Working with Mycorrhizas

“新紹介”
Working_with_Mycorrhizas.jpg
Brundrett, M., Bougher, N., Dell, B., Grove, T., Malajczuk, N. (1996)
Working with Mycorrhizas in Forestry and Agriculture
(林学と農学における菌根菌研究法)

Australian Center for International Agricultural Reserach, Canberra, Australia
価格 12,940円(税込み)+送料350円(レターパック350) 
納期 約6-8週間 (在庫切れ、お取り寄せ)(10年8月31日17時現在)
英語。A4版。374ページ。原色図・原色写真多数。ペーパーパック。
菌根菌研究の各種技法を解説する菌根菌研究マニュアル。菌根菌を研究するには必携のテキスト。
大目次は次のとおり。(小目次略)
Chapter 1. Introduction
Chapter 2. Working with Ectomycorrhizal Fungi
Chapter 3. Working with Glomalean Fungi
Chapter 4. Examining Mycorrhizal Associations
Chapter 5. Pure Culture Isolation of Fungi and The Production of Inoculum
Chapter 6. Management of Mycorrhizal Plants
Chapter 7. Field Experiments: Plannning, Design, Measurement and Data Analysis
Refernces
(本書を教えてくださった東北大学のF沢先生に感謝いたします)

MYCOLOGIA Deep Hypha issue

“在庫切れ”
“これからの菌類分類体系の基準を提供”
“最新のオランダCBSのテキスト「Fungal Biodiversity」(菌類の多様性), CBS Laboratory Manual Series 1, 2009も本書で発表された体系がベース”
 DeepHypha_issue.gif
米国菌学会紙 Mycologia Vol. 98 No. 6, 2006
「A phylogeny for kingdom Fungi, Deep Hypha issue」
(ディープ ハイファ特集号 “菌界の系統” )

Mycological Society of America (米国菌学会)  
参考価格 6,900円(送料別、税込み)、“在庫切れ”
英語。21.7x28.0cm。278+8ページ。原色図版・白黒図版・系統図多数。ペーパーバック。
 最新の研究成果に基づく菌類の系統分類を提示する24論文を収載。
 (1) Overview of Kingdom Fungi(菌界の概観)、(2) Early Diverging Lineages(早期に分岐した系統:接合菌など)、(3) Basidiomycota(担子菌門)、(4) Ascomycota(子のう菌門)の4章立て。
“もう本書を見ずして菌類分類は語れない!”
 本書の他に英国菌学会誌 Mycological Researchに載った次の論文も重要。図書館でコピーすると良い。  
 Hibbet, D.S. et al. (2007) A higher-level phylogenetic classification of the fungi. Mycological Research, Vol. 111, Issue 5, 2007, pp. 509-547.

Genera of Endgonales

“在庫切れ”
Genera_of_Endogonales.jpg
Yao,Y.-J., D.N. Pegler & T.W.K. Young (1996)
Genera of Endgonales
(エンドゴウン目の属)

Royal Botanic Gardens, Kew  
参考価格 5,150円(税込み、送料別)、 在庫切れ中
“地下生菌に興味ある方にお勧め”
英語。15.5x24.8cm。229ページ、うち白黒図版29ページ。ソフトバック。
 エンドゴウン目(接合菌門)は、「Pea Truffles」(豆トリュフ)と呼ばれる小さな球形の子実体を地中の浅いところ、もしくは地面すれすれのところにつくる接合菌の仲間だ。本書は、このエンドゴウン目の包括的解説書。
 まずエンドゴウン目研究史を解説し、エンドゴウン目およびエンドゴウン科を再定義し、この科に含まれる9属への検索表2つを提供する。各論部では9属にわたる種を詳細解説し、既知種のタイプ標本を詳細検討し再記載する。巻末には、29ページにわたる走査電顕と光学顕微鏡による顕微鏡写真がある。
なお、本書の扱うエンドゴウン目は、接合胞子をつくることから接合菌類(門)(Zygomycota)と呼ぶ菌群に属する。

音楽

 ブログにはほとんど書かないが、店主の佐野は音楽が好きだ。これを書いている今も、バッハのバイオリンとオーボエのための協奏曲 BWV1060R、フルートとバイオリンのための協奏曲 BWV1044、それにハープシーコードのための協奏曲 BWV1052が入ったCDを小さく鳴らしている。対位法だのフーガだのという難しいことはわからないが、静かで心安らぐ曲だ。

 インターネットで曲をダウンロードできるようになってCDの価格が大きく下がったように感じる。CDが出始めたころは国内版はLPレコードと同じ1枚3千円ほどもした。それがどうだ。今は廉価版なら国内版でも1枚千円程度、オークションならもっと安く買える。何枚もが組になったセットものではさらに安くなる。若くして亡くなった天才チェロ奏者ジャクリーヌ・デュプレの17枚組EMI全録音集は新品だったが1枚当たり250円という激安価格で落札できた。

 相生という田舎に住んでいると生の演奏に接する機会はほとんどない。CDで聞くことがほとんどだ。しかし、「コンサートホールで一期一会の生の演奏を聴くことこそ本当の音楽鑑賞だ。何本ものマイクを立てて拾ったさまざまな音源からの音をミキシングして作り上げたCDの音楽を、プレーヤー、アンプ、スピーカなどいくつもの機械を通して聞くなど人工の極致で、生の演奏からはほど遠いものだと」いう主張がある。確かにそうかもしれない。CDはいわば音楽の缶詰だ。さばの味噌煮缶詰は、生のさばの味噌煮と味は比べようもない。しかし、今は亡きフルトベングラーやバーンスタインの指揮する名演を聴くことができるのも、CDという缶詰のおかげだ。

The Mycota Vol. 7A ・B

The_Mycota_Vol._7A.jpg
McLaughlin,D.J. and P.A. Lemke (Eds.) (2000)
The Mycota Vol. 7A Systematics and Evolution Part A
(ザ菌類 第7巻A 系統分類と進化 PartA)

Springer
ISBN 3-540-58008-5
価格 51,040円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(在庫)
英語。20+366ページ。217図。ハードカバー。
Part A, includes an overview of the fungal hierarchy, Pseudomycota, Chytridiomycota, Zygomycota, Ascomycota and their yeasts, and anamorphic states.
The_Mycota_Vol._7B.jpg
McLaughlin,D.J., E.G. McLaughlin & P.A. Lemke (Eds.) (2001)
The Mycota Vol. 7B Systematics and Evolution Part B
(ザ菌類 第7巻B 系統分類と進化 PartB)

Springer
ISBN 3-540-66493-9
価格 36,020円(税込み、送料別)納期 2週間(在庫)
英語。20+259ページ。120図。ハードカバー。
Part B, includes the Basidiomycota and their yeasts, and chapters on speciation, molecular evolution, preservation, computer techniques, and nomenclature.
*「分子系統学・分子進化学の発展を背景に、この10年間ほどの間に劇的進展をみた菌類分子系統分類学の研究成果も、第7巻Part A & B の中で論じられている」 杉山純多編(2005)『菌類・細菌・ウイルスの多様性と系統』 バイオダイバーシティ・シリーズ 4 裳華房 第2部 2章 42ページ

内容:→「全文を表示」をクリック

続きを読む

霊芝培養彩色図誌

“販売終了しました(2010年4月30日)”
“1冊、書庫で見つかりましたので紹介します”
A_Cultural_Atlas_of_Some_Ganoderma_Cultures.jpg
Wang, Bor-Cheh & Jack Hua (1991)
A Cultural Atlas of Some Ganoderma Cultures
(霊芝培養彩色図誌)

Mycological monograph No. 4
Culture Collection and Reserach Center(CCRC)(食品工業発展研究所)、台湾
(参考)価格 7,420円(税込み、送料別) 販売終了(今後の入手はありません)
英語・中国語併記。20x28cm。131ページ。原色写真・顕微鏡写真多数。ソフトバック。
 CCRCの保存するマンネンタケ属14種50菌株を、MEAおよびPDA培地で2週間および6週間培養した写真、顕微鏡写真、温度別成長曲線、ザイモグラムとたんぱく質電気泳動パターンを付け、記載する。検索表あり。

Mycotaxon Vol. 112 April-June 2010

“新紹介” ( この巻以外の既刊分も取り寄せ可能です )
MycotaxonVol_112Apr-Jun2010.jpg
Mycotaxon Vol. 112 April-June 2010. Mycotaxon Ltd.
価格 6800円 納期 4-6週間
英語。15.3x22.8cm。6+518ページ。
主に菌類分類に関する多数の報文を載せる。大型菌類(きのこ)の新種発表も多数。
全報文のタイトルと著者は URL:http://www.mycotaxon.com/vol/112.html を参照(本文を見ることは出来ません)。
佐野が興味を持った報文のは次のとおり。
なおMycotaxonは2011年1月から全面的にオンライン版に移行し、紙版はなくなるとアナウンスされている。
(著者名略)
・Phallus roseus, first record in the neotoropics pp. 5-8
・Lactarius rupestris - a new species from the Brasilian semi-arid region. pp. 55-63
・Type studies and nomenclatural revision in Parasola (Psathyrellaceae) and related taxa. pp. 103-141
・Two new marasmielloyd fungi widely distributed in the Republic of Korea. pp. 189-199
 (韓国に広く分布するMarasmiellus 2種を新種記載する。これらは日本にも分布しそう)
・New and noteworthy Entoloma species from the Primorsky Territory, Russian Far East. pp. 231-255
 (極東ロシア、沿海地方に分布するEntoloma 6種を新種記載する。これらも日本にも分布しそう。原色写真をちょっと見すると、E. parridocarpumは房総で珍重されるあの食用きのこに似る。もっとも房総と沿海地方とでは植生が違うが。柄も傘も濃紺でひだが白いE. eugeneiはどこかで見たような...)
・Contribution to study of gasteroid and secotioid fungi of Chihuahua, Mexico. pp. 291-315.
備考:Mycotaxonの第1巻から第102巻までは「CYBERLIBER website」見ることが出来る。
佐野独り言:
日本にも分布するだろうきのこが近隣国で採集され次々と新種発表されている。ぜひ日本産で日本人が新種発表してほしい。

DVD-ROM、 Mycology

DVD_Mycology_Vol_1.jpg DVD_Mycology_Vol_1b.jpg
Webster, John (2006)
「Interactive DVD-ROM、 Mycology Vol. 1 Lower fungi and fungus-like organisms」
(インターラクティブDVD-ROM, 菌類学 第1巻 下等菌類と菌類類似の生物) 

価格 第1巻と第2巻のセット28,740円(税込み)、納期:ご注文後約6-8週間(お取寄せ)
DVD-ROM、160シーン合計約70分。解説英語。要求システム:Windows 2000またはXPのDVDドライブ付きパソコン。少なくとも128MB以上のメモリー(RAM)装備。
 定評のある菌類学教科書、John Webster著「Introduction to Fungi」 (菌類入門)の最新第3版(2007)にもとづく菌類を総合解説するDVD-ROM。第1巻は、Myxomycota(変形菌類)、Oomycota(卵菌類)、Zygomycota(接合菌類)ほかのいわゆる広義の下等菌類を扱う。各分類群の胞子からの発芽、成長、繁殖など生活環の重要場面160シーン合計約70分相当の動画とそれを補完する静止画が入っている。さらに302ページ相当の印刷可能なPDFファイルも入る。
 高価だが、顕微鏡撮影された微小な菌類が生長・繁殖する様をリアルな動画で見ることが出来る。紙の本ではとうてい望めない、まさに 「百聞は一見にしかず」 のことわざどおり、菌類の生き様が眼前のモニター上に展開する稀有な体験が出来る。菌類を知りたい方に大いにお奨め。

DVD_Mycology_Vo_l2.jpg DVD_Mycology_Vol_2b.jpg
Webster, John (2007)
「Interactive DVD-ROM, Mycology Vol. 2 Higher fungi. Second revised Edition」 
(インターラクティブDVD-ROM 菌類学第2巻 高等菌類 改訂第2版)
 
IWF Wissen und Medien gGmbH, Goettingen, Germany 
価格 第1巻と第2巻のセット28,740円(税込み)、納期:ご注文後約6-8週間(お取寄せ)
媒体:DVD-ROM。画像約70分。解説英語。要求システム:Windows 2000またはXPのDVDドライブ付きパソコン。少なくとも128MB以上のメモリー(RAM)装備。
 この第2巻は、子のう菌類と担子菌類の二つの菌類群を270におよぶ静止画と70分近い動画、および文字で解説する。まず二つの菌類群の一般的ライフサイクルを静止画と動画で解説し、さらに下位分類群のライフサイクルや生態を静止画と動画で解説する。担子菌では、菌糸にクランプが形成され、その中を核が移動して行く様子や、担子器や担子胞子が生長していく様子、担子胞子が水滴を排出し、この働きで担子器から離れ飛んで行く様子など、容易に観察出来ない貴重な画像を動画で見ることが出来る。これらの動画は顕微鏡を使い微速度撮影されたようだ。
 高価であるが、菌類を深く真剣に知りたい方には大いにお勧めのDVD。百聞は一見に如かず!」のことわざが実感できる。

オーストラリアの菌類ガイド

“販売終了しました(2010年4月27日)”
“再紹介!在庫1冊のみ。今後の入荷予定はありません”
Fungi_Down_Under.jpg
Grey, P.M. & E. Grey (2005)
Fungi Down Under: the Fungimap Guide to Australian Fungi
(地球の反対側の菌類:オーストラリアの菌類ガイド)
  
参考価格 3,100円(税込み、送料別)  販売終了しました(2010年4月27日)
英語。15x21cm。146ページ。原色図版多数。分布図多数。ペーパーバック。
 オーストラリアで100種のキノコの分布を調査しようというFugimap(ファンジャイマップ)というプロジェクトがある。事務局を首都にある国立メルボルン植物園に置き、オーストラリア中のたくさんのキノコ愛好家がボランティアで協力している。
 本書は調査対象の100種のキノコを一般の人でも容易に同定できるよう、美しい原色写真と分布図とでわかりやすく解説した図鑑である。
 100種のキノコは、かさのあるキノコや腹菌類、硬質菌、子のう菌などの中から、オーストラリアを代表するもので、しかも野外で普通に見られる種類から選ばれている。もっともフウセンタケ属のCortinarius symeae、テングタケ属のAmanita austroviridis、多孔菌のFlabellophora superpositaなどのように、これまでに1・2回しか発生記録がない珍しいものもある。
 珍菌以外の興味深い種には、カゴタケの仲間の2種、クチベニタケの仲間の2種、内陸の砂漠地帯にのみ産する腹菌のPodaxis 属とSchizostoma属の各1種、 タスマニア島のみに産し、ほぼ地下性菌化したClaustula属の1種などのほか、写真家の伊沢さんがワギナタケと呼んだ周りに剛毛をはやした肉ピンク色のチャワンタケCookeina属の1種がある。もちろんミナミブナに発生し食用にもなる有名なキッタリア属の1種もある。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Mycotaxon Vol. 110

“新刊”
Mycotaxon110.jpg
Mycotaxon Vol. 110 Octber-Decmber 2009。Mycotaxon Ltd.
価格7,700円(税込み、送料別)送料340円(ゆうメール)
納期:在庫切れ、ご注文後約4・5週間。
英語。15.3x22.8cm。8+580ページ。
載せられた報文が多くて数え切れない。次の報文は大変興味深い。
・Manjón, José L., Luis G. García-Montero, Pablo Alvarado, Gabriel Moreno & Gabriella Di Massimo.
「Tuber pseudoexcavatum versus T. pseudohimalayense -; new data on the molecular taxonomy and mycorrhizae of Chinese truffles.」 Mycotaxon 110: 399-412. 2009.
(形態は類似するが違う名前の付いたヨーロッパ産とアジア産トリュフ2種とやや違う1種の分子遺伝学的比較。その結果は?アジア産とヨーロッパ産は他人のそら似?結果は興味深い)
佐野コメント : トリュフ属は、菌根性でホスト植物に密接に依存し、しかも地下生菌のため胞子の分散が非常に難しい。しかしそのようなトリュフ属でヨーロッパ産とアジア産とが異なった種として学名が付けられていても、分子遺伝学的にはシノニム(同種異名)の場合があることを本報文は示す。
 最近、「同じ学名の付いたアジア産とヨーロッパ産の大型菌類(きのこ)を遺伝子分析したところ別種にすべきだという結果が出た。昔の碩学が日本産きのこに形態的に類似したヨーロッパ産きのこの学名を当てはめたことは妥当だったろうか?」という主旨の意見を聞く。しかし、昔の碩学が行ったことが妥当な場合があることをこの報文は示す。どのような場合でも、限られた例から得られた結果をそのまま普遍化・一般化することには慎重でありたい。

・Trierveiler-Pereira, Larissa, Allyne Cristina Gomes-Silva & Iuri Goulart Baseia. Notes on gasteroid fungi of the Brazilian Amazon rainforest. Mycotaxon 110: 73-80. 2009.(ブラジル、アマゾン熱帯雨林産腹菌類)
・Ortiz-Santana, Beatriz, David P. Lewis & Ernst E. Both. A new Boletus from North America. Mycotaxon 110: 211-211;217. 2009.(北米産イグチ新種1)
・Kovács, Gábor M., María P. Martín & Francisco D. Calonge. First record of Mattirolomyces terfezioides from the Iberian Peninsula: its southern- and westernmost locality. Mycotaxon 110: 32-330. 2009.(イベリア半島新産地下生菌1)
・Ramírez-Ortega, José Martín, Efraín De Luna & Arturo Estrada-Torres. A phylogeny of Cribrariaceae among Myxomycetes derived from morphological characters. Mycotaxon 110: 331–355. 2009.(変形菌 Cribrariaceaeの形態形質を用いた分岐分類法による系統)

バックナンバー小部数在庫あり。各巻7,700円。

Sarcosomataceae (Pezizales, Sarcoscyphineae)

“チャワンタケ好きの方にお勧め”
FloraNeoptropica37.jpg
Paden, J.W. (1983)
「Sarcosomataceae (Pezizales, Sarcoscyphineae)」
(クロチャワンタケ科 (チャワンタケ目、ベニチャワンタケ亜目)) 
Flora Neotropica 37 

The New York Botanical Garden Press
参考価格 3,830円、送料別、在庫切れ
英語、17.5x25.5cm。17ページ。ペーパーバック。顕微鏡写真
 メキシコからブラジル・アルゼンチン北部にかけての新熱帯区の植物や菌類を網羅するフロラとして出版が続けられているFlora Neotropica の第37巻。新熱帯区に産するクロチャワンタケ科の2属6種を詳細記載する。うち1種は新組合せ。

オーストラリアの菌類第2巻B

在庫切れ
Fungi_of_Australia_Vol-2B.jpg
Fungi of Australia Vol. 2B
Catalogue and Bibliography of Australian Fungi 2. Basidiomycota p.p. & Myxomycota p.p.
(オーストラリアの菌類第2巻B、菌類目録と参考文献第2部:担子菌門の一部・変形菌門の一部)(2003)

Australian Biological Resources Study (ABRS) / CSIRO Publishing
概算価格 15,300円(税込み、送料別)、在庫切れ 
英語。18.5x26cm。32+452ページ。うち原色写真16ページ。ハードバック。
 この第2B巻は、菌類目録全3分冊の中の第2分冊目。第2A巻に載せたハラタケ類とイグチ類を除く大型担子菌類と変形菌門の大部分を扱う。腹菌類のLycoperdales, Nidularilare, Screlodermatales, Tulostomatalesも本書に載る。
 内容は第2A巻と同じく菌類リストと文献リストが主だが、本書では、第2A巻と異なり、16ページにわたりキノコの原色写真を載せる。原色写真には、腹菌類のBattarea stevenii, Phellorinia herculeana subsp. Herculeana, Mutinus borneensis, Phallus indusiatus, Phallus rubicundus, Pseudocolus fusiformisなど珍しいものがあり、また10種の変形菌の写真も載せる。

折原氏のジャガイモタケ論文

“高校生の時から菌類懇話会の会員である折原貴道氏(鳥取大学大学院)のジャガイモタケ(Octaviania columellifera)についての論文が米国菌学会誌Mycologia, 102 (1), 2010に掲載されました!”
(この巻はしばらく前に到着していたのですが、ほったらかしで気がつきませんでした。申し訳ありません)

「本論文で、クラマノジャガイモタケがジャガイモタケの誤同定であったこと(前々から話していたことですが)、ジャガイモタケは、元来のOctaviania 属とは系統的に異なるキッコウアワタケ複合種Xerocomus chrysenteron complexに近縁な地下生菌であったことを明らかにし、本種に新属Heliogasterおよび新組み合わせH. columellifer を与えました。
また、長年絶滅危惧種扱いにされてきたミツエタケArcangeliella mitsueae ImaiがジャガイモタケH. columellifer のシノニムであることも明示しました。」以上折原貴道氏

MYcologia102(1)2010.jpg
Taxonomic reconsideration of a sequestrate fungus, Octaviania columellifera, with the proposal of a new genus, Heliogaster, and its phylogenetic relationships in the Boletales
Mycologia, 102 (1), 2010, pp. 108-121
要旨:
 During taxonomic revision of genus Octaviania in Japan we examined herbarium and fresh specimens of O. columellifera and O. asterosperma sensu S. Yoshimi & Y. Doi with morphological and molecular techniques. These two species were identical in both macro- and micromorphological characters and were clearly different from the generally known O. asterosperma. The identity of the two species and their distinctness from O. asterosperma was further supported by both nuclear large subunit and ITS rDNA phylogeny. The molecular analyses also revealed that O. columellifera shares its lineage with the boletoid mushroom-forming Xerocomus chrysenteron complex and that it does not form a monophyletic clade with other Octaviania species. Our morphological reevaluation, including transmission electron microscopic observation of basidiospores, clarified the taxonomic boundary between O. columellifera and other Japanese Octaviania species. Accordingly we propose a new genus, Heliogaster, for O. columellifera with designation of the lectotype. We discuss phylogenetic relationships with Octaviania sensu stricto species and the closely related boletoid (pileate-stipitate) fungi, generic characters of Heliogaster and intraspecific phylogeny.

 本論文のコピーをご希望の方にPDFファイルでお送りいたします。ただし容量1.64MB (14ページ図・写真付き)です。件名欄に「折原論文送付希望」と書いて e_sano@d2.dion.ne.jp(@は半角にしてください)まで電子メールをお送りください。論文を添付した返信メールをお送りします。

古書のご案内0924

古書をご案内いたします。
(2011年8月24日現在)

6.
訂正増補日本菌類目録
白井光太郎著 原摂祐再訂増補(昭和2年第3版)(昭和56年復刻版)「訂正増補 日本菌類目録」 有明書房
価格4200円(税込み)+ 送料340円(ゆうメール)
状態美品。B6版。448+30+12+4ページ。ハードカバー、ケース付。

10.
きのこの一生
堀越孝雄・鈴木彰 (1990初版) 「きのこの一生 きのこの生物学シリーズ4」 築地書館
価格4000円(税込み)+ 送料160円(メール便)
状態良、背日焼け。A5版。163ページ。ペーパーバック、カバー付。

オーストラリアの菌類第1B巻

在庫切れ
Fungi_of_Australia_Vol_1B.gif
Fungi of Australia Vol. 1B
Introduction-Fungi in the Environment
(オーストラリアの菌類第1B巻、総論-環境中の菌類)(1996)

Australian Biological Resources Study (ABRS) / CSIRO Publishing
参考価格 11,800円(税込み、送料別)、在庫切れ
英語。18.5x26cm。23+405ページ。うち原色写真16ページ。ハードバック。
 第1巻2冊目の本書は、「環境中の菌類」と題しオーストラリアのさまざまな環境に生息する菌類や、動物や植物と関わりを持つ菌類についての報告集である。
 「淡水の菌類」、「海洋の菌類」、「植物寄生菌」、「木材腐朽菌」、「節足動物と菌との共生」、「オーストラリアに生息する草食動物の消化器官に生息する菌類」、「オーストラリアに生息する哺乳動物のエサとなっている菌類」、「原住民のアボリジニーの菌類について有する知識と菌類の利用」など興味深いテーマがある。原色写真にも、Paecilomyces cicadae, Cordyceps gunnii, Nomuraea atypicolaクモタケ, Nomuraea rileyiなどの虫寄生菌や、食用のCyttaria gunnii, Chairomycs aboriginum(地下性菌)、さらに半地下性菌でまだ柄がのこっているMacowanites sp.やArcangeliella spなど珍しいものが載っている。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Molecular Identification of Fungi

在庫切れ
Molecular_Identification_of_Fungi.jpg
Gherbawy, Youssuf & Kerstin Voigt (eds.) (2010)
Molecular Identification of Fungi (菌類の分子に基づく同定)

Springer
参考価格 23,500円(税込み、送料別)、在庫切れ
納期 2010年4月20日ごろ(2010年3月末出版)
英語。11+501ページ。96図、うち原色図48。ハードカバー。
論文集。Part 1 植物病原と環境生物としての菌類、Part 2 ヒト病原と臨床の菌類の二つの分野に分けて最新の研究成果に基づく20論文を収載。
本書は、菌類の遺伝子分析に関係する方々、植物病理・医真菌などに関係する方々向け。
右下の「全文を表示」をクリックすると目次を見ることが出来ます。


続きを読む

Persoonia Vol. 25 - Vol. 20

PERSOONIA_Vol_25.jpg
Persoonia Vol. 25, 2010 (2010年第25巻)、(2010年12月発行)
価格 6,550円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(在庫)
掲載論文は次の通り:
・Abdollahzadeh J, Javadi A, Mohammadi Goltapeh E, Zare R, Phillips AJL.
「Phylogeny and morphology of four new species of Lasiodiplodia from Iran」 pp01–10
・Stadler M, Fournier J, Gardt S, Peršoh D.
「The phylogenetic position of Rhopalostroma as inferred from a polythetic approach」 pp11–21
・Bala K, Robideau GP, Désaulniers N, de Cock AWAM, Lévesque CA.
「Taxonomy, DNA barcoding and phylogeny of three new species of Pythium from Canada」 pp22–31
・Bezuidenhout CM, Denman S, Kirk SA, Botha WJ, Mostert L, McLeod A.
「Phytophthora taxa associated with cultivated Agathosma, with emphasis on the P. citricola complex and P. capensis sp. nov」 pp32–49
・Hyde KD, Chomnunti P, Crous PW, Groenewald JZ, Damm U, Ko Ko TW, Shivas RG, Summerell BA, Tan YP,
「A case for re-inventory of Australia’s plant pathogens」 pp50–60
・Cruywagen EM, de Beer ZW, Roux J, Wingfield MJ.
「Three new Graphium species from baobab trees in South Africa and Madagascar」 pp61–71
・Linnakoski R, de Beer ZW, Ahtiainen J, Sidorov E, Niemelä P, Pappinen A, Wingfield MJ.
「Ophiostoma spp. associated with pine- and spruce-infesting bark beetles in Finland and Russia」 pp72–93.
・Paciura D, de Beer ZW, Jacobs K, Zhou XD, Ye H, Wingfield MJ.
「Eight new Leptographium species associated with tree-infesting bark beetles in China」 pp94–108.
・Hulvey J, Telle S, Nigrelli L, Lamour K, Thines M.
「Salisapiliaceae – a new family of oomycetes from marsh grass litter of southeastern North America」 pp109–116.

PERSOONIA_Vol_24.jpg
Persoonia Vol. 24, 2010 (2010年第24巻)、(2010年6月発行)
価格 6,550円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(在庫)
10論文を所収。注目は下記:
● Hawksworth DL, Millanes AM, Wedin M. 「Roselliniella revealed as an overlooked genus of Hypocreales, with the description of a second species on parmelioid lichens」 
● Takamatsu S, Niinomi S, Harada M, Havrylenko M. 「Molecular phylogenetic analyses reveal a close evolutionary relationship between Podosphaera (Erysiphales: Erysiphaceae) and its rosaceous hosts」 pp 38-48
● Antonín V, Ryoo R, Shin HD. 「Marasmioid and gymnopoid fungi of the Republic of Korea. 2.Marasmius sect. Globulares」 pp49-59
● Danks M, Lebel T, Vernes K.
「Cort short on a mountaintop’ – Eight new species of sequestrate Cortinarius from sub-alpine Australia and affinities to sections within the genus」 (オーストラリアの亜高山帯に産する腹菌化したフウセンタケ属の8新種)pp106-126

Persoonia_Vol_23.gif
Persoonia Vol. 23, 2009
参考価格7,820円(税込み、送料別) 納期 6-8週間(在庫切れ、お取寄せ)
● T Shirouzu, D Hirose, S Tokumasu. 2009 Taxonomic study of the Japanese Dacrymycetes. Persoonia 23: 16–34.(白水先生と徳増先生の論文です)
● E Larsson, M Ryberg, PA Moreau, Å Delcuse Mathiesen, S Jacobsson. 2009 Taxonomy and evolutionary relationships within species of section Rimosae (Inocybe) based on ITS, LSU and mtSSU sequence data.Persoonia 23: 86–98.
● D Co-David, D Langeveld, ME Noordeloos. 2009 Molecular phylogeny and spore evolution of Entolomataceae. Persoonia 23: 147–176.(イッポンシメジ科の分子系統と胞子の進化)

Persoonia_Vol_22.gif
Persoonia Vol. 22, 2009
価格 6,550円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(在庫)
● Schoch CL, Wang Z, Townsend JP, Spatafora JW. 2009 Geoglossomycetes cl. nov., Geoglossales ord. nov. and taxa above class rank in the Ascomycota Tree of Life. Persoonia 22: 129–138

Persoonia_Vol_21.gif
Persoonia Vol. 21, 2008
価格 6,550円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(在庫)
● Zhao R-L, Desjardin DE, Soytong K, Hyde KD. 2008 A new species of bird’s nest fungi: characterisation of Cyathus subglobisporus sp. nov. based on morphological and molecular data. Persoonia 21: 71–76.(チャダイゴケ属の1新種)

Persoonia Vol. 20, June 2008
参考価格7,370円(税込み、送料別) 納期 6-8週間(在庫切れ、お取寄せ)
英語。A4判。107ページ。原色写真あり。ペーパーバック。
 Persooniaは本号から、従来の担子菌の分類を専門とする雑誌から、菌類の分子系統や進化を専門とする専門誌に大きく変貌した。発行元に、従来のNational Herbarium Nederland Leiden University branchに加え、Centraalbureau voor Schimmelcultures (略称CBS)が加わり、2機関の共同出版物になった。さらに版形をA4版に拡大し、全ページ原色図版になった。年2回発行。
 注目論文:pp1-7:A phylogenetic study of Boletus section Boletus in Europe(ヨーロッパ産ヤマドリタケ属ヤマドリタケ節の系統研究)
 その他論文:pp59-86:host specificity and speciation of Mycosphaerella and Teatosphaeria species associated with leaf spots of Proteaceae(ヤマモガシ科の病斑葉に共生するMycosphaerella属とTeatosphaeria属の種のホスト特異性と種分化)、など微小菌類の6論文。

Persoonia Vol. 19 - Vol. 18

Persoonia19_2_2007.jpg
Persoonia Vol. 19, Part 2, August 2007(ペルスーニア第19巻2号、2007年8月) 
価格5,180円(税込み、送料別) 納期 1週間以内(小部数在庫)
英語、一部仏語。16.0x24.0cm。139ページ、うち原色図版17ページ、他に線画。ペーパーバック。
8報文を載せる。うち番号(1)は33新種を記載をするイッポンシメジ属に興味を持つ方の必読・必携報文。(2)は腹菌類と地下生菌化途中のきのこの報文で、この仲間に興味を持つ方は必携。その他、南部スペイン産Tublicium属新種記載、ピレネー山脈の稀産Pluteusウラベニガサ属報文、オランダ産Hygrocybeアカヤマタケ属の新種記載、キシメジ科の新種記載など。
(1) Gates, G.M. & M. Noordeloos: Preliminary studies in the genus Entoloma in Tasmania-I (タスマニア島産イッポンシメジ属の予備的研究その1)、pp157-226。オーストラリア、タスマニア島産イッポンシメジ属33新種を原色写真・顕微鏡図を付け新種記載する。
(2) Moreno, G., M. Esqueda, E. Perez-Silva, T. Herrera & A. Altes: Some interesting gasteroid and secotioid fungi from Sorona, Mexico (メキシコ、ソロナ州の興味深い腹菌類とセコチオイド型菌類*)、pp265-280。*セコチオイド:成熟してもカサが開かないなど腹菌化途中の形態。

Persoonia19_1_2006.jpg
Persoonia Vol. 19, Part 1, May 2006(ペルスーニア第19巻1号、2006年5月)
National Herbarium Nederland, Universiteit Leiden branch 
価格5,180円(税込み、送料別) 納期 3週間(小部数在庫)
英語。16.0x24.0cm。156ページ。本文中に線画、白黒顕微鏡図、原色写真あり。ペーパーバック。
  クヌギタケ属・イッポンシメジ属・アカヤマタケ属に興味のある方に必読・必携の次の報文が三つ。いずれも50ページ前後の大報文。他にPluteusウラベニガサ属1新種1既知種の記載が一つ。 
(1) Robich, R.: A revised key to the species of Mycena section Fraglipedes of the Northern Hemisphere (北半球のクヌギタケ属アクニオイタケ節の改訂検索表)、pp1-43。2003年までに記載された北半球産クヌギタケ属アクニオイタケ節全87種3変種の検索表。
(2) Manimohan, P. M.E. Noordeloos & A.M. Dhanya: Studies on the genus Entoloma (Basidiomycetes, Agaricales) in Kerala State, India (インド、ケララ州産イッポンシメジ属の研究)、pp45-93。インド、ケララ州産のイッポンシメジ属全種の検索表を載せ、新種15種を線画・顕微鏡写真を付け詳細に記載する。
(3) Leelavathy, K.M., P. Manimohan & E.J.M. Arnolds: Hygrocybe in KeraLa State, India (インド、ケララ州のアカヤマタケ属)、pp101-151。10新種・2新変種を含む25種のケララ州産アカヤマタケ属を検索表と線画と4原色写真をつけ詳細に記載する。

Persoonia Vol. 18 Part 4, (2005)
National Herbarium Nederland
価格 4,500円(税込み、送料別) 、納期約6週間(お取寄せ)
英語。16x24cm。ペーパーバック。

Persoonia Vol. 18, Part 3 (2004)
National Herbarium Nederland

価格 4,000円(税込み、送料別) 、納期2週間以内(小部数在庫)
英語。16x24cm。ペーパーバック。
内容:
・Duur K. Aanen & Thomas W. Kuyper「A comparison of the application of a biological and phenetic species concept in the Hebeloma crustuliniforme complex within a phylogenetic framework」
H. Clemenson「Primordium formation in Hydropus subalpinus (Tricholomatales, Basidiomycetes)」
・Vladimir Antonin「Notes on the genus Fayodia s.l. (Tricholomataceae) - II. Type studies of European species described in the genera Fayodia and Gamundia」
・Victor M. Bandala, Leticia Montoya & Daniel Jarvio「Two interesting records of boletes found in coffee plantations in eastern Mexico」
・Dieter Benkert & Emiel Brouwer「New species of Octospora and some further remarkable bryoparasitic Pezizales from the Netherlands」
・Slavomir Adamcik「Studies on Russula clavipes and related taxa of Russula section Xerampelinae with a predominantly olivaceous pileus」
・H. Clemenson「Basidiome development of Baeospora myosura (Tricholomatales, Basidiomycetes)」
・Thomas Laessoe & Leo M. JalinkThomas「Chlorogaster dipterocarpi, a new peristomate gasteroid taxon of the Sclerodermataceae」
・M.M. Nauta「Pseudobaeospora lavendulamellata, a new species from Kerala, India」
・E.J.M. Arnolds, K.M. Leelavathy & P. Manimohan「Pseudobaeospora lavendulamellata, a new species from Kerala, India」

Persoonia18_2_2003_.jpg
Persoonia Vol. 18, Part 2 (2003)
National Herbarium Nederland

価格 4,000円(税込み、送料別)、納期 1週間以内(小部数在庫)
英語。16x24cm。149-283(135)ページ。ペーパーバック。
13論文と2編の追悼文を収録。追悼文は2003年5月18日92歳で亡くなったMycenaの研究者Rudolf Maas Geesteranus氏と、同年4月6日、64歳で亡くなったCoprinusの研究者Kees Ulje氏にささげるもの。
筆者の興味を引く論文は次のとおり。
①Moreno, G. A. Altes & C. Ochoba: 「Notes on some type materials of Disciseda (Lycoperdaceae)」(腹菌類のドングリタケ属4種のタイプ標本を調査し、D. pedicellataはD. hyalothrixの、D. aridaはD. verrucosaのシノニム(異名)であると結論した)。
②Ulje, C.B. & P.-J. Keizer:「Coprinus parvulus, a new Coprinus from the Netherlands」 (ヒトヨタケ属1種の新種記載)。
③Senn, B.-Irlet & G. Immerzeel: 「Crepidotus cristatus, a new yellow species from the Netherlands」 (チャヒラタケ属1種の新種記載)。
④Nauta, M.M.: 「Anew Agrocybe on woodchips in northwestern Europe」 (フミヅキタケ属1種の新種記載)。
・このほかFlora agaricina neerlandica Vol.6の作成過程で判明したBolbitus, Coprinus、Conocybeおよび Pholiotaの新種記載や新組合せの論文4本を収める。

本号には佐野書店が出版援助を行ったAdhikari, M.K. 2000 「MUSHROOMS OF NEPAL」(ネパールのキノコ)を高く評価する書評が載っている。(佐野書店で発売中)

コスタリカのきのこ

“販売終了しました”(2010年6月24日)
“多様で豊かな生態系を有する中米、コスタリカのきのこ図鑑!”
(2007年6月文献案内で紹介。単独では初紹介!)

Macrohongos_de_CostaRicaVol_1.jpg  Macrohongos_de_CostaRicaVol_2.jpg
Mata, Milagro (2003) 
「Costa Rica Mushrooms Vol. 1, 2nd edition」 (コスタリカのキノコ 第1巻 第2版)
および
Mata, Milagro, Roy Halling & G.M. Mueller (2003) 
「Costa Rica Mushrooms Vol. 2」 (コスタリカのキノコ 第2巻)
  
Instituto Nacional de Biodiversidad (国立生物多様性研究所)略称:INBio。
価格 第1巻と第2巻との2冊1組 8,780円(税込み、送料別) 
“販売終了しました”(2010年6月24日) 追加入手はありません。

第1巻:英語・スペイン語併記。12.9x20.3cm。256ページ。原色写真多数。ペーパーバック。
第2巻:英語・スペイン語併記。12.9x20.3cm。240ページ。原色写真多数。ペーパーバック。
 中米のコスタリカは北緯8~11度の熱帯に位置するが、標高3千メートルに及ぶ山地があり、低地の熱帯雨林から冷涼な高山帯まで気候は多様で豊かな生態系を有する。発生するきのこも多様性に富み大変興味深い地域である。
 2巻に分かれた本書は小型の図鑑であるが、中米特産のきのこが多く解説されている。
 以前、日本で新発見のイグチの仲間が遠くコスタリカで記載された種であると分かったことがある。コスタリカと日本とに隔離分布していたのだ。そういう意味で本書は日本産不明種の同定に欠かせない重要な参考書の一つであろう。
また、硬質菌も多く載っており硬質菌に興味のあるかたにもお勧めの図鑑。

 第1巻は子のう菌のCordyceps melolanthaeヤエヤマコメツキムシタケやCookeina tricholomaアラゲウスベニコップタケなどから担子菌のBoletus flavoniger和名なし、B. auriporus和名なしなど90種を英語・スペイン語の二ヶ国語で解説する。その他テングタケ属のAmanita bruneolocularis和名なし,ナラタケ属のArmilaria puigarii和名なし、イグチの仲間Leccinum andinum和名なし, L. cartagoense和名なしなどこの地域特産種が載っている。日本のルリハツタケとは別種であることが最近わかった紫色の美しいチチタケLactarius indigoも載る。

 第2巻も子のう菌から担子菌まで90種を解説する。Elaphomyces variegatusアミメツチダンゴとHydonotrya tulasneiクルミタケの2種の地下性菌も載る。またこの地域特産のイグチの仲間が何種も載っておりイグチ好きには見逃せない。テングタケ属も地域特産のAmanita bisporigera和名なしとA.xylinivolva和名なしの2種が載る。Xerulaビロードツエタケ属2種のうちX. steffenii和名なしは中米特産のようだ。Squamanita umbonataカブラマツタケも珍しい。

備考:和名は勝本謙著(2010)「日本産菌類集覧」による。

竹橋誠司氏らの著者、米国菌学会誌に紹介さる

“速報!” “ 祝!”
 米国菌学会ニューズ誌“ Inoculum Vol. 61(4) 2010年8月号 " 87ページに NPO 法人 北方菌類フォーラム、竹橋 誠司氏らの著書が解説文付で大きく紹介されました。 

 解説はSystematic Mycology & Microbiology Laboratory(系統菌類学・微生物学研究所)のDrew Minnis先生です。先生は、内容紹介とそのコメントの後、
 “ The names of taxa in this book may be changed upon further study, but the quality, detailed descriptions, beautiful illustrations, and voucher specimens are an invaluable contribution to the study of fungal diversity, especially for Asian taxa, and a great resource for current and future monographers of the included genera. This book is a must-see for mycologists interested in these genera, even for those illiterate in Japanese like myself. -Drew Minnis, Systematic Mycology & Microbiology Laboratory”
 (本書で取り上げた分類名は今後の研究によって変わるかもしれない。しかし、本書の質、詳細な記載、美しい図、そして証拠標本は、菌類多様性、特にアジアの分類群の多様性の研究にとって計り知れないほどの貢献である。また、現在や今後、これらの属のモノグラフを書こうとする研究者にとり大きな源泉である。本書は、これらの属に興味のある菌類研究者、特にわたしのように日本の分類群に疎い者にとり必読書である) 
と、最大限の賛辞で文章を締めくくっています。
 おめでとう!竹橋さん。苦労が報われましたね。次の著書を期待しています。

竹橋 誠司,星野 保,糟谷 大河(著)古清水 進,竹橋 睦子(協力)
「北海道産ハラタケ類の分類学的研究:特にザラミノシメジ属,ツエタケ属,
ビロードツエタケ属,フクロタケ属,ウラベニガサ属」
(Taxonomic Studies on Agaricales of Hokkaido)

企画・発行 NPO 法人 北方菌類フォーラム
佐野書店価格 5,600円(税込み)+送料350円(1冊の場合)
5冊入荷!(これが竹橋様のところの最後の在庫です)

Coelomycetes, parts I - VII

在庫切れ
Sutton, B.C. & K.T. van Warmello (1961-1981)
Coelomycetes, I - VII,
(分生子果不完全菌類、第1部ー第7部)

Mycological Papers No. 80 (1961), No. 88 (1963), No. 97 (1964),
No. 123 (1971), No. 138 (1975), No. 141 (1977) & No. 145 (1981)
Commonwealth Mycological Institute, Kew
概算価格 7冊1組 9,040円(税込み、送料別)、在庫切れ

なお、
Sutton, BC (First published 1980, Printed on demand)
The Coelomycetes
Fungi Imperfecti with Pycnidia Acervuli and Stromata
(分生子果不完全菌類;分生子殻・分生子盤およびストロマを持つ不完全菌類)
CAB International
は、在庫切れ中です。

Syllabus of Plant Families

在庫切れ
Syllabus_of_Plant_Families3_Bryophytes.jpg
Frey, Wolfgang, Michael Stech & Eberhard Fischer (eds.)
Syllabus of Plant Families - A. Engler's Syllabus der Pflanzenfamilien
Part 3: Bryophytes and seedless Vascular Plants (2009)
(植物科シラバス:エングラー植物分類大要第13版、
第3巻:コケ植物、および種子植物以外の維管束植物(コケ類など)(2009)

Borntrager, Berlin/Stuttgart, Germany
参考価格14,000円(税込み、国内送料別)、在庫切れ
英語。17x24cm。419ページ。72図、ハードカバー。
 エングラーの植物分類体系は、長らく植物分類の基本を示すものであった。しかし、遺伝子分析の進展によりその体系は、かならずしも進化の系統を反映していないことが明らかになり、時代に後れた体系として扱われるようになった。
 そのため内容を一新した、最新の遺伝子分析の成果を反映する第13版の出版が計画された。第13版は全5巻で、旧分類体系下で広義の植物に含まれていたラン藻類、変形菌類、菌類などの生物群をも含む新旧の全植物を網羅する。本書はシリーズ最初の出版物で、コケ植物、および種子植物以外の維管束植物(シダ類など)を扱う。植物分類関係者必携の基本書の一つ。Part 1は菌類を含み、菌類関係者にも必携の1冊となるだろう。
全5巻の内訳:
Part 1 Blue-green Algae, Myxomycetes and Fungi(ラン藻類、変形菌類、菌類)
Part 2 Eukaryotic Algae(真核藻類)
Part 3今回紹介
Part 4 Seed Plants, Spermatophytes(1)(種子植物(1))
Part 5 Seed Plants, Spermatophytes(2)(種子植物(2))
なお、最新の植物分類体系を扱った最近の和書として2009年12月15日に「植物分類表」と題し2点取り上げた。

第3巻の目次:
Abbreviations, Symbols II
1 Introduction 1
2 Embryobionta 6
3 Bryophytes (Marchantiophyta, Bryophyta, Anthocerotophyta) 9
4 Marchantiophyta (Hepaticae, Liverworts) 13
5 Bryophyta (Musci, Mosses) 116
6 Anthocerotophyta 258
7 Polysporangiomorpha 264
8 "Protracheophytes" 267
9 Tracheophyta 270
Sources of Illustrations 396
Index to Taxa 400

バーデン州の大型菌類

申し訳ありません。追加分が入荷しましたが、全巻在庫切れになりました。(2010年12月21日)
Die_Grosspilze_Baden_5.jpg
German J. Krieglsteiner (ed.) (2010)
Die Grosspilze Baden Wurttembergs Band 5
(バーデンヴェルテンベルク州の大型菌類 第5巻)

参考価格 7620円(税込み、送料別) 納期 6-8週間(取寄せ)
ドイツ語。17.5x24.5cm。671ページ、本文中に472原色写真・394分布図。ハードカバー。
 2010年に第5巻が出版された。Cortinariaceae(フウセンタケ科)、Agaricaceae(ハラタケ科)、Coprinaceae(ヒトヨタケ科;旧分類を採用)の3科を取り上げる。属別では、Cortinarius(フウセンタケ属)365種、Galerina34種、Gymnopilus8種、Hebeloma38種、Inocybe114種、Naucoria12種、Phaeocollybia6種、Stagnicola1種、Agaricus46種、Melanophyllum2種、Coprinus67種、Lacrymaria1種、Panaeolus10種、Psathyrella62種を検索表、分布図、生態写真をつけ解説する。

Die_Grosspilze_Baden-Wurttembergs4.jpg
German J. Krieglsteiner (ed.) (2004)
Die Grosspilze Baden Wurttembergs Band 4
(バーデンヴェルテンベルク州の大型菌類 第4巻)

参考価格 7620円(税込み、送料別) 納期 6-8週間(取寄せ)
ドイツ語。17.5x24.5cm。467ページ、本文中に259原色写真・266分布図。ハードカバー。
 このシリーズ4巻目の本書は、Amanitaceaeテングタケ科、 Lepiotaceaeキツネノカラカサ科、 Entolomataceaeイッポンシメジ科、 Pluteaceaeウラベニガサ科、 Bolbitaceaeオキナタケ科、 Storophariaceaeモエギタケ科を扱う。原色写真と文字による説明に加え、発生地点をドットで表した分布図、発生月を標本数で表した発生月表、発生標高別の標本数を表した発生高度表などを付け、容易に理解できるよう工夫がこらされている。属別の種数を見ると、 Entolomaイッポンシメジ属124種3変種、 Lepiotaキツネノカラカサ属42種、 Pluteusウラベニガサ属29種、 Conocybeコガサタケ属34種、Amanitaテングタケ属28種などが充実している。早春から初夏に出るハルシメジ様のきのこには、Entoloma saundersii, E. sepium, E. rhodopolium, E. clypeatum, E. clypeatum var. aprileの5種・変種あることが発生月表から分かる。本シリーズは、スイス菌類図鑑と並ぶ地域菌類誌のモデルの一つではあるまいか。

Die_Gropsspilze_Baden_Wurttembergs3.jpg
Krieglsteiner, German J. (ed.) (2001)
Die Grosspilze Baden-Wurttembergs Band 3
(バーデンヴェルテンベルク州の大型菌類 第3巻)

参考価格 7620円(税込み、送料別) 納期 6-8週間(取寄せ)
ドイツ語。17.5x24.5cm。634ページ。297原色写真、メッシュ分布図多数。ハードカバー。
 ドイツ南部、バーデンヴェルテンベルク州の州の大型菌類フロラを網羅しようとする意欲的なシリーズの第3巻。この巻では、Hygrophoraceae(ヌメリガサ科)とTricholomataceae(キシメジ科)、付録としてCyphelloide Pilze(フウリンタケ型キノコ)など合計388種を扱う。ドイツ語であるが、種までの検索表、種の詳細記載(顕微鏡図なし)発生月、分布・基質などを網羅する。
 Armillaria(ナラタケ属)は、A. borealis, A. cepistipes, A. ectypa, A. gallica, A. mellea, A. ostoyae, A. tabescensの6種を解説、うち4種の原色写真が載る。変異の巾を広く取れば同種になる可能性があるというオランダの論文が出たTricholoma myomyces(ハマシメジ)とT. terreum(クマシメジ)は別種として扱われる。分布図からは T. terreumは州内に広く分布するが、T. myomycesの分布は極めてまばらであることが読み取れる。Cyphelloide Pilze(フウリンタケ型キノコ)では、Cyphella, Calathella, Calyptella, Cellypha, Flagelloscypha, Henningsomyces, Lachnella, Rectipilus, Stigmatolemma, Chromocyphella, Episphaeria, Merismodes, Pellidiscusの各属が扱われる。

Die_Gropsspilze_Baden_Wurttembergs2.jpg
Krieglsteiner, German J. (ed.) (2000)
Grosspilze Baden-Wurttembergs Band2
(バーデンヴュルテンベルク州の大型菌類第2巻)

参考価格 7620円(税込み、送料別) 納期 6-8週間(取寄せ)
ドイツ語。17.5x24.5cm。620ペ-ジ。325原色写真+35メッシュ分布図+33顕微鏡図。ハードカバー。
 ドイツ南部、バーデンヴュルテンベルク州の大型菌類フロラを網羅しようとする意欲的な菌類図鑑シリーズの第2巻。担子菌の中のアンズタケ目、ヒメツチグリ目、ホコリタケ目、コチャダイゴケ目、スッポンンタケ目、、ニセショウロ目、ケシボウズタケ目、ヒメノガステル目、ガウチエリア目、メラノガステル目、イグチ目、ベニタケ目などを扱う。ホウキタケ属38種の原色写真は圧巻。

Die_Grosspilze_Baden-Wurttembergs1.jpg
Krieglsteiner, German J.(ed.)(2000)
Die Grosspilze Baden-Wurttembergs Band1
(バーデンヴュルテンベルク州の大型菌類第1巻)

参考価格 7620円(税込み、送料別) 納期 6-8週間(取寄せ)
ドイツ語。17.5x24.5cm。629ページ。213原色写真+3原色図+422メッシュ分布図+58顕微鏡図。ハードカバー
 ドイツ南部、バーデンヴュルテンベルク州の大型菌類フロラを網羅しようとする意欲的な菌類図鑑シリーズの第1巻。異担子菌綱のキクラゲ目、アカキクラゲ目、モチビョウキン目、シロキクラゲ目、クラスネラ目、真正担子菌綱のヒダナシタケ亜綱および広義のサルノコシカケ目を扱う。多くのかたいきのこの外形写真がのっている貴重な図鑑。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ユーカリ属に発生する担子菌

FUNGI NON DELINEATI (不明確な菌類)シリーズ
(2004年9月文献案内で紹介)
Fungi_Non_Delineati_27.jpg
FUNGI NON DELINEATI Vol. 27
Lggo-Alvarez, M. & M.L. Castro (2004)
「Macrobasidiomicetos asociados a Eucalyptus en la Peninsula Iberica 」
(第27巻 イベリア半島のユーカリ属に発生する大形担子菌)

参考価格 2.540円(税込み)、送料160円(メール便)、在庫切れ中(2012年7月17日)
スペイン語。17x24cm。84ページ。ペーパーバック。原色写真・走査電顕写真23。本文中に顕微鏡図多数。
 新種記載1種:Tricholoma eucalypticum var. alboflavescens、他に新組み合わせ1種。
 多くがオーストラリア固有種であるユーカリ属は、木材や燃料用として、また公園樹として世界の各地に植栽されている。本書はイベリア半島に植栽されたユーカリ樹に発生する大形担子菌類の調査報告。多くが菌根菌である。Descomyces, Hydnagium, Hysterangium, Chondrogasterなどの地下性菌もある。日本でも各地にあるユーカリ樹を調査してみればどうだろうか。

懸命な姿が美しい!

(この記事は2010年2月15日のブログに掲載したものです。整理のため日付を移動しました)
 昨14日、相生から車で東へ20分ほどのあすかホール(兵庫県太子町)で開かれた「西播磨交響楽団第14回定期演奏会」を聞いた。「西播磨交響楽団」は兵庫県南西部を中心に活躍しているアマチュア交響楽団。指揮は原田芳彰さんという方、ピアノは佐野まり子さんという西宮出身のピアニストだ。曲目はベートーヴェン「交響曲第3番 変ホ長調作品55“英雄”」と同「ピアノ協奏曲第5番 変ホ長調作品73“皇帝”」の2曲。

 感動した!
 第1バイオリンに小学生や中学生と思しき女子3・4人が混るアマチュアオーケストラだが、そのひたむきで懸命な演奏姿に感動した。
 佐野まり子さんのピアノにも心打たれた。両の指先は流れるように軽やかに動いてきらめく音をつむぎだし、フォルティッシモをたたき出すときは、腕だけでなくお尻が持ち上がるほど全身の力がこもる。非力なオーケストラをバックに、その非力さを十二分にカバーする力強く、熱のこもった演奏だ。
 
 わたしのCDライブラリーには、「第5番《皇帝》」は、
(1)マウリッツオ・ポーリニ(ピアノ)/クラウディオ・アバド(指揮)/ベルリンフィル(1994)、
(2)ルドルフ・ゼルキン(ピアノ)/小澤征爾(指揮)/ボストン交響楽団(1981)、
(3)マウリッツオ・ポーリニ(ピアノ)/カール・ベーム(指揮)/ウイーンフィル(1976)、
(4)フリードーリッヒ・グルダ(ピアノ)/ホルスト・シュタイン(指揮)/ウイーンフィル(1970)、
(5)ルドルフ・ゼルキン(ピアノ)/レナード・バーンスタイン(指揮)/ニューヨークフィル、
(6)エドウィン・フィッシャー(ピアノ)/フルトヴェングラー(指揮)/フィルハーモニアオーケストラ(1951)
など名演と呼べるものが6枚ある。さらにウイルヘルム・バックハウス(ピアノ)/ハンス・シュミット=イッセルシュテット(指揮)/ウイーンフィルの歴史的名演のLPもある。

 しかし、これらのどの演奏よりも、佐野まり子/原田芳彰/西播磨交響楽団の演奏に心打たれた。演奏の技量・完璧さにおいては劣るだろう。しかし、その懸命な演奏姿は実に美しい。 久しぶりに感動と元気をもらった。

マンネンタケ複合種の検討

在庫切れ
Morphological_Traitsof Ganoderma
Nevo, Eviatar (Ed.) (2006)
Morphological Traits of Ganoderma lucidum - Complex highlighting G. Tsugae var. janniei. The Current Generalization
(マンネンタケ複合種の形態的特長、ツガマンネンタケの1変種G. Tsugae var. jannieiにに着目して。現時点での総括)

参考価格 5,580(税込み、送料別)、在庫切れ
英語。187ページ。原色図、SEM 写真、線画あり。ハードカバー。
 針葉樹に出るマンネンタケの仲間、G. tsugae, G. valesiacum, and G. carnosumに焦点を当て分類学的に検討を加える。さらに、中国産のG. tsugaeの標本を検討し、その独立した形態的特徴からからG. tsguae. var. jannieiを新記載する。さらにこのG. tsguae. var. jannieiから得られた知見を手がかりに、狭義のマンネンタケ(G. lucidum s.str.)に含まれる生理活性物質の知見について再検討する。

関連書:
1.
Wu Xingliang & Dai Yucheng (2005)
中国霊芝図鑑

科学出版社
価格 14,700円(税込み、送料別) 納期1 週間以内(2010年4月15日現在:在庫)
中国語。22.0x28.7cm。8+229ページ。原色写真・胞子図多数。胞子SEM 写真8ページ。
中国に産するGanodermataceae(マンネンタケ科)4属103種を多数の原色写真、胞子図、さらに胞子SEM 写真をつけ詳細に解説する。

2.
Zhao Ji-Ding (1989)
The Ganodermataceae in China
(中国産マンネンタケ科)

Bibliotheca Mycologica Band 132
ご参考(前回価格 6,400円、税込み、送料別) 納期 在庫切れ、ご注文後約10週間
英語。14.5x22.5cm。176ページ。本文中に顕微鏡図84図。
中国に産するマンネンタケ科4属86種を顕微鏡図・検索表と共に詳細解説する。

3.
Monclavo,Jean-Marc & Leif Ryvarden (1997)
A Nomenclatural Study of the Ganodemataceae Donk
(マンネンタケ科の命名法的研究)

Synopsis Fugorum11
価格 5,780円(税込み、送料別) 納期1週間以内(2010年4月15日現在:在庫1冊)
英語。110ページ。
マンネンタケ科のマンネンタケ属およびコマタケ属として発表された386種を命名法的に、および分類学的に検討を加える。マンネンタケ科研究のための必須アイテム。

台湾のAspergillusとPenicilliumのモノグラフ

“2点とも販売終了しました”(2010年4月16日)
Aspergillus_and_Related_Teleomorphs_from_Taiwan.jpg
Tzean, SS et al. (1990)
Aspergillus and related teleomorphs from Taiwan
(台湾産コウジカビ属および関連テレオモルフ)

Mycological Monograph 1
Food Industry Research and Development Institute(食品工業発展研究所)、台湾
販売終了しました(2010年4月16日)。今後の入手はありません。
英語。19.8x28.0cm。5+113ページ。本文中に顕微鏡図・顕微鏡写真多数。ペーパーバック。

Penicillium_and_Related_Teleomorphs_from_Ttaiwan.jpg
Tzean, SS et al. (1994)
Penicillium and related teleomorphs from Taiwan
(台湾産アオカビ属および関連テレオモルフ)

Mycological Monograph 9
Food Industry Research and Development Institute(食品工業発展研究所)、台湾
販売終了しました(2010年4月16日)。今後の入手はありません。
英語。19.8x28.0cm。5+159ページ。本文中に顕微鏡図・顕微鏡写真多数。ペーパーバック。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

『きのこのほん』

“佐野書店での販売は終了しました” 
きのこのほん
保坂健太郎(国立科学博物館)監修、鈴木安一郎(女子美術大学講師)写真
『きのこのほん』 2010年10月、ピエ・ブックス

参考価格2310円(税込み)、“佐野書店での販売は終了しました”
15.0x20.5cm。191ページ。ほとんど全て原色写真ページ。ペーパーッバック、カバー付。
 撮影されたきのこの名前と短文、「きのこの不思議」と題する4ページにわたる保坂先生のきのこの解説、さらに巻末の「きのこに魅せられて」と題する4ページにわたる保坂先生と鈴木先生との対談をのぞいては、すべて原色写真ページの美しいきのこ写真集だ。
 富士山の麓、御殿場にお住まいの鈴木先生は、富士山の森、特にその原始林に生えるきのこに魅せられ、美大の先生らしく構図や色彩、それにフォルムに配慮しながらきのこ写真を撮り続けられている。
 本書は、東西南北で違った表情を持っている富士山で出会ったきのこの写真を、その4つの斜面別に配列し、あたかも鈴木先生と同じように、その場で見ているような気分になれるような本として仕上げられている。
 きのこ写真家として名高い伊沢さんや大作さんのきのこ写真とはまた違った良さのあるきのこ写真である。

佐野書店の紹介

2010.12.11:法人との取引実績を更新しました

佐野書店紹介
屋号:佐野書店 (英語表記:SANO Books)
代表(店主):佐野悦三
ご注文、ご連絡は電子メールでお願いします。お急ぎの場合は携帯へ。
ご注文方法などは CATEGORIES 「ご注文方法など」を参照願います。
「ご注文方法など」:http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-category-2.html
メールアドレス: e_sanoZd2.dion.ne.jp
           (Zは半角@に変更してください) 
携帯:080-1007-2761
URL:http://sanoshoten.blog13.fc2.com/
相生:〒678-0008 兵庫県相生市栄町6-19
   Fax:0791-22-1481 (電話と共用です)
佐倉:〒285-0843 千葉県佐倉市中志津4丁目16-19
設立:2005年(平成17年)2月1日
事業の内容: 自然史、特に菌類に関する洋書の通信販売、および関連品の販売。
ならびに古書籍の取扱(千葉県公安委員会許可第441100001894号)。
備考:佐野書店は店主佐野悦三の個人事業です。
    佐野書店は通信販売専業のため、店舗はございません


法人との取引実績(順不同)
佐野書店は個人様からのご注文はもちろん、ご法人様からの直接ご注文も歓迎しております。その場合、お支払い条件はご法人様の条件をお受けいたします。
(2006年から2010年までの5年間に佐野書店に直接、公費でご注文された法人のお名前)
学校関係:
淡路景観園芸学校、石川県立大学、石川工業高等専門学校、茨城大学、大手前栄養学院、沖縄工業高等専門学校、帯広畜産大学、鹿児島工業高等専門学校、金沢大学、北里大学、京都学園大学、京都大学、釧路短期大学、神戸女学院大学、埼玉県立川越女子高等学校、信州大学、椙山女学園大学、玉川大学、筑波大学、東京大学、東京農業大学、帝京大学、東北大学、 鳥取大学、長崎県立大学シーボルト校、名古屋大学、日本大学生物資源科学部、日本大学薬学部、弘前大学、法政大学、北海道大学、三重大学、武蔵高等学校中学校、横浜国立大学、横浜薬科大学 

国や地方の研究機関等:
国立科学博物館、国際農林水産業研究センター、産業技術総合研究所、総合地球環境学研究所、 森林総合研究所、森林総合研究所九州支所
北海道立林業試験場、岩手県林業センター、栃木県農業試験場、栃木県立博物館、群馬県立自然史博物館、新潟県森林研究所、(財)東京都農林水産振興財団東京都農林総合研究センター、神奈川県立生命の星・地球博物館、山梨県森林総合研究所、愛知県農業総合試験場、岐阜県立森林文化アカデミー、大阪府立公衆衛生研究所、兵庫県森林林業技術センター、 岡山県農業総合センター農業試験場、岡山県林業試験場
(財)日本きのこセンター菌蕈研究所、(財)日本国際協力センター、(財)日本食品分析センター

民間の団体等:
(赤字は書店様からの注文です。ただし佐野書店は小売専業のため卸価格の設定は行っておりません)
旭松食品(株)、味の素(株)、アステラス製薬(株)、アサヒ飲料(株)、あぶくま菌類研究会、石田蘭園、イーストファーム(株)、一正蒲鉾(株)、魚沼きのこの会、(株)エフシージー総合研究所、関西菌類談話会、キリンファーマ㈱、(株)紀伊國屋書店大阪営業部(株)紀伊國屋書店仙台営業所、(有)ケーアイ・オギワラ、、(株)京阪神グリーン、(株)興人、三共(株)、サントリー(株)、(有)スタイルイズスティルリビング、逍雲堂美術館、(株)七宝、中外製薬(株)、(株)ツムラ (株)テクノスルガ・ラボ、東京サイエンス(株)、東京電力(株)、東新(株)、(株)当間高原リゾート、日本菌学会関東支部、 ㈱ハイファジェネシス、(株)フレット、(株)文進堂書店、三井農林(株)、メルシャン生物資源研究所、(株)メルシャンクリンテック、持田製薬工場(株)、森産業(株)、幼菌の会 
(記載漏れがあるかもしれません。その節はご容赦願います)

北海道産ハラタケ類の分類学的研究

絶版。佐野書店在庫ありません。
北海道産ハラタケ類0 北海道産ハラタケ類1
竹橋 誠司,星野 保,糟谷 大河(著)古清水 進,竹橋 睦子(協力)
「北海道産ハラタケ類の分類学的研究:特にザラミノシメジ属,ツエタケ属,
ビロードツエタケ属,フクロタケ属,ウラベニガサ属」

企画・発行 NPO 法人 北方菌類フォーラム
参考佐野書店価格 5,600円(税込み)+送料350円(1冊の場合)
絶版。佐野書店在庫なし。
ハードカバー。A4 版,本文150 ページ。和文・英文併記。
竹橋氏主催のNPO法人北方菌類フォーラム創立10周年の記念出版物。北海道中西部から南部にかけて産するきのこの竹橋氏長年の研究成果をまとめている。
 特徴をよく捕らえた原色生態写真や、丁寧に描かれた顕微鏡図に加え、顕微鏡写真もつける。ザラミノシメジ属 2 種、ウラベニガサ属4 種を日本新産種として記載し、新称和名を提唱する。共著者の星野保氏や糟屋大河氏による多彩な内容のコラムも興味深い。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード