興味深い異担子菌類

“在庫切れになりました”(2011年12月30日)
余るかと心配するほどの部数を取寄せたのですが、人気が高く、十日も立たないうちに在庫切れになりました。次回入荷は未定です。
“入荷しました”(2011年12月21日)
“ゼラチン質でぐにゅぐにゅしたキクラゲの仲間Auriculariaやコガネニカワタケの仲間Tremella、タマキクラゲの仲間Exidiaなど異担子菌に興味をお持ちの方には必携の文献”
“菌懇会通信No. 173, 2011年1月31日で紹介”
FungiNonDelineati53.jpg  FungiNonDelineati53_3.jpg  FungiNonDelineati53_2.jpg
Fungi Non Delineati Pars 53,
Malysheva, Vera F. (2010)
「Rare and interesting species of heterobasidiomycetes from Russia」
(ロシアの稀産および興味深い異担子菌類)
、Edizioni Candusso
価格2,320円(税込み)、送料80円(メール便)、在庫切れ。次回入荷未定(2012年3月ごろか?)
英語、17.0x24.0cm、92ページ、52原色写真、顕微鏡図多数。
 本書は、東はサハリン・沿海州から西はバルト海に達する広大なロシアに産する異担子菌類6目21属の42種を原色写真、顕微鏡図を付け詳細に記載する。著者によれば、これ以前に出版されたどのロシアの異担子菌類報告よりも多くの分類群を網羅するという。
 異担子菌類の図鑑は珍しい。ましてやロシア産の異担子菌類図鑑は大変貴重だ。ユーラシア大陸の温帯から寒帯に分布する異担子菌類を網羅する。この分類群に興味をお持ちの方には必携の文献。

古書:The Veiled Species of Hebeloma

古書、売れました
The_Veiled_Species_of_Hebeloma.jpg  The_Veiled_Species_of_Hebeloma3.jpg The_Veiled_Species_of_Hebeloma2.jpg
Smith, Alexander H., Vera Stucky Evenson & Diane H. Mitchel (1983)
「The Veiled Species of Hebeloma in the Western United States」
(米国西部の被膜のあるワカフサタケ属)

The University of Michigan Press
参考価格 5,150円(税込み)、送料350円(レターパック350)、売れました
状態:良
英語、16.0x24.2cm、219ページ、巻末に顕微鏡図、白黒標本写真、走査電顕写真、ハードカバー。
米国西部に産するワカフサタケ属112種を検索表を付け詳細に記載する。新種記載多数。

中国冬虫夏草

“在庫切れ”
中国冬虫夏草
Grassland Monitoring and Management Center, Ministry of Agriculture (Edit) (2010)
「中国冬虫夏草, Ophiocordyceps sinensis in China」

新貨出版社
参考価格8,240円(税込み)、送料350円(レターパック350)、在庫切れ
英語・中国語2ヶ国語併記、26.7x25.6cm、143ページ、全頁カラー印刷、ハードカバー、カバー付
Ophiocordyceps sinensis 冬虫夏草の全てを美しいカラー写真とともに概説する。冬虫夏草に関心を持つ方にお薦め。
目次:
● Introduction 前言
● Mysteries of Ophiocordyceps sinensis 冬虫夏草の成長奥秘
● Research on Ophiocordyceos sinensis 冬虫夏草の科学研究
● Ophocodyceps sinensis and Healthcare 冬虫夏草と医療保険
● Market of Ophiocordyceps sinensis 冬虫夏草市場
● Ophiocordycpes sinensis and Farmer's Income Generation 冬虫夏草と放牧民増収
● Ophiocordyceps sinensis Resorces and Enviroment protection 冬虫夏草資源と環境
● Administration on Ophiocordyceps sinensis Resources 冬虫夏草資源管理
● International Cooperation 国際交流と合作
● Postscript 後記

Fungi and Food Spoilage

“食品関係の方にお薦め”
Fungi_and_Food_Spoilage.jpg
Pitt, John I. & Ailsa D. Hocking (2009)
Fungi and Food Spoilage 3rd Edition
(真菌類と食物の腐敗 第3版)

Springer
在庫切れ
英語。20.0x26.6cm。15+519ページ。本文中に顕微鏡写真多数。ハードカバー。
目次
1 Introduction
2 The Ecology of Fungal Food Spoilage
3 Naming and Classifying Fungi
4 Methods for Isolation, Enumeration and Identification
5 Primary Keys and Miscellaneous Fungi
6 Zygomycetes
7 Penicillium and Related Genera
8 Aspergillus and Related Teleomorphs
9 Xerophiles
10 Yeasts
11 Fresh and Perishable Foods
12 Spoilage of Stored, Processed and Preserved Foods
Media Appendix
Glossary
References
Index

Pilze, Champignons, Fungi

“申し訳ありません。販売終了しました”(2011年2月2日)
“6年ぶりの再紹介です!”
第2巻、第3巻と続けて出版されるはずであったが現時点では第1巻で終わったままなのが残念。

Pilze_Champignons_Fungi.jpg
Fred Waldvogel写真、Hans-Peter Neukom & Rudolf Winkler本文解説、Egon Horak監修 (2001)
Pilze, Champignons, Fungi
(きのこ、キノコ、木の子)

参考価格12,400円(税込み) 販売終了しました。
独語・仏語・英語の三ヶ国語併記。22x33.5cmの大判。432ページ、うち原色写真約200ページ。ハードバック
Fred Waldvogel氏の大型カメラによる原色写真を使った図鑑。 Waldvogel氏は大型カメラを駆使し、超シャープな写真を撮ることに加えて、きのこ写真をアート(芸術)の水準に高めたと評されている。
全3巻のうちの第1巻である本書は、中央ヨーロッパに分布するオニイグチ科・イグチ科・ヒダハタケ科・オウギタケ科・ヌメリガサ科・キシメジ科の50属200種を紹介する。すばらしい原色写真できのこ図鑑の新水準を作りあげたと賞賛されている。 (第2巻・3巻は未完)

中国虫草図譜

在庫切れ
“新刊”
中国虫草図譜
Liang Zongqi, Liu Zuoyi,Han Yanfeng, Liu Aiying (2009)
Atlas of Cordyceps in China 中国虫草図譜

貴州科技出版社
価格 3,530円(税込み)、送料350円(レターパック350)、在庫切れ
中国語、19.316.6cm、全ページ原色図版。ハードカバー。
中国貴州に産する虫草(日本でいう広義の冬虫夏草)69種を原色図版を付け解説する。
ただ原色写真はピントが甘い。冬虫夏草に興味のある方にお薦め。

2010年冬虫夏草国際会議報告集

2点とも在庫切れ
“新刊”
2010年冬虫夏草国際会議報告集を2点ご案内

Chinese_Journal_of_Grassland_Vol_32_Suppl.jpg
2010年冬虫夏草国際会議論文集
Paper Album of 2010 International Conferrence on Ophiocordyceps sinensis.

中国草地学会報 第32巻 増刊
参考価格 2,940円(税込み)、送料350円(レターパック350)、在庫切れ

Cordyceps_sinensis_Resources_and_Env.jpg
Cordyceps sinensis Resources and Environment - Reports of the 2010 International Conference on Cordyceps sinensis
冬虫夏草国際会議報告集

農業部草原監理中心
参考価格 2,320円(税込み)、送料350円(レターパック350)、在庫切れ

きのこ博物館

“在庫切れ”
きのこ博物館
根田仁(2003)、「きのこ博物館」、八坂書房
参考価格 2,100円(税込み)、“在庫切れ”

マドリード゙のきのこ

マドリード植物園のFrancisco de Diego Calonge博士やAlcala de Henares大学のGabriel Moreno Horcajada教授たちが中心のマドリード菌学協会が出版した「マドリードのきのこ」シリーズ

Setas_de_Madrid_1.jpg
Sociedad Micologica de Madrid (2001)
「Setas de Madrid 1 Boletales」(マドリードのきのこ第1巻 イグチ目)

参考価格 2,920円(税込み)、送料80円(メール便)、売れました。
スペイン語。14.0x21.0cm。144ページ。全ページ原色図版。ペーパーッバク。

Sociedad Micologica de Madrid (1999)
「Seta de Madrid 2 Gasteromycetes」 (マドリードのきのこ 第2巻、腹菌類)

参考価格 2,920円(税込み、送料別) 在庫切れ
スペイン語。21x14cm。159ページ、うち原色写真55ページ。ペーパーバック。
腹菌類54種を鮮明な原色写真と親切な記載で解説する。
Astraeus, Battarea, Bovista(3), Bovistella, Clavatia(3), Clathrus(2), Crucibulum, Cyathus(3), Disciseda, Geastrum(15), Langermannia(2), Lycoperdon(6), Lysurus, Mycenastrum, Myriostoma, Nidularia, Phallus(2), Pisolithus, Schizostoma, Scleroderma(3), Sphaerobolus, Tulostoma(3), Vascellumを扱う。( )内は種数。( )なしは1種のみ。

Setas_de_Madrid_3.jpg
Sociedad Micologica de Madrid (2000)
「Setas de Madrid 3 Agaricus」 (マドリードのきのこ第3巻 ハラタケ類)

価格 2,920円(税込み)、送料80円(メール便)。
納期 1週間以内 (在庫1冊
スペイン語。14.0x21.0cm。156ページ。全ページ原色図版。ペーパーッバク。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Die Pilzflora des Ulmer Raumes

在庫切れ
Die_Pilzflora_des_Ulmer_Raumes.jpg
Enderle, Manfred (2004)
Die Pilzflora des Ulmer Raumes
(ウルム地方の菌類フロラ) 

参考価格 6,640円(税込み)、 在庫切れ
ドイツ語。17.5x24.5cm。521ページ。ハードバック。原色写真多数。顕微鏡図あり。
個人の力でこれだけの内容の本を出版してしまうEnderleさんの能力に脱帽。この内容でこの価格はお買い得。
ドイツ南西部バーデン・ヴェルテンベルグ州ウルム地方の、変形菌類(100種)・卵菌類・接合菌類・子のう菌類・担子菌類など広義の菌類合計2,680種57変種13品種を記録し、大型菌類については、多くの原色写真や顕微鏡図を付け詳細解説する。子のう菌と担子菌の地下性菌も網羅する。
巻末には著者の幅広い交友を示す多くの写真がある。ローザンヌ大学のClemencon先生、アセタケ属のJ. Stangl先生、ヨーロッパ最長老であられたM.Moser先生、フランスのMarcel Bon,先生 Egon Horak先生, イッポンシメジ属のM.E. Noordeloos先生、 英国のRoy Watling先生など、これらの写真ではじめてお姿を知ることができた。

古書:Boletus in Malaysia

“売れました”
古書
Boletus_in_Malaysia.jpg
Corner, E.J.H. (1972)
「Boletus in Malaysia」(マレーシアのイグチ類)

The Government Printing Office, Singapore
参考価格 21,000円(税込み)、送料350円(レターパック350)、“売れました”
古書、状態:並、経年変化による紙の黄ばみ、しみあり。
英語、17.3x25.2cm、本文263ページ+原色図版19ページ+白黒写真4ページ、本文中に顕微鏡図多数、ハードカバー、ブックカバー付き
アジアのイグチの仲間を調べるには必読の書。しかし、古書市場に出ることはまずない貴重書

中国産マンネンタケ科

在庫切れ中(2012年8月31日)
The_Ganodermataceae_in_China_BM132.jpg
Zhao Ji-Ding (1989)
The Ganodermataceae in China (中国産マンネンタケ科)

Bibliotheca Mycologica Band 132
参考価格 5,210円(税込み、送料別) 納期 2~3ヶ月(在庫切れ、お取寄せ)
英語。14.5x22.5cm。176ページ。本文中に顕微鏡図84図。
 中国に産するマンネンタケ科4属86種を顕微鏡図・検索表と共に詳細解説する。著者は、1979年の最初の論文以来20年以上マンネンタケ科を研究してきた。霊芝と呼ばれ中国でも吉兆のしるしとして珍重されるGanoderma lucidum(マンネンタケ)に代表される本科の研究には必携の書。

Practical Methods in Mycorrhiza Research

在庫切れ
Practical_Methods_in_Mycorr.jpg
Brundrett, M., L. Melville & L. Peterson (Edit.) (1994)
Practical Methods in Mycorrhiza Research (CD-ROM)
(菌根研究の実際的方法)

Mycologue Publications
価格 6,790円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(在庫切れ
英語。CD-ROM(HTMLで書かれているのでパソコンの種類にかかわらず使用可能)
カナダ、ゲエルフ大学で開催された第9回北アメリカ菌根大会時に開かれたワークショップをもとに出版された。紙版は絶版、CD-ROM版のみ。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Les Champignons des Alpes-Maritimes

在庫切れ
Flore_Mycologique_Illustree_Les_Champignons.jpg Flore_Mycologique_Illustree_Les_Champignons2.jpg
J. -B. Barla (オリジナル1888年)(1996年復刻版)
Flore Mycologique Illustree Les Champignons des Alpes-Maritimes
(アルプスから地中海地方の菌類図譜)

参考価格 11,000円(税込み)  在庫切れ
フランス語。25x30cmの大判(フォリオ判)。本文110ページ+64原色図版。ハードバック。
1888年出版「アルプスから地中海地方の菌類図譜」の復刻版。細部まできっちり描かれた原色図がすばらしい。マーブル(大理石)模様の表紙も当時の雰囲気が出ている。

A Revision of the Genus Hypoxylon

在庫切れ。入手ご希望の方はお問合せ願います。
A_Revision_of_the_Genus_Hypoxylon.gif
Yu-Ming Ju & Jack D. Rogers (1996)
A Revision of the Genus Hypoxylon

APS Press(米国植物病理学会出版部)
参考価格: 8,500円(税込み、送料別)、在庫切れ
J.H.Miller(1961)Hypoxylonの改訂版。
127分類群を詳細記載する。その多くは本書で初めて記載された。また本書により多くの学名が修正された。

南オーストラリアの大型菌類

売れました(2011年4月30日)
Larger_Fungi_of_South_Australia.jpg
Grgurinovic, C.A. (1997)
Larger Fungi of South Australia
(南オーストラリアの大型菌類)

The Botanic Gardens of Adelaide and State Herbarium, and
The Flora anf Fauna of South Australia Handbooks Commitee
参考価格 11,020円(税込み、送料別) “売れました
(大型菌類の分類研究に必携。腹菌類・地下性菌あり)
英語。17.0x24.5cm。725ページ、うち原色図版30ページ。顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 オーストラリア産きのこの大部なモノグラフ。現在刊行中のFungi of Australiaが総論の出版段階なので個別の種を記載する本書は最重要文献。ハラタケ目のほかヒダナシタケ目、腹菌類・地下性菌(Zelleromyces, Thaxterogaster, Rhizopogon, Alpova, Hystrangium, Octavianiaなど)も幅広く記載する。新種記載は96新種1変種にのぼる。
 特筆点は、昔、菌類の色彩表示に使われたRidgway, R. 1912. Color standards and color nomenclatureの色名に相当するマンセルおよびMethuen Handbook of Color 3rd ed 1978の色名リストがあること。しかし厳密な色表示は、「色は目ではなく、脳で感じる」と言われるほど融通無碍なヒトの色覚には意味がなさそう。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Le genre Hymenochaete

文字色Le_Hymenochaete_Leveille.jpg
Leger, Jean-Claude (1998)
Le genre Hymenochaete Leveille (タバコウロコタケ属)

Bibliotheca Mycologica Band 171
参考価格 11,440円(税込み、送料別) 納期2週間(在庫切)
仏語。14.7x22.6cm。319ページ。白黒顕微鏡図本文中に多数。検索表あり。
 タバコウロコタケ属はいわゆる硬質菌の仲間でタバコウロコタケ目タバコウロコタケ科に属する木材腐朽菌。熱帯を中心に世界で110種を産する。本書は世界に産するタバコウロコタケ属を検討記載したモノグラフ。この分類群に興味を持つ方は必携の基本書。

菌学の父、フリースの著作復刻版

“古書

EM_Fries_Epicrisis.jpg

“まだあります”(2011年2月8日現在)
Elias Magnus Fries
「Epicrisis Systematics Mycologici」(菌類体系の分析)(1836-1838)
1989年のリプリント版。

価格14,900円(税込み)、送料500円(レターパック500)
15.0x22.4cm。12+610ページ。ハードカバー。
中古書、状態:良、ただし背などに長期保管によるしみあり。
 “『菌類体系の分析(Epicrisis Systematics Mycologici)』 (1836-38)の中で、菌じん綱と盤菌綱、核菌綱、不完全菌綱、接合菌綱(Coniomycetes)など、6綱が提案されたのは大きな進歩だった。”(GC.エインズワース、小川眞訳『キノコ・カビの研究史 人が菌類を知るまで』 279ページ)

 

南極大陸の菌類

在庫切れ中
Continental_Antarctic_Fungi.jpg
Onofri, Silvano, Laura Zucconi & Solveig Tosi (2007)
「Continental Antarctic Fungi」 (南極大陸の菌類)

IHW-Verlag  
在庫切れ中。納期価格等はお問い合わせください。
英語。17.5x24.5cm。247ページ。95白黒図、35原色図。ハードカバー。
 前半は総論で、南極大陸の環境、菌類研究史、菌類多様性などを解説し、低温・強い紫外線、乏しい水分、などきびしい環境への菌類の適応などを論じる。
 後半は産する種の記載で、卵菌類などの偽菌類、接合菌、子のう菌、担子菌、さらに酵母や不完全菌など全ての菌類を網羅する。ほとんどは顕微鏡サイズの微小菌だが、Sclerotinia memorabilisのような大型の子実体をつくる菌類も載る。また、冬虫夏草のCordyceps属も2種が載るが、2種とも土壌から分離されたもので、昆虫に寄生した状態で見つかったのではないようだ。
 担子菌では多孔菌のPycnoporus coccineus(ヒイロタケ) 1種だけが載る。本種は本来、樹木に発生するが、樹木のない南極大陸ではミイラ化したペンギンと周囲の土壌から分離されたようだ。

極地の菌類フロラを扱う他の出版物:
de Hoog, G.S. (edit.) (2005)
Fungi of the Antarctic: Evolution under Extreme Conditions (南極の菌類:極限条件下での進化

Studies in Mycology 51

Hoiland, K. & R.H. Oklamd (eds) (2008)
「Arctic and alpine mycology VII」 (北極地域と高山の菌類学第7集)
 
SOMMMERFELTIA 31, 2008 

Mukhin, V. & Knudsen, H. edit. (1988)
Arctic and Alpine Mycology 5 (北極地域と高山の菌類学第5集)

Yekaterinburg Publishers (ロシア)

Petrini,Orlando & Gary A. Laursen (eds.)
Arctic and Alpine Mycology 3-4 (北極地域と高山の菌類学第3-4集)
Proceedings of the Third and Fourth International Symposium on Arcto-Alpine Mycology

Bibliotheca Mycologica Vol. 150

2011年4月文献案内

2011年4月文献案内

MilkMushrooms_of_NorthAmerica.jpg
1.“新刊”
Bessette, Alan E., David B. Harris & Arleen R. Bessete (2009)
「Milk Mushrooms of North America. A field Identification Guide to the Genus Lactarius」
(北米のチチタケ類。チチタケ属フィールド同定ガイド)
, Syracuse University Press
価格10,570円、納期1週間以内(小部数在庫)。
英語、18.5x26.08+204ページ、うち原色写真86ページ、ハードカバー。
 北米に産する150種・変種を越えるチチタケ属を250以上の原色写真、検索表をつけ詳細に解説する。顕微鏡図はないが文章で顕微鏡的形質も解説する。検索表は、分布する種に違いがあるらしく北米東部用と西部用の二つに分ける。美しい紫色のLactarius indigoルリハツタケは、var indigoとvar diminutivusの2変種を載せ、それぞれの変種に色の濃淡やかさの縞模様の異なる3つの子実体の原色写真を載せ同一変種であっても変異に幅のあることを示す。チチタケ属関連属菌として地下生のZelleromyces 2種、地下生および半地下生のArcangeliella 3種、多孔菌によく似たBondaezewia 1種を解説する。チチタケ属に寄生するHypomyces 1種、Asterophora 1種も解説する。
北米には250以上の種・変種・品種が産することが報告されているそうだ。本書はその6割を収載する専門図鑑であり、この分類群に興味をお持ちの方には必携の文献。

Fungus_Flora_of_Tropical_AfricaVol2.jpg
2.“新刊”
Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 2,
Verbeken, Annemieke & Ruben Walleyn (2010)
「Monograph of Lactarius in Tropical Africa」
(熱帯アフリカ産チチタケ属モノグラフ)

National Botanic Garden of Belgium 
価格 9,290円、納期1週間以内(在庫)。
英語、A4版、161ページ+原色図版54ページ。本文中に顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 熱帯アフリカに産するチチタケ属17節96種2変種を検索表、原色図版、顕微鏡図をつけ詳細に解説する。最初にチチタケ属の同定に必要な形質を詳しく説明し、その後、98分類群を詳細に記載する。
 最近のベニタケ科の分子系統解析の示すところ(Buyck et al. 2008*)によれば、チチタケ属が多系であることが分かった。さらに、北米に産するチチタケ属の一種、Lactarius furcatusとベニタケ属の日本にも産するRussula ochricompactaウスゲツチイロタケ、およびR. zonariaの3種が同一クレードに入ることが分かり、これら3種を含む新属Murtifurcaが提案された。このようにチチタケ属とベニタケ属とを分ける境界があいまいになってきた。
 *Buyck B., Hofstetter V., Eberhardt U., Verbelkn A. & Kauf F. (2008) Walking the thin line between Russula and Lactarius: the dilemma of Russula subsect. Ocriocompactae. Fungual Diversity 28: 15-40.

Fungus Flora of Tropical Africaの既刊
2-1.Fungus Flora of Tropical Africa Vol. 1
Antonin, Vladimir (2007)
「Monograph of Marasmius, Gloiocephala, Palaeocephala and Setulipes in Toropical Africa」(熱帯アフリカ産ホウライタケ属、グロイロケファーラ属、パラエオケファーラ属およびセテュリペス属)
 
価格 9,290円、納期1週間以内(在庫1冊)。
英語、A4版、本文177ページ+原色図版19ページ。本文中に顕微鏡図。ペーパーバック。
 2009年10月文献案内で紹介。Marasmiusホウライタケ属102種・変種、Gloiocephalaグロイロケファーラ属7種、Palaeocephalaパラエオケファーラ属1種、Setulipesセテュリペス属7種を、検索表、原色図、顕微鏡図をつけ詳細に記載する。

入手可能な他のチチタケ属の文献
2-2. Fungi Europaei Vol. 7,
Basso, M.T. (1999)
「Lactarius Pers.」(ヨーロッパの菌類第7巻、チチタケ属)
、Mykoflora
価格14,400円、納期1週間以内(小部数在庫) 
 ヨーロッパ産チチタケ属全種を多数の原色写真、顕微鏡図、検索表をつけ詳細に解説するお勧めの専門図鑑。

2-3.Fungi of Northern Europe Vol. 2,
Heilmann-Clausen, J., A. Verbeken & J. Vesterholt (1998)
「The genus Lactarius」 (北欧の菌類第2巻 チチタケ属)
、 SVAMPETRYK 
価格7,340円、納期1週間以内(小部数在庫) 
 北欧産チチタケ属を原色写真、顕微鏡図を付け解説する。

2-4.“古書” Hesler, L.R. & A.H.Smith (1979)
「North American Species of Lactarius」(北米のチチタケ属の種)

University of Michigan Press
価格28,000円、納期1週間以内(在庫1冊)

SynopsisFungorum28.jpg
3.“新刊”
Ryvarden, Leif (2011)
「Stereoid fungi of America」 (アメリカのウロコタケ型の菌類) 
Synopsis Fungorum 28
,
FungiFlora, Oslo, Norway。
価格7,080円、納期1週間(在庫)。
英語、14.7x20.5cm。206ページ。顕微鏡図多数。ペーパーバック。
 アメリカ大陸に産するウロコタケ型の菌類35属105種を記載する。うち1種は新種。2種に新組み合わせを提案。65種には白黒顕微鏡図をつける。
 Stereumキウロコタケ属は近年の遺伝子分析により多系であることがわかった。進化の系統にしたがって分類するという考え方にも基づけば当然、属を分割しなければならない。しかし、Ryvarden先生はそうは考えない。進化の系統にしたがったアカデミックな分類と実用的な分類の二つがあってもいいと考える。本書はこのような考え方にもとづき書かれた。

MycologicalMemoirs14.jpg
4.“新紹介” 
Mycological Memoir No. 14.
Chamuris, George P. (1988) 
「The non-stipitate steroid fungi in the northeastern United States and adjacent Canada」 
(米国北東部および隣接カナダの無柄のウロコタケ型の菌類)
, J. Cramer
価格 7,040円(税込み)、送料350円(レターパック350) 納期1週間以内(在庫)。
英語。15.0x23.4cm。247ページ。本文中に顕微鏡図、白黒外形写真、分布図。ハードカバー。
 カナダ側を含む北米北東部の無柄のウロコタケ型の菌類を、検索表、白黒外形写真、顕微鏡図、分布図を付け詳細に記載する。番号3のRyvarden先生の最新の著書「Stereoid fungi of America」 (アメリカのウロコタケ型の菌類) Synopsis Fungorum 28にも参考文献としてあげる。

5.Mycotaxon Vol. 113 July - September 2010
価格 7,720円、送料350円(レターパック350)、納期1週間以内(小部数在庫)。
英語。15.2x22.9cm。6+526ページ。ペーパーバック。
 毎回、新種記載など分類関係の報文満載。この巻の佐野の注目は以下。
 Two Oudemansiella species with echinulate basidiospores from South America with O. macracantha lectotypified, pp.119-127. Phaeocollybia purpurea (Cortinariaceae), a new species from Wuyishan, China., pp 423-430. Tylopilus oradivensis sp. nov.: a newly described member of the Tylopilus balloui complex from Coata Rica. pp475-483.
なお 本巻のBook Reviews and Noticesには竹橋誠司ほか著(2010)「北海道産ハラタケ類の分類学的研究」の大変好意的な書評が載っている。竹橋さん、やりましたね!
備考:Mycotaxonは2011年発行分から全面的に電子版に移行する。

Mycologiaバックナンバー

米国菌学会誌『Mycologia』のバックナンバー(但し中古書)を販売します。
在庫:各1冊。どれも送料・税込み1冊800円。
発送:クロネコメール便。

Mycologia Vol. 102 No. 1, 2010
Mycologia Vol. 102 No. 2, 2010(販売済み)
Mycologia Vol. 102 No. 3, 2010
Mycologia Vol. 102 No. 4, 2010
Mycologia Vol. 102 No. 6, 2010

Mycologia Vol. 101 No. 1, 2009
Mycologia Vol. 101 No. 2, 2009
Mycologia Vol. 101 No. 4, 2009
Mycologia Vol. 101 No. 5, 2009
Mycologia Vol. 101 No. 6, 2009

Mycologia Vol. 100 No. 1, 2008
Mycologia Vol. 100 No. 2, 2008
Mycologia Vol. 100 No. 3, 2008
Mycologia Vol. 100 No. 4, 2008
Mycologia Vol. 100 No. 5, 2008
Mycologia Vol. 100 No. 6, 2008

Mycologia Vol. 99 No. 1, 2007
Mycologia Vol. 99 No. 2, 2007
Mycologia Vol. 99 No. 3, 2007
Mycologia Vol. 99 No. 4, 2007
Mycologia Vol. 99 No. 5, 2007
Mycologia Vol. 99 No. 6, 2007

Mycologia Vol. 98 No. 1, 2006
Mycologia Vol. 98 No. 2, 2006
Mycologia Vol. 98 No. 3, 2006
Mycologia Vol. 98 No. 5, 2006
Mycologia Vol. 98 No. 6, 2006 Deep Hypha Issue(古書在庫切れ。新本が6900円送料別であります)

Mycologia Vol. 97, 2005 および
Mycologia Vol. 96, 2004  は売れました。

Mycologia Vol. 95 No. 1, 2003
Mycologia Vol. 95 No. 2, 2003
Mycologia Vol. 95 No. 3, 2003
Mycologia Vol. 95 No. 4, 2003
Mycologia Vol. 95 No. 5, 2003
Mycologia Vol. 95 No. 6, 2003

Mycologia Vol. 94 No. 4, 2002
Mycologia Vol. 94 No. 5, 2002
Mycologia Vol. 94 No. 6, 2002

スキティノストロマ属

Biblio_Mycol_114_Le_Genre_Scynostroma.jpg
Boidin, J. & P. Lanquetin (1987)
Le Genre Scytinostroma Donk. (Basidiomycetes, Lachnocladiaceae)
(スキティノストロマ属、ラクノクラディウム科、担子菌類)

Bibliotheca Mycologica Band 114
参考価格1930円(税込み、送料別)、在庫切れ
仏語。14.5x22.5cm。130ページ。顕微鏡図多数。
樹皮に大形の層状の子実体をつくるスキティノストロマ属は、熱帯から温帯に広く分布するラクノクラディウム科の木材腐朽菌である。本書はこの属を解説する数少ない参考書の中の最重要書である。

ザ・サボテン科

在庫切れ、次回入荷不明
“決定版、原色サボテン百科!”
The_Cactus_Family.jpg
Anderson, Edward F. (2001)
The Cactus Family (ザ・サボテン科)

Timber Press
参考価格 9,990(税込み、送料別) 在庫切れ、次回入荷不明
英語。22.4x29.7cm。776ページ。原色写真多数。ハードカバー。
1千以上の原色写真を使い770ページ余りにわたりサボテン科を解説する原色サボテン百科。サボテン愛好家には 必携の書。著者は米国アリゾナ州、フェニックスにある砂漠植物植物園の上席研究員で博士。アメリカサボテン・多肉植物学会評議員で、国際多肉植物研究機構の会長もつとめた。本書は著者の40年以上にわたるサボテン研究の集大成。

ビョウタケ目

Helotiales_of_Australasia.jpg
Spooner, B.M. (1987)
Helotiales of Australasia* : Geoglossaceae, Orbiliaceae, Sclerotiniaceae, Hyaloscyphaceae
(オーストラレーシア*のビョウタケ目:テングノメシガイ科、オルビリアキン科、キンカクキン科、ヒナノチャワンタケ科)

Bibliotheca Mycologica Band 116
(*:オーストラリア、ニュージーランド、パプアニューギニア、ニューカレドニア諸島、ソロモン群島、および近隣の島々の総称)
参考価格 14,580円(税込み、送料別)、在庫切れ中
英語。14.5x22.5cm。ソフトバック。710ページ。線画多数。
子のう盤をつくる盤菌類(綱)(Discomycetes)は、子のうの先端にふたのあるもの(チャワンタケ目Pezizales)と、ふたのないもの(ビョウタケ目Helotiales,ファキジウム目など)とに大きく分けていました。本書で扱っているビョウタケ目は、ふたのない盤菌類(綱)では最大の目です。本書は、ビョウタケ目の代表的な研究書で、オーストラレーシア地域のビョウタケ目38属129種・亜種を記載しています。そのうち、22種は新種記載、1種は新亜種記載です。テングノメシガイやキンカクキンの仲間、さらにヒナノチャワンタケの仲間などに興味を持たれている方には必携の書です。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Les Russules

在庫切れ。入手ご希望の方はお問合せ願います。
Les_Russules_2.jpg
Romagnesi, Henri (Original 1967, Second edition1985) (Reprint 1996 from the second edition of 1985)
「Les Russules d'Europe et d'Afrique du Nord」
(ヨーロッパと北アフリカのベニタケ属)

A.R.G. Ganter Verlag
参考価格 2.5万~3万円(税込み)送料500円(レターパック500) 在庫切れ
フランス語、60ページにおよぶ英語の種への検索表が付く。17.0x24.8cm。
60+1022ページ+1ページの胞子の色表。顕微鏡図多数。ハードカバー。
 オリジナルは1967年に出版され、英語の検索表が追加された第2版が1985年に出版された。本書は第2版のリプリント版。
 本書は佐野書店ブログでは初めての紹介だが、今から10年前の2000年8月の菌懇会通信の文献案内で一度紹介したことがある。その時の文章を改変引用する。
 ベニタケ属を専門とされるS野先生も重要視されたベニタケ属分類の基準書。ヨーロッパと北アフリカ産の多数のベニタケ属を検索表と顕微鏡図をつけ詳細に解説する。顕微鏡図はあるが、外形図はない。ベニタケ属は外見が似たような種が多いので外形図や写真をつけてもあまり意味がないと思うが、まったくないのもどこか寂しい。
 なお、M. Sarnariの2冊に分かれたヨーロッパ産ベニタケ属の最新の大原色図鑑*も分類の基本は本書に従う。
  注*:Mauro Sarnari (1998)「Monografia Illustrata del Genere Russula in Europa Tomo Primo」
       Mauro Sarnari (2005) 「Monografia illustrata Russula in Europa Tomo Secondo

きのこ類の担子胞子の変異

Variation_of_basidiospores.jpg
Parmasto, Erast & Ilimi Parmasto (1987)
Variation of basidiospores in the Hymenomycetes and its significance to their taxonomy
(きのこ類の担子胞子の変異と、その変異の有する分類に対する重要性)

Bibliotheca Mycologica 115
参考価格 本体8063円+税、送料別、在庫切れ中
英語。14 x 22cm。168ページ。ソウフトバック。
きのこの分類において胞子の大きさや形は分類上の重要な特徴(形質)である。胞子の大小でのみ種が分けられている場合も多い。著者は、多くの種類のきのこの胞子を調査し、成長過程の違いによる変異、環境の違いによる変異、同一個体での変異、同一種での変異、遺伝子型の違いによる変異などを調査・検討し、従来の胞子の変異に関する常識には正しくないものがあることを指摘し、より正確な分類のための合理的な胞子の記載を提言している。胞子を記載する方や、胞子に関心のある方にお勧め。

オーストラリアのイグチ類

在庫切れです
Australian_Boletes_A_Preliminary_Survey.jpg
Watling, Roy & Li Tai Hui (1999)
Australian Boletes A Preliminary Survey
(オーストラリアのイグチ類、予備的研究報告)

Royal Botanic Garden Edinburgh(王立エジンバラ植物園)
参考価格 3,500円(税込み、送料別) 在庫切れです
英語。21x30cm(A4判)。71ページ、うち線画4ページ。スパイラルバウンド。
イグチ類の進化の研究にはオーストラリアのイグチ類の研究が必要不可欠という。その重要な第一歩がこの報告書により記された。内容は、25ページにわたる大規模な検索表が初めにあり、後半は種の記載が占めている。線画図版4ページがある。イグチに興味がある方必携。

テーマ : **本の紹介**
ジャンル : 本・雑誌

PAUP(パウプ)

“売れきれました”(2011年3月8日)

“公費でのご注文もお受けします。ご注文時、必要書類をご連絡願います”
“世界中で一番たくさん使われている系統解析ソフト「PAUP」”
Paup.jpg
Windows用
David L. Swofford (1999)
PAUP 4.0 Beta 10 for Windows/DOS (No Manual) (CD-ROM)

価格(在庫分) 13,320円(税込み)+国内送料350円(レターパック350) 
納期 在庫切れ、受注後約6週間
Mac用
David L. Swofford (1999)
PAUP 4.0 Beta 10 for for Macintosh (No Manual) (CD-ROM)

参考価格 15,000円(税込み)+国内送料350円(レターパック350)納期受注後約6週間
UNIX用・LINAX用は製造元がユーザー直接販売するため佐野書店は扱っていません。

PAUPの使い方についてもっと知りたい方は佐藤博俊さんのホームページへ
 井上潤さんのホームページも参考になります。

British Chanterelles and Tooth Fungi

在庫切れ
BritishChanterelles_and_ToothFungi.jpg
Pegler, D.N. et al. (1997)
「British Chanterelles and Tooth Fungi」
(英国産アンズタケ型とハリタケ型のきのこ)

参考価格 6,470円(税込み、送料別)、在庫切れ
英語、15.5x24.5cm、114ペーシ、顕微鏡図・原色写真多数、ソフトカバー。
英国産アンズタケ目、サンゴハリタケ目、イボタケ目、11属34種を検索表、顕微鏡図、原色写真・図をつけ詳細に解説する。

バッハ:ゴールドベルク変奏曲

バッハ:ゴールドベルク奏曲
Johann Sebastian Bach (1685-1750): Goldberg Variations BWV988

Goldberg_Variations_Gould1.jpg  Goldberg_Variations_Gould2.jpg  Goldberg_Variations_Leonhardt.jpg
左から、グレン・グールド1955年録音(演奏時間38分25秒)、同1981年録音(同51分18秒)、グスタフ・レオンハルト1976年録音(同47分23秒)、演奏楽器:グールド:ピアノ、レオンハルト:チェンバロ

バッハが好きだ。ゴールドベルク変奏曲を聴くことが多い。
“世紀の名演”と呼ぶ人もいるカナダのピアニスト、グレン・グールドの1981年録音盤で初めてこの曲を聴いた。この盤は、日をまたいで繰り返し演奏した中のよい部分だけをつぎはぎしてCDにしたようで、録音の日付が1981年4月22日、5月15日、同19日、同25日と4日間にわたっている。CD作りに凝りに凝ったグールドらしいCDである。

当時はバッハもグレングールドもあまり知らなかった。ライーナーノートを読んで、彼が同じ曲の1955年録音盤で“鮮烈のデビュー”と呼ばれるほどのセンセーショナルなデビューを果たしたことを知った。そのデビュー盤が聴きたくて探したが見つからず、やっと手に入れたのが一番左の盤だ。

デビュー盤を聴いて驚いた。演奏の早さが1981年録音版とは、まるで在来線と新幹線ほど違う。録音時間では51分18秒対38分25秒、時間にして14分、率にして3割も短い。繰り返し部分を省いたところがあるとはいえ、目が回りそうに早い演奏だ。“世紀の名演盤”も“鮮烈のデビュー盤”も繰り返し聴いた。

しかし、最近はグスタフ・レオンハルトのチェンバロ演奏で聴くことが多い。演奏時間は、47分23秒と早すぎず遅すぎず、さらに曲の本来の演奏楽器であるチェンバロでの演奏でもあることがわたしになじむようだ。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード