発送作業再開

今日、12月18日(日)から遅れていました発送作業を再開いたします。
約1週間の遅れとなりました。
私事のため遅れ申し訳ありませんでした。


佐野悦三

ハラタケ目分類学的研究

Biblio_mycol_159_Taxonomic_Monographs.jpg
Petrini, O. & E. Horak (edit.) (1995)
Taxonomic Monographs of Agaricales. Bibl. Mycologia 159.
(ハラタケ目の分類学的研究)

参考価格 9,130円+税、送料別、在庫切れ
英語。14.5x22.5cm。236ページ。線画多数。ソフトバック。
オーストリアの大菌学者、M. Moser先生70歳記念の出版物。①D. E. Desjarden著「A Preliminary accounting of the worldwide members of Mycena sect. Sacchariferae」、②G. Guzman著「Supplement to the monograph of the genus Psilocybe」(シビレタケ属研究補遺)、③R. A. Maas Geesteraus & E. Horak著「Mycena and related genera from Papua New Guineae and New Caledonia」の三論文を所集。
①は、Mycena(クヌギタケ属)のSacchariferae節として発表された55種を再検討し、27種を認め、M. brunneospinosa, M. hawaiiensis, M. incarnativelumの3新種と、1新変種を記載する。また、Amparoina属をSacchariferae節のシノニムにし31種を認めるなど重要な改変を行う。クヌギタケ属研究の重要文献。
②は、同じ著者が1993年に出版したPsilocybe(シビレタケ属)の包括的研究書「The genus Psilocybe」の続編。1933年以降に発表された29新種・新変種と80以上の産地記録を再検討し、P. Chiapanensisなど合計5種を新種記載し、節の分類を改変し、節・種の検索表を最新化する。Psilocybe属研究の最重要文献。
③は、パプアニューギニアとニューカレドニア産標本からMycena(クヌギタケ属)22新種、Filoboletus(アミヒカリタケ属), Hydropus(ニセアシナガタケ属)各1新種を記載し、Cynema, Xeromphalina , Baeosporaの3新属を提案する。また、クヌギタケ属にNubilae, Rufolimitatae, Phloginae, Detrusaeの4つの節を提案する。これも重要文献。

Integration of Modern Taxonomic Methods for Penicillium

“在庫切れ”
Integration_of_Modern_Taxonomics.jpg
Samson, R.A & J.I. Pitt (edt) (2000)
Integration of Modern Taxonomic Methods for Penicillium and Aspergillus Classification
(アオカビ属・コウジカビ属分類のための最新分類方法の統合)

Harwood Academic Publishing
参考価格 17,330円(税込み、送料別) 在庫切れ
英語。17.5x25.9cm。510ページ。ハードカバー。
アオカビ属・コウジカビ属の分類・同定の重要文献。

関連書
Klich, M.A. (2002)
Identification of common Aspergillus species
(コウジカビ属普通種の同定)

Centraalbureau voor Schimmelcultures (CBS)
Aspergillus属同定には必携の基本書

Studies in Mycology 70
Robert A. Samson & Jos Houbraken (Edits)
Phylogenetic and taxonomic studies on the genera Penicillium and Talaromyces


Studies in Mycology 69
Samson, Robert A., Janos Varga & Jens C. Frisvad (2011)
Taxonomic studies on the genus Aspergillus


Studies in Mycology 59
Samson R.A. & J. Varga (2007)
Aspergillus systematics in the genomic era
(ゲノム時代のコウジカビ属の系統分類)

“コウジカビ属の系統分類に関する最新の知見を網羅”

Studies in Mycology 49
Samson R.A. & J.C. FRISVAD edit .(2004)
Penicillium subgenus Penicillium: new taxonomic schemes, mycotoxins and other extrolites

英語。

Studies in Mycology No. 18
Samson、 R.A. (1979)
A Cpmpilation of The Aspergilli Described Since 1965

アイダホ州と西北太平洋岸のきのこ 第2巻

在庫切れ
Mushroom-of-Idaho_Vol_2.jpg
Tulutki E.D. (1987)
「Mushrooms of Idaho and The Pacific Northwest Vol. 2. Non-Gillled Hymenomycetes」 
(アイダホ州と西北太平洋岸のきのこ 第2巻 ひだのないきのこ類)

The University of Idaho Press(アイダホ州立大学出版部)
在庫切れ
英語。13.5x21.0cm。232ページ、うち原色写真8ページ。本文中に白黒写真。ペーパーバック。
 第2巻の本書は、ひだのないきのこ合計354種を解説する。内訳は、簡単に触れたものも含めるとイグチ類119種、ホウキタケ類119種、アンズタケ類12種、硬質菌121種、およびハりタケ型のきのこ50種におよぶ。特にRamaria属は亜種・品種を含めると68種と大変充実している。白黒写真が主だが、8ページに及ぶ鮮明な原色写真もある。検索表も充実している。

Molecular Variability of Fungal Pathogens

在庫切れ
Molecula_Variability_of_Fungal_Pathogens.jpg
Bridge, P.D., Y. Couteaudier & J. M. Clarkson (Edits) ( 1998)
Molecular Variability of Fungal Pathogens
(病原菌の分子的変異)

CAB International
在庫切れ
英語。16.2x24.0cm。336ページ。ハードカバー。
表題に関するヨーロッパの第一線研究者による論文集。論文タイトルと著者:
●Foreword, Ulrich Kück
●Molecular Variability of Fungal Pathogens: Using the Rice Blast Fungus as a Case Study, N J Talbot
●Molecular Variability in Sexually Reproducing Fungal Plant Pathogens, J M Duncan, D Cooke, P Birch and R Toth
●Parasexuality in Fungi: Mechanisms and Significance in Wild Populations, A J M Debets
●Molecular Variability of Viruses of Fungi, K W Buck
●Activator-like Transposons in Beauveria Species, U Kück, S Jacobsen and F Kempken
●Fungal Pathogenesis in Insects, J Clarkson, S Screen, A Bailey, B Cobb and K Charnley
●Combination of Different Independent Molecular Markers to Understand the Genetic Structure of Beauveria Populations, Y Couteaudier, M Viaud and C Neuvéglise
●Assessing Diversity in Colletotrichum and Trichodera Species Using Molecular Markers, P R Mills, S Sreenivasaprasad and S Muthumeenakshi
●Variability in the Human Opportunistic Fungal Pathogen Aspergillus fumigatus, J P Latgé, J P Debeaupuis, J Sarfati and S Paris
●Reproduction and Population Structure in Phytopathogenic Fungi, Y Brygoo, V Caffier, J Carlier, Jean-Vincent Fabre, D Fernandez, T Giraud, X Mourichon, C Neema, Jean-Loup Notteghem, C Pope, D Tharreau and Marc-Henri Lebrun
●Variation in the Subtilisins of Fungal Pathogens of Insects and Nematodes, T M Butt, R Segers, S C Leal and B R Kerry
●Metabolites Influencing Pathogenicity of Nematophagous Fungi, L V Lopez-Llorca and C Olivares-Bernabeu
●Sources of Molecular Variability and Applications in Characterization of the Plant Pathogen Fusarium oxysporum, S L Woo and M Lorito
●Variability of Human Pathogenic Fungi, D Sullivan and D Coleman
●Mitochondrial DNA Differences Provide Maximum Intraspecific Polymorphism in the Entomopathogenic Fungi Verticillium lecanii and Metarhizium anisopliae and Allow Isolate Detection/Identification, M A Typas, A Mavridou and V Kouvelis
●RAPD-PCR for the Molecular Characterization of Beauveria brongniartii Isolates Useful as Biocontrol Agents of the European Cockchafer Melolontha melolontha, O I Ozino, P Piatti and F Cravanzola
●Molecular Evolution and Phylogenetic Implications of ITS Sequence in Plants and in Fungi, J Mugnier
●Neural Network Approaches to Interpreting Variability, L Boddy, C W Morris, A Morgan and L Al-Haddad
●Numerical Analysis of Molecular Variability: A Comparison of Hierarchic and Non-hierarchic Methods, P Bridge
●Index

Wild Mushrooms and Toadstool Poisoning

在庫切れ
Wild_Mushroo_and_Toadstool_Poisoning.jpg
Oldridge, S.G., D.N. Pegler & B.M. Spooner (1989)
Wild Mushrooms and Toadstool Poisoning
(毒のある野生きのこ)

Kew Publishing
参考価格 1,180円(税込み)、送料80円(メール便)、在庫切れ
英語、14.8x21.0cm、24ページ、線が多数、ペーパーバック。
英国に産する毒きのこをその毒の種類別に毒成分、中毒症状、その毒を含むきのこの種類と特徴などを簡潔に解説する。

古書:The Agaricales in Modern Taxonomy 第3版

古書
The_Agaricales_in_Modern_Taxonomy_3rd.jpg
Rolf Singer (1975)
「The Agaricales in Modern Taxonomy 第3版」

J. Cramer
価格 17,200円(税込)、送料500円(レターパック500)
英語、6+912+84図版ページ、ハードカバー
本郷次雄先生の「原色日本新菌類図鑑 (I) (II)」は本書の分類体系を採用した。
「原色日本新菌類図鑑」をより深く理解するためにお勧め。
次の “第4版” はSinger 先生の遺作となった。

Fungi of the Hebrides

在庫切れ
Fungi_of_Hebrides.jpg
Dennis, R.W.G. (1986)
Fungi of the Hebrides (ヘブリデス諸島の菌類)

Kew Publishing
参考価格 6,420円(税込み)、送料350円(レターパック350)、在庫切れ
英語、15.5x24.4cm、383ページ。ペパーバック。
著者の30年以上にわたるヘブリデス諸島の菌類調査の成果をまとめた同諸島産菌類リスト。担子菌、子のう菌、卵菌、変形菌、不完全菌など合計2905種におよぶ。そのうち507種は不完全菌。

イタリアのシメジ属

在庫切れ
日本産シメジ属を知るための必携の文献!
Il_Genere_Lyophyllum.jpg
Consiglio G. & Contu M. (2002)
Il Genere Lyophyllum P. Karst. Emend.Kuher, in Italia
(イタリアのシメジ属)

RIVISTA DI MICOLOGIA 2002, 2: 99-181.
参考価格 3,600円+税、送料、在庫切れ
イタリア語。17.0x24.0cm。83ページ。ペーパーバック。原色写真多数。顕微鏡写真・図あり。
今関・本郷(1987) 原色新菌類図鑑Ⅱは、シメジ属はわずか9種を解説するにすぎない。シメジ属68種を詳細解説する本書は、日本産シメジ属を知るための必携の文献。
イタリアに産するシメジ属68種を特徴をよく捉えた、美しい原色写真をつけ詳細解説する。日本のハタケシメジはLyophyllum decastesの学名が宛てられているが、本書のL. decastesの写真は、我々の知っているハタケシメジとはどことなく違っている。また、日本のホンシメジはLyophyllum shimejiという学名がついているが、本書ではホンシメジにそっくりなものがL. conglobatumの名前で載っている。

生物の系統樹ウエッブ・プロ

“ホームページ紹介”
Tree of Life Web Project (生物の系統樹ウエッブ・プロジェクト)
「生物の系統樹ウエッブ・プロジェクト」は、地球上の多様な生物の進化の歴史とその結果としての現在の生物多様性について最新の知見を提供するインターネット上の壮大な生命史博物館である。世界中の生物学者が協力し4千以上のウェブページを結んでつくられている。入り口から入れば、膨大な生物の多様性を辿ることが出来る。
  入り口は、URL: http://tolweb.org/tree/
  Fungi(菌類)は、URL: http://tolweb.org/Fungi/2377

The Powdery Mildews

The_Powdery_Mildews.jpg
Bélanger, R.R., William R. Bushnell, Aleid J. Dik, and Timothy L. W. Carver (eds.) (2002)
The Powdery Mildews: A Comprehensive Treatise
(ウドンコ菌:包括的解説)

APS Press (米国植物病理学会出版部)
参考価格 13,100円(税込み)、送料350円(レターパック350) 納期2-3ヶ月(在庫切れ、お取寄せ)
英語。22.1x28.6cm。8+292ページ。図版多数。ハードカバー。
2002年出版の最新の知見を反映したウドンコ菌の包括的解説書。次の18章からなる。
●The Role of Powdery Mildew Research in Understanding Host-Parasite Interaction: Past, Present, and Future;
●The Taxonomy of the Powdery Mildew Fungi;
●Comparative Genetics of Avirulence and Fungicide Resistance in the Powdery Mildew Fungi;
●The Formation and Function of Infection and Feeding Structures;
●Basic Methods for Epidemiological Studies of Powdery Mildews: Culture and Preservation of Isolates, Production, and Delivery of Inoculum and Disease Assessment;
●DNA Mediated Transformation of Blumeria graminis f. sp. Hordei;
●Epidermal Cell Papillae;
●Localized Induction of Accessibility and Inaccessibility by Powdery Mildew;
●Genes and Molecular Mechanisms Controlling Powdery Mildew Resistance in Barley;
●The Nature and Role of Defense Response Genes in Cereals;
●Powdery Mildew of Arabidopsis: A Model System for Host-Parasite Interactions;
●Epidemiology of Powdery Mildews in Agricultural Pathosystems;
●Population Genetics of Powdery Mildew–Natural Plant Pathosystems;
●Breeding for Powdery Mildew Resistance in Common Wheat (Triticum aestivum L.);
●Breeding Cucurbit Crops for Powdery Mildew Resistance;
●Controlling Powdery Mildews with Chemistry;
●Control of Powdery Mildews Without Chemicals: Prophylactic and Biological Alternatives for Horticultural Crops;
●Powdery Mildew Control Through Transgenic Expression of Antifungal Proteins, Resistance Genes, and Systemic Acquired Resistance

担子菌門チェックリスト

在庫1冊
Checklist_of_the_British__Irish_Basidiomycota.jpg
Legon, N.W. & A. Henrici (2005)
Checklist of the British & Irish Basidiomycota
(イギリスとアイルランド産担子菌門チェックリスト)  
Royal Botanic Gardens, Kew (キュー植物園発行)

価格 8,960円(税込み)、送料350円(レターパック350)、 納期 1週間以内 (ただし在庫1冊
英語。21x30cm。534ページ。ペーパーバック。
本書は、イギリスとアイルランド産の担子菌門の菌類を対象に、学名とその著者名・文献名・発表年、シノニムなどに加えて、その種の発生環境、発生基質、参考にすべき記載文や図版のある文献名などを網羅したリストである。
文献に現れた16,500の名前から、有効名として担子菌綱約3,177種・亜種、サビキン綱約342種・亜種、クロボキン綱151種・亜種、合計約3,670種・亜種を載せる。標本にもあたっている。

小アンティル諸島のハラタケ類フロラ

“絶版書!”
Agaric_Flora_of_the_Lesser_Antilles.jpg
Pegler, David N. (1983)
「Agaric Flora of the Lesser Antilles」 (小アンティル諸島のハラタケ類フロラ)
kew Bulletin Additional Series 9

Her Majesty's Stationary Office
価格 29,450円(税込み)、送料500円(レターパック500)、納期1週間以内(在庫1冊)
英語。15.6x24.6cm。。668ページ、うち129ページ分の線画。別に27ページの原色図版。ペーパバック。
 小アンティル諸島the Lesser Antillesは、カリブ海の東端から東南端にかけて分布する島々からなり、西インド諸島・アンティル諸島の一部をなす。島々は北緯10度から20度にかけて分布し、多くは火山島で熱帯性の気候である。低地にはサトウキビ畑やバナナ畑が広がるが、山地には豊かな自然が残っている。諸島の真ん中に位置するドミニカ島は「カリブ海の植物園」とも呼ばれ、島南部には世界遺産に指定されたモゥーン・トワ・ピトン国立公園がある。
 本書は、この小アンティル諸島に分布するハラタケ類18科106属457種を検索表、白黒外形図・顕微鏡図、巻末の原色写真を付し、詳細に解説する。
 本書で1新属Inopilusが提案され、70新種が記載された。また39新組合せが提案された。ハラタケ類の新種記載が70に及ぶ重要文献。

ヨーロッパと中国のトリュフ

在庫切れ
Truffes_dEurope_et_de_China.gif
Riousset, L. et G., G. Chevalier & M.C. Bardet (2001)
Truffes d'Europe et de Chine(ヨーロッパと中国のトリュフ)

参考価格7,590円(税込み) 在庫切れ、次回入荷時期不明。
仏語。17x24cm。181ページ、原色図版多数。ペーパーバック。
Tuberトリュフ属のモノグラフ。子実体の外形・断面の原色写真に加え、子の う・胞子の原色顕微鏡写真をつけ詳細に解説する。中国からフランスに輸入される安価な黒トリュフ、Tuber indicumと高価な黒トリュフT. melanosporumとの区別を可能にするためヨーロッパには産しないTuber indicumも詳細に解説する。遺伝子分析にもとづく系統樹も載せられている。 検索表付き。トリュフにご興味をお持ちの方にはお勧めの1冊。

ベリーズとドミニカ共和国のイグチ類

“売れました”
(2008年9月文献案内で紹介)
Boletes_from_Belize_.jpg
Ortiz-Santana, B., D.Jean lodge, T.J. Baroni & E.E.Both (2007)
「Boletes from Belize and the Dominican Republic」
(ベリーズとドミニカ共和国のイグチ類)

Fungal Diversity Vol. 27 (2), October 2007   
 “イグチ類の新種記載が18種に達する!イグチ好きの方は必携!”
参考価格7,420円(税込み、送料別) 在庫切れ 
英語。17.0x25.0cm。172ページ、うち原色図版10ページ。顕微鏡図本文中に多数。ペーパーバック。
 ベリーズは中米、ユカタン半島東部、東はカリブ海に面し、北はメキシコ、西はグアマテラと国境を接する面積22千km2の小国で、国土の大半は熱帯雨林に覆われている。ドミニカ共和国はカリブ海の西インド諸島の大アンチル諸島で二番目に大きいイスパニョーラ島にあり、島の面積の三分の二、48千km2を占め、隣はハイチである。島の中央を中央山脈が走り、カリブ諸国の最高峰ピコ・ドゥアルテ(3,087m)がそびえる。気候は概ね湿潤な熱帯気候で、低地と山脈の北部と東部は雨が多く湿潤林が広がる。中央部、南部・西部は雨が少なく乾燥林が広がる。海抜850メートルを越える高地は針葉樹林となっている。
 本書は、このような環境の両国に産するイグチ類のモノグラフである。ベリーズでは456標本を検討し、14属58種を認めた。そのうち14種は新種である。ドミニカ共和国では222標本を検討し、7属14種を認めた。うち4種は新種である。その中の1新種、Reitboletus vinaceipesは両国に分布することがわかった。

Russula - Monographie

“売れました” (2011年3月14日)
Russua-Monographie.jpg  Russua-Monographie2.jpg
Julius Schafer (Original 1952, Reprint 1952)
Russula - Monographie, Die Pilze MitteelEuropas Band 3
(ベニタケ属モノグラフ、中央ヨーロッパのきのこ第3巻)

Original: Julius Klinckhardt 1952, Reprint by J. Cramer 1979
参考価格15,900円(税込み)、送料350円(レターパック350)、“売れました”
ドイツ語、16.3x24.4cm、297ページ、原色図版20ページ、胞子図1ページ。ハーカバー。
 中央ヨーロッパ分布するベニタケ属70種を検索表、原色図、一部は胞子図を付け詳細に記載する。新種記載あり。ベニタケ属分類の基本文献の一つ。

Protistology

在庫切れ
Protistology.jpg
Hausmann, Klaus, Norbert Hulsmann & Renate Radek (2003)
Protistology 3rd completely revised edition
(原生動物学 完全改訂第3版)

E. Schweizerbart'sche Verlagsbuchhandlung, Stuttgart, Germany
在庫切れ
英語。18x25cm。9+379ページ。384図・22表。ハードバック
多数の写真と線画で、われわれにはなじみの少ない生物、原生動物について最新の知識を分かりやすく解説する。

変形菌や細胞性粘菌も原生動物の仲間だから、もちろん本書で解説されている。
変形菌では、Physarum conferum(ムレフクロホコリ)の変形体が、Phylum Amoeboza(アメーバ動物門)、SubPhylum Conosa(コノーサ亜門)、Infraphylum Mycetozoa(動菌下門)、Class Myxogastrea(ホコリカビ綱)の生物として写真が掲載されている。 変形菌に興味のある方にも読んでいただきたい一冊。

本書は、インターネット上の「原生生物情報サーバ」に“最新の知見に基づく原生生物の分類体系を示す文献”としてあげられている。
原生生物情報サーバ URL:http://protist.i.hosei.ac.jp/Protist_menu.html
最新の原生生物の分類体系 URL:http://protist.i.hosei.ac.jp/taxonomy/HausmannHulsmann_2.html

本書の内容
Part I Introduction and Overview
Part II Evolution and Taxonomy
Evolution of Unicellular Prokaryotes and Eukaryotes
Development of Classification Systems
System of Protists
Part III Selected Topics of General Protistology
Glossary
Bibliography
Index

ウサムバラ山脈の変形菌

“在庫切れ、次回入荷不明”
“2007年2月の文献案内で一度だけ紹介”
Myxomycetes_of_TheUsambara.jpg
Ukkola, Tarja (1998)
「Myxomycetes of the Usambara Mountains、NE Tanzania」
(タンザニア北東部、ウサムバラ山脈の変形菌)
Acta Botanica Fennica No. 160: 1-37.  

参考価格 2,520円(税込み)、“在庫切れ、次回入荷不明”
英語。17.7x25.5cm 。37ページ、本文中に顕微鏡写真。ペーパーバック。
ウサムバラ山脈はアフリカ東部の国、タンザニアの北東部に位置する。本書は著者が1995年12月の約4週間の調査旅行で採集したウサムバラ山脈の変形菌75種を詳細に記載する。うち1種、Licea poculiformis Ukkolaは新種で、図をつけ新種記載する。8種はアフリカ新産種。著者はヘルシンキ大学生態・系統分類部門の研究者。検討した354標本のうち186標本は湿室培養で得られたもの。

ブルガリアの食用キノコ・毒キノコ

“売れました” (2011年3月24日)
“古書。新本を2002年4月文献案内で一度紹介”
Mushrooms_of_Bulgaria.jpg
Vanev, Fakirova & Jordanov(1998)
「The edible and poisonous mushrooms of Bulgaria 」
(ブルガリアの食用きのこ・毒きのこ)

ロシア語、学名付き、17x24.5cm。320ページ、177原色図、ハードカバー
参考価格 7,300円(税込み)、送料350円(レターパック350)、“売れました”  
 ブルガリアに産する食用のきのこと毒きのこ合計177種が原色図とともに解説されている。すばらしい図版で有名な「Fungi of Southern Australia」(絶版)に体裁が似て、見開きの2ページを使い、右ページ゙にはきのこの原色水彩画を、左ページには解説文をロアシア語で載せる。1ページの下2/3を原色図版にあて、上1/3を解説に当てている部分もある。特徴をきちんと捕らえている原色図は、印刷技術のせいもあって緻密さでは前述書には若干及ばない。図版が中心で学名もあるのでロシア語の解説は読めなくともそれほど苦にならない。簡単に入手できそうもない図鑑なので1冊お持ちになってはどだろうか。

Studies in Mycology 68~63、 59・49

Studies_in_Mycology68.gif
Studies in Mycology 68
Rossman, Amy & Keith Seifert (edits) (2011)
Phylogenetic revision of taxonomic concepts in the Hypocreales and other Ascomycota - A tribute to Gary J. Samuels

8%税込価格 10,710円、送料360円、納期1週間(在庫1冊
廣岡先生のNectriaの論文やHypomyces属の分子系統の論文が掲載されるなど、子嚢菌類分類で重要な論文が収載。

Studies_in_Mycology67.jpg
Studies in Mycology 67 (2010)
Konstanze Bensch et al.
「Species and ecological diversity within the Cladosporium cladosporioides complex (Davidiellaceae, Capnodiales)」

8%税込価格9,0410、送料360円、納期1週間(在庫1冊
英語。A4。 96ページ。顕微鏡図・写真多数。ペーパーバック。

Studies_in_Mycology66.jpg
Studies in Mycology No. 66 (2010)
Lombard, Lorenzo, Pedro W. Crous, Brenda D. Wingfield & Michael J. Wingfield
「Systematics of Calonectria: a genus of root, shoot and foliar pathogens」

8%税込価格 7,110円、送料360円、納期 1週間(在庫1冊)
英語。A4。71 ページ。原色写真多数。ペーパーバック。

Studies_in_Mycology65.jpg
Sudies in Mycology 65 (2010)
Aveskamp, Maikel, Hans de Gruyter, Joyce Woudenberg, Gerard Verkley & Pedro W. Crous
「Highlights of the Didymellaceae: A polyphasic approach to characterise Phoma and related pleosporalean genera」

8%税込価格 6,790円、送料360円、納期 1週間(在庫1部
英語。A4。64ページ。原色写真多数。ペーパーバック。

Studies_in_Mycology64.jpg
Sudies in Mycology 64 (2009)
Schoch, Conrad L., Schoch, Joseph W. Spatafora, H. Thorsten Lumbsch, Sabine M. Huhndorf, Kevin D. Hyde, Johannes Z. Groenewald & Pedro W. Crous (Edits.)
「A phylogenetic re-evaluation of Dothideomycetes」

8%税込価格 10,610円、送料360円、納期 1週間(在庫1冊
英語。A4。220ページ。原色写真多数。ペーパーバック。

Studies_in_Mycology63.jpg
Sudies in Mycology 63 (2009)
W.M. Jaklitsch
「European species of Hypocrea Part I. The green-spored species」

8%税込価格 7,880円、送料360円、納期 1週間(在庫1冊)
英語。A4。 93ページ。原色図版多数。ペーパーバック。

ーベストセラーー
StudiesInMYcology59
Studies in Mycology 59
Samson R.A. & J. Varga (2007)
Aspergillus systematics in the genomic era
(ゲノム時代のコウジカビ属の系統分類)

8%税込価格 11,540円、送料360円、納期 1週間(在庫1冊)
コウウジカビ属の系統分類に関する最新の知見を網羅”

Studies_in_Mycology49.jpg
Studies in Mycology 49
Samson R.A. & J.C. FRISVAD edit .(2004)
Penicillium subgenus Penicillium: new taxonomic schemes, mycotoxins and other extrolites

8%税込価格 8,750円、送料360円、納期1週間(在庫1冊)>
ペニシリウム属ペニシリウム亜属の最新の分類ほかを解説。

No. 62 (2008) 以前はこちらをご覧願います。佐野書店は絶版以外のほぼ全ての号を在庫しています。
CATEGOERIES: 「Studies in Mycology」をクリックしていただいてもご覧になれます。

ジョージ・ウインストン:DECEMBER

December.jpg
12月になると思い出す曲がある。ジョージ・ウインストンの“DECEMBER (12月)”だ。
今から30年ほど前、ニューヨークの支社に3ヶ月ほど長期出張をした。
会社が借りてくれたマンハッタンのマンションのリビングにステレオプレーヤーがあった。CDも20枚ほどあった。その中の1枚がこれである。
うわー、何と澄みきった、そして寂しい曲たち!これが第一印象であった。繰り返し聞いた。
帰国が迫った日、五番街のはずれの大きなCDショップでこのCDとカラヤン/ベルリンフィルのベートーヴェン交響曲全集を自分への土産に買った。
12月23日の午後、クリスマスイブを翌日に控え賑わうニューヨークを後にした。
東京に戻り出社すると、わたしがいない3ヶ月の間に造船不況による大人員整理が行われたと聞かされた。多くの知人が会社を去っていた。

Illustrated Genera of Smut Fungi

Illustrated_Genera_of_Smut_Fungi.jpg
Vánky, Kálmán (2002)
Illustrated Genera of Smut Fungi, 2nd Edition
(図解黒穂病菌の属、第2版

8%税込10,370円、送料360円(レターパック) 納期1週間(在庫1冊
英語。21.7x27.8cm。252ページ。本文中に白黒写真・図多数。ペーパーバック。
クロボ菌類89属(疑問属を含む)を多くの図・写真で解説し、代表種を詳説する。

3rd edition(第3版)が2013年に出版された。第3版の価格・納期はお問い合わせください。

西パキスタンの腹菌類

“在庫切れ。追加入手はありません”
Gaeteromycetes_of_West_Pakistan.jpg
Sultan Ahmad (Orig. 1952, Reprint 1980)
「Gasteromycetes of West Pakistan」 1 (西パキスタンの腹菌類)

The Panjab Univ. Press, Lahore. rep. 1980. The Jayyed Press, Delhi, India.
英語。14.5x22.5cm。26+92ページ。ハードバック。線画多数、ハードカバー
参考価格 2,100円(税込み)、送料290円(ゆうメール)在庫切れ。追加入手はありません)
 オリジナルは1952年に出版。本書は1980年のリプリント版。
 我々にはあまりなじみのないパキスタンの腹菌類を線画付きで詳細解説する。Introductionとして26ページの腹菌類の概説がある。92ページの本文は種の解説に宛てる。
 扱った分類群は次の通り。Meranogaster属2種。 Rhizopogon属1種。Protubera属1種。Gastrosporium属1種。Screloderma属1種。Disciseda属1種。Myscenastrum属1種。 Bovista属4種。 Lycoperdon属10種。Calvatia属1種。 Lanopila属1種。Geastrumu属5種。Battarrea属1種。Tulostoma属15種。Schizostoma属2種。Podaxis属1種。Phllorina属1種。Itajahya属1種。Phallus属3種。Dictyophora属1種。Simblum属1種。Sphaerobolus属1種。Crucibulum属1種。Cyathus属1種。Montagnites属1種。以上合計24属57種。インド・パキスタン特産種が多く記載され、加えて分布の関係からヨーロッパの図鑑には解説のない種も多く、腹菌に興味を持つ方には必携の書。

Clathraceae

“在庫切れ”
Clathraceae.jpg
Dring, D,M. (1980)
Clathraceae(アカカゴタケ科)
「Contributions towards a rational arrangement of the Clathraceae」
(アカカゴタケ科の合理的配列の寄稿論文)
Reprint from Kew Bulletin Vol. 35(1)(1980)

在庫切れ
英語。15.5x25.5cm。96ページ。線画多数。ペーパーバック。
完成間近で急逝したDring博士の原稿を、「British Ascomycetes」の著者として名高いDennis博士が検索表などを追加するなどして完成させたアカカゴタケ科科の分類専門書。
全世界に産するアカカゴタケ科8属(Ileodictyon, Laternea, Blumenavia, Clathrus, Aseroe, Lysurus, ColusおよびPseudocolus)35種を詳細記載する。Dring博士描くところの線画は種の特徴をきっちり表し、しかも大変美しい。

科学への過信と傲慢

この記事は今から4年前、2007年(平成19年)7月20日の佐野書店ブログに載せたものです。今回の福島原発の事故にも通じるものがあると佐野は考え、再掲します。

以下原文ー
 平成19年7月16日に発生した新潟県中越沖地震では震源近くの東京電力柏崎刈羽原子力発電所で50ヶ所以上の被害があり、そのなかには放射性物質の漏れや変圧器の火災、施設の停電など重大なものが含まれていた。
 
 地震の原因は、同原発のごく近くの海底にある断層が動いたもので、さらに「防災科研などが、断層が動いた範囲を示す「断層面」を調べたところ、中越沖地震を起こした断層が柏崎刈羽原子力発電所真下の方向まで延びていた」(平成19年7月18日読売新聞インターネット版)という。

 この地震のわずか2年前、平成17年11月22日、同原発「原子炉設置許可処分取消請求控訴事件」で東京高裁は、敷地周辺の断層の評価について以下の理由を上げ、安全が確保できているとし、差止めを求める原告の控訴を棄却する判決を下している。

 高裁判決の断層評価: 
 『原子炉敷地周辺の活断層は、それ自体断層ですらないもの、又は、断層であってももはや地震の原因にならない地すべり性の断層にすぎないもの、あるいは、構造運動に起因した断層であってももはや活動するおそれのないものであって、・・・安全審査の判断には合理性がある。』
 
 上記高裁判決があげたもっともらしい理由は、まったく根拠がないとんでもない大嘘であったことが、今回の地震ではからずも証明されてしまった。

 わたしたち生物学をすこしでもかじった者にとっては、「今の科学の現状は、分かっていることよりも、分かっていないことのほうがはるかに多い」ことは常識である。

 この判決を下した裁判官、安全性を強弁した被告の政府(経済産業大臣)ならびに原子力安全委員会、さらに実質当事者の東京電力や地質調査を行った科学者など関係者は、科学の現状を正しく認識するとともに、科学を過信し誤った判断にいたった自らの傲慢さを猛省すべきである。 (店主 佐野悦三 記)

第1回 中国 食用・薬用菌学シンポジウム論文集

在庫切れ
Mycosysrema2005_24巻増刊
「第1回 海峡両岸 食用・薬用菌学シンポジウム論文集」
菌物学報、2005年、24卷増刊
Proceedings of the First Strait Symposium on Edible and Medicinal Fungi
Mycosystema (Acta Mycologica Sinica) 2005 Vol. 24 Suppl.
在庫切れ
中国語、英語概要つき。18.6x25.9cm、362ページ、ペーパーバック
 2005年11月に中国、福州で開催された中国菌物学会主催、福建省食用菌学会協力の第1回 海峡両岸 食用・薬用菌学シンポジウムでの論文集。
 掲載論文は、1きのこ産業総説:18論文、2資源:16論文、3遺伝育種:13論文、4生理生化学:12論文、5培養材料:8論文、6栽培・生産技術:19論文、7薬用真菌:17論文、8食用菌加工:5論文、の8分野108論文。

Illustrated Genera of Rust Fungi

Illustrated_Genera_of_Rust_Fungi.jpg
Cummins, G.B. & Yasuyuki Hiratsuka (2003)
Illustrated Genera of Rust Fungi, Third Edition
(サビ菌属図鑑第3版)

APS Press(米国植物病理学会出版部)
参考8%税込 11,590円、送料360円、 納期約6週間(お取寄せ、在庫切れ
英語。21.3x27.5cm。240ページ。53原色図+134白黒図。スパイラルバウンド。
世界に産するサビ菌属、ホロモルフの属120属とアナモルフの属13属を検索表と図を付け解説する。

Carnivorous Plants of the United States and Canada

 完売 
20050616213037s.jpg
Schnell, Donald (2002)
「Carnivorous Plants of the United States and Canada Second edition」
(米国とカナダの食虫植物、第2版)

参考価格:3,870円(税込み、送料別) 完売 
英語。468ページ。23.0x15.5cm。ハードバック。
原色写真200、線画7、分布図。
目次:
Preface
Crnivorus Plants: An Introduction
Venus Flytrap
Eastern North American Pitcher Plants
California Pitcher Plants
Sundews (モウセンゴケ属)
Butterworts (ムシトリスミレ属)
Bladderworts ((タヌキモ族)
Other Possible Carnivorus Seed Plants
Conservation Issuees
Apendix: Metric Conversions
Glossary
Bibliography
index of Plant Names

ヨーロッパ地上生ハリタケ類

在庫切れ
Die_terrestrischen_Stachepilze_Europe.jpg
Maas-Geesteranus, R.A. (1975)
The Terrestrial Hydnums of Europe
(ヨーロッパの地上生のハリタケ)

参考価格 12,810円 在庫切れ
ドイツ語/英語併記。18x26cm。127ページ+カラー図版40ページ。本文内に線画。ペーパーバック。カバー付き。
ドイツ語で書いてあって困ったなと思っていたら、本文の前半が独語、後半はその英語訳となっており安心した。本書もハリタケ類研究の出発点あるとの認識の元で書かれているようだ。しかし新種記載もあり、解説も詳細にわたる。40ページにおよぶ豊富な原色図が理解を助けてくれる。
なお、カバーの原色図はコウタケと見まがうものであるが、Sarcodon imbricatus(和名:シシタケ)である。本文中のS. scabrosus(和名:ケロウジ)の図は、ケロウジというより、どう見てもコウタケである。日本の学者が和名に宛てた学名に疑問が湧く。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

英語・ラテン語用語集

販売終了しました(2011年1月12日)”
A_Mycological_Emglish-Latin_Glossary.jpg
Cash, E.K. (1965)
A Mycological English-Latin Glossary
(英語-ラテン語菌学用語集)

Mycological Memoir No. 1 
米国菌学会とニューヨーク植物園との共同出版。
参考価格2,600円(税込み、送料別)、販売終了しました2010年1月12日
(ラテン語の記載文を書こうとする方にお勧め。菌類の学名に関心のある方にもお勧め。)
15.5x23.0cm。152ページ。ペーパーバック。
40年前の出版のため表紙は黄色く変色する。しかし上質紙を使用した中は問題なし。
本書は、ラテン語の記載文を書くための英語-ラテン語菌学用語辞典として編纂された。対象を菌類に絞っているので採録した菌類用語は多い。ただし、記載文を書くための参考書なので英語からラテン語への一方向の訳だけの辞書。古い本なので入手は簡単ではない。佐野書店も在庫限りなので入手ご希望の方は注文をお急ぎ願います。
関連文献:
Baranov, A. (1971)「Basic Latin for Plant Taxonomists」(植物分類研究者のためのラテン語の基礎)  価格6,400円(税込み)
Radcliffe-Smith, A. (1998)「Three-Language list of botanical name components」(植物学名の構成要素語三カ国語リスト)、Royal Botanic Gardens, Kew。価格 3,710円(税込み)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード