpriopsis, Nectria, Peristomialis, and Trichonectria (菌類寄生、地衣類寄生お よび変形菌類に発生するヒポクレア属、ネクトリオプシス属、ネクトリア属、ペリストミアリス属、およびトリコネクトリア属) 
Vol. 66 Studies on Amanita (Amanitaceae) from Andean Colombia (コロンビア、アンデス山脈のテングタケ属研究)
Vol. 89 FUNGI IN FOREST ECOSYSTEMS: SYSTEMATICS, DIVERSITY, AND ECOLOGY(森林生態系における菌類:系統分類学、多様性学、および生態学)
Vol. 90 Common Mushrooms of the Talamanca Mountains, Costa Rica. (コスタリカ、タラマンカ山脈の一般的なきのこ)
Vol. 96 The Macrolichens of New England (ニューイングランド地域の大型地衣類)
Vol. 22 No. 1 「Sclerotineaceae II Lambertella」(キンカクキン科その2 チャイロミキンカクキン属)
Vol. 17 No. 2 「Plyporaceae from Venezuela I」(ベネズエラ産多孔菌科その1)、「The Genus Hexagona」(カドアナタケ属)、「Phellinus pachyphloeus and Its Allies」(ヤエヤマキコブタケとその仲間)

中国林木病原腐朽菌図志

在庫切れ
中国林木病原腐朽菌図誌
載玉成 (2005)
「中国林木病原腐朽菌図志」(中国樹木腐朽菌図譜)
(Illustrations of Pathogenic Wood Decaying Fungi in China)
 科学出版社
在庫切れ
中国語。21.6x28.2cm。4+197ページ。顕微鏡図・原色写真多数。ハードカバー。
 樹木に寄生し材を分解するキノコを病原菌としてとらえ図示・解説した図鑑。中国の代表的木材腐朽菌80種を原色生態写真、および胞子・担子器・シスチジア・菌糸などの顕微鏡図を付け詳細に記載・解説する。腐朽する木本の種類や腐朽の型も記載する。いわゆる硬質菌といわれるキノコが多いが、カサや柄のある普通のきのこの形をしたナラタケやスギタケの仲間も載せる。出版部数はわずか800部。
本書は2007年4月文献案内で一度紹介した。

海南大型木生真菌的多様性

在庫切れ
海南大型木生真菌的多様性
Dai Yucheng(戴玉成) & Cui Baokai (2010)
「海南大型木生真菌的多様性」(Biodiversity of Wood-Inhabiting Fungi in Hainan)
 
科学出版社
参考価格 8,930円(税込み)、送料 350円(レターパック350)、在庫切れ
中国語、ラテン語学名付き、21.028.2cm、13+248ページ。原色写真多数。ハードカバー
 中国最南部の海南省(海南島と付属の島々からなる)は北部は亜熱帯、南部は熱帯の気候である。本書は、この海南省に産する材上生担子菌240分類群を原色写真を付け解説する。
 240分類群のうち199分類群はpolyporesいわゆる多孔菌類、41分類群はコウヤクタケ型の菌類。
 硬いきのこに関心のある方にお薦め。

同じ分野の書:
戴玉成 (Dai Yuncheng)(2005)中国林木病原腐朽菌図志

Systematics and Evolution of Fungi

Systematics_and_Evolution_of_Fungi.jpg
Misra, J.K., J. P. Tewari & S. K. Deshmukh (Edits.)(2012)
「Systematics and Evolution of Fungi」(菌類の系統分類と進化)

Science Pubilishers
価格 11,980円(税込み)、送料500円(レターパック)、納期約1週間(少部数在庫)
英語、12+412ページ、ハードカバー
 菌類の系統分類と進化をテーマとする論文集。 きのこ好きには、1番、7番、8番、および9番の4論文が興味深い。
掲載論文は次の通り。
1.「Integrating Morphological and Molecular Data in Fungal Systematics」(菌類系統分類学における形態データと分子データとの統合) David L. Hawksworth
2.「The Systematics and Evolutionary Perspectives of Fossil Fungi」 S.K.M. Tripathi
3.「From Zoospores to Molecules: The Evolution and Systematics of Chytridiomycota」 Martha J. Powell and Peter M. Letcher
4.「Current Systematics of Zygomycotan Fungi with Brief Review on their Biology」 Gerald L. Benny
5.「Evolution of Trichomycetes」 Robert W. Lichtwardt
6.「Systematics of Stachylina and Smittium—The Two Largest Genera of Harpellales, Zygomycota」 J.K. Misra
7.「Phylogentic Analysis within Genera Morchella (Ascomycota, Pezizales) and Macrolepiota (Basidiomycota, Agaricales) Inferred from rDNAITS and EF-1a Sequences」(rDNA ITSとEF-1a の配列から推定される、子のう菌アミガサタケ属と担子菌カラカサタケ属の系統分析)
Gayane S. Barseghyan, Anush Kosakyan, Omoanghe S. Isikhuemhen, Maryna Didukh and Solomon P. Wasser
8.「Phylogenetic Conundrum of the Mushroom-forming Fungi (Agaricomycetes)」(きのこ形成菌の系統上のなぞ) Ivan V. Zmitrovich and Solomon P. Wasser
9.「Phylogenetic Analyses of Phellinus s.l., and Inonotus s.l. (Hymenochaetales) Inferred From rDNA ITS Sequences and Morphological Data 」(形態データとrDNA ITS 配列から推定される広義のキコブタケ属と広義のカワウソタケ属の系統分析) Daniel Tura, Ivan V. Zmitrovich, Solomon P. Wasser, Dina Raats and Eviatar Nevo
10.「Morphological and Molecular Taxonomy of Highly Toxigenic Fusarium Species From Small Cereal Grains in Northern Europe and Asia」 Tapani Yli-Mattila
11.「Understanding the Phylogeny of the Alternarioid Hyphomycetes, What can the Consequences be in Taxonomy?」 Philipp B. Gannibal
12.「Biomarker Discovery for Rapid Diagnosis of Invasive Candidiasis through Protein Profiling, A Review」 Jalpa P. Tewari, Sanjiv Tewari and William G. Gardner
13.「Comparative Methods in Fungal Evolutionary Biology, Theory, Examples and Potential Applications」Lazlo G. Nagy, Tamas Papp & Csaba Vagvolgyi

The Amanitaceae of India

“在庫切れ” 
“古書。2002年11月の紙の文献案内で一度紹介”
 テングタケ属に興味を持つ方には必携の文献と思います。
The_Amanitaceae_of_India.jpg
Ashok Kumar, R.P. Bhatt & T.N. Lakhanpa (1990)
「The Amanitaceae of India」 (インドのテングタケ科)

Bishen Singh mahegra Pal Singh. Dehara Dun, India.
“在庫切れ” 
英語。16.8x25.4cm。10+160ページ。白黒図版18。ハードカバー。
 インド産Amanitaテングタケ属25種・変種(うち8種はインド産標本で新種記載された種)をモノクロの外形図・顕微鏡図と共に詳細解説する。
 主要記載種:A. alboccosa*, A. berkleyi*, A. bharatensis*, A. caesarea, A. ceciliae, A. emilii, A. eriophora, A. flavoconia, A. fritillaria, A. fulva, A. fulvaurantia*, A. gemmata, A. indica*, A. muscaria var. flavivolvata, A. muscaria var. muscaria, A. orsonii*, A. pantherina, A. pantharina var. velatipes, A. rubescens, A. sampajensis*, A. simlensis*, A. vaginata, A. verna, A. volvata, A. watlingi* 。

Smut Fungi , Flora Neotropica Monograph 86

Flora_Neotropica_86_Smut_Fungi.jpg Smut_Fungi2.jpg
Piepenbring, Meike (2003)
Smut Fungi (Ustilaginomycetes P.P. and Microbotryales, Basidiomycota)

Flora Neotropica Monograph 86
The New York Botanical Garden
参考8%税込 10,110円、送料別、在庫切れ中
英語。28.8x26.2cm。291ページ。分布図、走査電顕写真、線画多数。ハードカバー。
北米・中米・南米にまたがる新熱帯区に分布する34属227種を検索表をつけ記載。本書で1新種、2新名、12新組み合わせを発表された。

ご来店ありがとうございました

 7月に阪神梅田本店8階催事場で開催された“ドキドキ!きのこフェスティバル2013”佐野書店ブースにお越しいただいたたくさんの皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。おかげさまで無事終了しました。
 デパートでの展示販売は今回が初めてでした。お客様へのお支払い対応など慣れないため、ご迷惑をおかけしたことも多いと思います。ご容赦願います。これからも佐野書店をよろしくお願いいたします。
初日の開店早々に撮った会場の様子です。
阪神梅田本店きのこフェスティバル2013_4 阪神梅田本店きのこフェスティバル2013_1 阪神梅田本店きのこフェスティバル2013_2 阪神梅田本店きのこフェスティバル2013_3

北米の材上生きのこ

“以前に紹介。在庫1冊、追加入荷はありません”
Les_champignons__des_arbres.jpg
Bruno (2003)
「Les Champignons des arbres de l’est de l’Amérique du Nord」
(北米の材上生きのこ)

Les Publications du Québec(ケベック州出版局)
8%税込8,630円、送料510円、納期1週間(在庫1冊、追加入荷はありません)
仏語。19.0x24.1cm。20+727ページ、うち原色図版80ページ。本文内に分布図多数。顕微鏡図は無い。
 北米に分布する、硬質菌を中心とする樹木から発生するきのこを、分布図をつけ詳細に解説する専門図鑑。硬いきのこだけではなく、Rhodotus palmatusホシアンンズタケなどかさのある樹木性のきのこも載せる。

Agaric Flora of Sri Lanka

在庫切れ
Agaric_Flora_of_Sri_Lanka.jpg
Pegler, D.N.(1986)
「Agaric Flora of Sri Lanka」
(スリランカのハラタケ類フロラ)

Kew Bulletin Additional Series XII
HMSO Publications Center
参考価格 7,480円、送料510円、在庫切れ
英語。24.5x15.5cm。519ページ。103図。ペパーバック。
熱帯アジア産の大型菌類の基本文献の一つ。インド亜大陸の南東に位置するセイロン島、スリランカ産の大型菌類21科94属335種を白黒図を付け詳細に解説する。新種記載は Hygrocybe tricoloroides Peglerの1種。新組合せ多数。

カビのふしぎ_調べよう、同_実験しよう

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
新紹介!
カビのふしぎ_調べよう
監修・写真 細矢剛、著 伊沢尚子(2012初版第1刷)
「カビのふしぎ_調べよう」
、汐文社(ちょうぶんしゃ)
5%税込定価 3,465円(本体3300円)、送料サービス、納期1週間(少部数在庫)
21.7x25.3cm、59ページ、全ページカラー印刷、ハードカバー、カバー付
(出版社紹介文から)
 カビのふしぎを探り、考えてみましょう。
 野菜やくだものに、いつのまにかカビが生えていることがあります。カビはどのように生まれるのでしょう。
 この本では、たくさんの写真やイラストを使って、カビの一生や歴史、カビとヒトとの関わりを紹介しています。

カビのふしぎ_実験しよう
監修・写真 細矢剛、著 伊沢尚子(2012初版第1刷)(2013初版第2刷)
「カビのふしぎ_実験しよう」
、汐文社(ちょうぶんしゃ)
5%税込定価 3,465円(本体3300円)、送料サービス、納期1週間(少部数在庫)
21.7x25.3cm、59ページ、全ページカラー印刷、ハードカバー、カバー付

「カビのふしぎ_調べよう」・「同_実験しよう」2冊揃い、5%税込定価6,930円(本体6600円)

Studies in Mycology 75

Studies_in_Mycology_75.jpg
Studies in Mycology 75
Crous, P.W., G.J.M. Verkley & J.Z. Groenewald (Edit's)(2013)
「Phytopathogenic Dothideomycetes」

5%税込概算価格 15,480円、送料350円、納期約4週間(お取寄せ)
英語、A4、406ページ、全ページカラー印刷、ペーパーバック
目次:
・J. de Gruyter, J.H.C. Woudenberg, M.M. Aveskamp, G.J.M. Verkley, J.Z. Groenewald and P.W. Crous 「Redisposition of phoma-like anamorphs in Pleosporales」
・P.W. Crous, U. Braun, G.C. Hunter, M.J. Wingfield, G.J.M. Verkley, H.-D. Shin, C. Nakashima and J.Z. Groenewald 「Phylogenetic lineages in Pseudocercospora」
・J.Z. Groenewald, C. Nakashima, J. Nishikawa, H.-D. Shin, J.-H. Park, A.N. Jama, M. Groenewald, U. Braun and P.W. Crous 「Species concepts in Cercospora: spotting the weeds among the roses」
・J.H.C. Woudenberg, J.Z. Groenewald, M. Binder and P.W. Crous 「Alternaria redefined」
・G.J.M. Verkley, W. Quaedvlieg, H.-D. Shin and P.W. Crous 「A new approach to species delimitation in Septoria」
・W. Quaedvlieg, G.J.M. Verkley, H.-D. Shin, R.W. Barreto, A.C. Alfenas, W.J. Swart, J.Z. Groenewald and P.W. Crous 「Sizing up Septoria]
・Index of Fungal Names

Studies in Mycology 74

Studies_in_Mycology_74.png
Studies in Mycology 74
Dijksterhuis, J. & Wösten, H. (2013)
「Development of Aspergillus niger」

5%税込概算価格 8,850円、送料350円、納期約4週間(お取寄せ)
英語、A4、85ページ、全ぺージカラー印刷、ペーパーバック
目次:
・P. Krijgsheld, R. Bleichrodt, G.J. van Veluw, F. Wang, W.H. Müller, J. Dijksterhuis, and H.A.B. Wösten
  「Development in Aspergillus」
・R. Bleichrodt, A. Vinck, P. Krijgsheld, M.R. van Leeuwen, J. Dijksterhuis, and H.A.B. Wösten
  「Cytosolic streaming in vegetative mycelium and aerial structures of Aspergillus niger」
・G.J. van Veluw, W.R. Teertstra, C. de Bekker, A. Vinck, N. van Beek, W.H. Muller, M. Arentshorst, H.C. van der Mei, A.F.J. Ram, J. Dijksterhuis, and H.A.B. Wösten
  「Heterogeneity in liquid shaken cultures of Aspergillus niger inoculated with melanised conidia or conidia of pigmentation mutants」
・M.R. van Leeuwen, P. Krijgsheld, R. Bleichrodt, H. Menke, H. Stam, J. Stark, H.A.B. Wösten, and J. Dijksterhuis
  「Germination of conidia of Aspergillus niger is accompanied by major changes in RNA profiles」
・M.R. van Leeuwen, P. Krijgsheld, T.T. Wyatt, E.A. Golovina, H. Menke, A. Dekker, J. Stark, H. Stam, R. Bleichrodt, H.A.B. Wösten, and J. Dijksterhuis
  「The effect of natamycin on the transcriptome of conidia of Aspergillus niger」

Studies in Mycology 73

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
Studies_in_Mycology_73.png
Studies in Mycology 73
Damm, U., Cannon P.F. & Crous P.W. (Edits)(2012)
「Colletotrichum: complex species or species complexes?」

5%税込概算価格 14,380円、送料350円、納期約4週間(お取寄せ)
英語、A4、213ページ、全ぺ-ジカラー印刷、ペーパーバック
目次:
U. Damm, P.F. Cannon, J.H.C. Woudenberg, P.R. Johnston, B.S. Weir, Y.P. Tan, R.G. Shivas, and P.W. Crous.
  「The Colletotrichum boninense species complex」
U. Damm, P.F. Cannon, J.H.C. Woudenberg, and P.W. Crous.
  「The Colletotrichum acutatum species complex」
B.S. Weir, P.R. Johnston, and U. Damm.
  「The Colletotrichum gloeosporioides species complex」
P.F. Cannon, U. Damm, P.R. Johnston, and B.S. Weir.
「Colletotrichum – current status and future directions」

Studies of Mycology 72

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
Studies_in_Mycology_72.jpg
Studies in Mycology No. 72
Bensch, K., U. Braun, J.Z. Groenewald & P.W. Crous (2012)
「The genus Cladosporium」

5%税込概算価格 15,480円、送料350円、納期ご注文後約4週間(お取寄せ)
英語、A4、全ページカラー印刷、ペーパーバック、

Die Milchlinge (チチタケ属)

“古書”
Die_Milchlinge_1.jpg Die_Milchlinge_2.jpg
Neuhpff, Walther (1955)
「Die Milchlinge (Lactarii) , Die Pilze Mitteleuropas Band IIb」
(中央ヨーロッパのきのこ第2巻b、チチタケ属)

Veralg Julius Klinkhardt, Bad Heilbrunn Obb
価格 1組(テキスト本と図版本)14.600円(税込み)、送料450円(ゆうメール)、納期1週間以内(古書のため在庫1組)
テキスト本:ドイツ語、16.5x23.8cm、248ページ、背側装、ハードカバー。
図版本:24.4x33.1cm、原色図版63ページ、胞子顕微鏡図1ページ、胞子、単子器、シスチジアなどの顕微鏡写真3ページ。
状態:良(56年前の本なのでそれなりの変色があるが、保存状態はよい。背革の状態もよい)
中央ヨーロッパ産チチタケ属69種を原色図版、検索表を付け詳細に記載・解説する。

佐野書店お薦めの他のチチタケ属文献:
(1)Maria Teresa Basso (1999)「Fungi Europai Vol. 7 Lactarius Pers.」(ヨーロッパの菌類第7巻 チチタケ属)

(2Rayner, R.W. assited by R. Watling & E. Turnbull (2005) 「Russulaceae: Lactarius, British Fungus Flora Part 9」 (英国の菌類フロラ第9集 ベニタケ科:チチタケ属)

(3)Heilmann-Clausen, J., A. Verbeken & J. Vesterholt (1998) 「The genus Lactarius, Fungi of Nothern Europe Vol. 2 」(北欧の菌類第2巻 チチタケ属)

(4)Verbeken, Annemieke & Ruben Walleyn (2010)「 Monograph of Lactarius in Tropical Africa, Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 2」(熱帯アフリカの菌類誌第2巻、熱帯アフリカのチチタケ属モノグラフ)
および
(5)Bessette, Alan E., David B. Harris & Arleen R. Bessette (2009)「Milk Mushrooms of North America. A Field Identification Guide to the Genus Lactarius」(北米のチチタケ類、チチタケ属フィールド同定ガイド)

Sporidesmium, Endophragmiella and related genera from China

在庫切れ中
SporidesmiumEndphragiella_from_China.jpg
Wenping Wu & Wenying Zhuang (2005)
Sporidesmium, Endophragmiella and related genera from China
Fungal Diversity Research Series 15

Fungal Diversity Press
(参考5%税込み価格 11,380円+送料)、在庫切れ中
英語。18.4x26.1cm。10+351ページ。ハードカバー。
中国に産するSporidesmium属とEndophramiella属、およびその関連属のモノグラフ。25属143種を属と種への検索表、顕微鏡図を付け詳細に記載する。本書により1新属、43新種、および16新組合せが発表された。

Fungal Diversity Research Series 既刊

The Coelomycetes

“在庫切れ”
The_Coelomycetes.jpg The_Coelomycetes2.jpg
Sutton, BC (First published 1980, Printed on demand 2004)
「The Coelomycetes
Fungi Imperfecti with Pycnidia Acervuli and Stromata」
(分生子果不完全菌類;分生子殻・分生子盤およびストロマを持つ不完全菌類)

CAB Publishing
“在庫切れ”
英語。20.0x25.5cm。696ページ。本文中に線画多数。ハードカバー。
不完全菌類重要参考文献のひとつ。

不完全菌文献:
Seifert, Keith, Gareth Morgan-Jones, Walter Gams & Bryce Kendrick (2011) 「The Genera of Hyphomycetes」(不完全菌の属)
Domasch, Gams & Anderson. Revised by W. Gams (2007)「Compendium of Soil Fungi Second edition」 (土壌菌類コンペンディウム、第2版)
Barnett, H.L. & Barry B. Hunter (1998)「Illustrated Genera of Imperfect Fungi, 4th edition」(不完全菌の属図譜、第4版)
M.B. Ellis & J.P. Ellis (1998) 「Microfungi on Miscellaneous substrates , An Idenrification Handbook. New Enlarged Edition」
M.B. Ellis & J.P. Ellis (1997)「Microfungi on Land Plants, An Idenrification Handbook, New Enlarged Edition」
Ellis, M.B. (初版1971)「Dematiaceous Hyphomycetes」 & Ellis, M.B. (初版1976) More Dematiaceous Hyphomycetes
Seifert, K., B. Kendrick & G. Murase (1983)「A Key to Hyphomycetes on Dung」(糞生の不完全菌の検索)
Sutton, BC (First published 1980, Printed on demand 2004)「The Coelomycetes」

ふわり胞子の舞 きのこ

在庫切れ中
本書は2012年度(第59回)産経児童出版文化賞美術賞を受賞しました。
ふわり胞子の舞きのこ1 ふわり胞子の舞きのこ
埴沙萠(はに しゃぼう)(写真・文)2011
『ふわり胞子の舞 きのこ』
、ポプラ社
在庫切れ中
16.1x20.7cm、35ページ、全ページ原色写真ページ、ハードカバー、カバー付
 さる2013年7月6日(土)午後9時00分~49分NHK総合テレビ「足元の小宇宙~生命を見つめる 植物写真家~」で放送された写真家、埴 沙萠(はに しゃぼう)さん撮影のきのこの胞子が飛ぶ様子の写真集です。
 たくさんのきのこの胞子がけむりのように吹き出ている様子がはっきりとわかるます。すごいですね。

愛媛県産菌類確認リスト

愛媛県産菌類確認リスト
沖野登美雄(2013)「2013年4月増補改訂 愛媛県産菌類確認リスト」
A4、705ページ、ペーパーバック
 長く愛媛きのこ観察会の会長を務める著者が、愛媛県下で確認・記録したきのこ類を分類群順にまとめたリスト。
 勝本謙「日本産菌類集覧」に掲載するきのこ類全種を分類群順・学名順に和名、掲載ページ、参考文献があればその文献名と一緒に書き出し、これに愛媛県産種がある場合には、その標本番号、採集場所、採集年月日、発生環境、採集者、発表文献名などの情報を加えリスト化したもの。巻末には、内外の参考文献表、和名索引がつく。
 お求めは、直接著者の沖野登美雄さまに代金4千円(送料込)を同封のうえご注文願います。
 宛先:郵便791-2103  愛媛県伊予郡砥部町高尾田279番地 沖野登美雄 様
    電子メール:SANOokinots@lilac.ocn.ne.jp (SANOをお取り願います)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード