FC2ブログ

齋藤雅典(編著)「菌根の世界」

既に多くの方にお買い上げいただきましたが、改めてご案内します。
ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

「日本菌学会ニュースレター 2021-1」の書評で本書が紹介されました。
「初学者だけでなくベテラン研究者にとっても読みごたえのある一冊」、「基礎から最新の知識までカバーした豊富な内容が、気軽に手に取れる片手サイズに収められている」、「いかに日本の菌根研究が拓かれてきたか。その歴史をたどることができる・・・」。

書評の中で「本分野のバイブルとされる専門書」として挙げられている Smith & Read, Mycorrhizal Symbiosis」 Academic Press, 2008 も佐野書店は在庫しておりますので、ご興味のある方はどうぞ。
菌根の世界1
齋藤雅典(編著)(2020/9)
「菌根の世界 菌と植物のきってもきれない関係」

特価税込2,560円(定価2,640円)、送料無料在庫
四六判、246頁+カラー口絵8頁、ハードカバー

多様な菌根の世界について総合的に解説する初めての日本語の書籍。
陸上植物の約八割が菌根菌と共生関係を結んでいるといわれる。本書は、様々な菌根を対象に研究を進めてきた研究者の方々が、それぞれの専門領域を中心に、最新の研究成果も取り込み、分かりやすく解説しようと試みた意欲的な菌根入門書だ。
 陸上植物がいかに菌根菌に支えられているか!キノコや菌類に関心を持つ方だけではなく、植物に関心を抱く方々にもぜひ読んでいただきたい!
著者:
齋藤雅典(さいとう・まさのり)東北大学大学名誉教授。
小川 真(おがわ・まこと)大阪工業大学工学部客員教授
山田明義(やまだ・あきよし)信州大学農学部教授
松田陽介(まつだ・ようすけ)三重大学大学院生物資源学研究科教授
小長谷啓介(おばせ・けいすけ)森林総合研究所きのこ・森林微生物研究領域、主任研究員
辻田有紀(つじた・ゆき)佐賀大学農学部准教授
大和政秀(やまと・まさひで)千葉大学教育学部教授

目次:
[続きを読む] をクリック願います。

続きを読む

小林路子「きのこってなんだろう」 かがくのとも2016年10月号

アマゾンでは取り扱っていないようです。
売れ切れました。追加入手はありません
ご注文は、「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
科学の友_きのこ  小林路子3  小林路子2
小林路子作「きのこってなんだろう」
かがくのとも2016年10月号、福音館書店
10%税込430円+送料200円、売れ切れました。追加入手はありません

23x25cm、28ページ
日本のきのこ画の第一人者が、ベニテングタケを中心に、様々な所で育つ色とりどりのきのこを紹介します。読者の「きのこ観」を「食べられるか毒か」という人間本意の一面的見方から解き放ち「かくも神秘的な存在が身の回りにいたのか」と気付かせる作品。(出版社解説を引用)

他の小林路子さんのきのこ絵本: 小林路子(文と絵) 「きのこの絵本」

きのこの教科書

出版されてすぐに、つくば・京都・大阪などのきのこのイベントで販売し、たくさんの方々にお買い上げいただきました。しかし忘れていました。ブログに載せるのは初めです。
ご注文はこちらから:「ご注文メールフォーム」

きのこの教科書
佐久間大輔 (2019)
「きのこの教科書 観察と同定の入門」

税込2,350円 (定価2420円)、送料サービス、在庫
A5、239ページ、原色写真多数、ペーパーバック、ブックカバー付き
著者は大阪自然史博物館の学芸員。本書は同博物館で開催された二つのきのこの特別展の解説書をもとに大幅に加筆され出来上がった。きのこの「入門書」として本書を書き進めてきたと著者は謙遜するが、内容は大変充実している。きのこを勉強したい方がまず最初に手にすべき一冊。

権大納言とおどるきのこ

平安末期に成立したといわれる説話集「今昔物語集」にはきのこを題材にしたお話が五つあるそうです。
今回ご紹介する絵本は、その中から着想を得て創られた絵本のようです。
ご注文はこちらから:「ご注文メールフォーム」
権大納言とおどるきのこ1 権大納言とおどるきのこ2 権大納言とおどるきのこ3
ほりかわ りまこ「権大納言とおどるきのこ」 2009年初版第1刷、偕成社
税込1,280円(定価1,320円)、送料サービス在庫
食いしん坊で有名な権大納言が、犬にばかされたり、がけから落ちてもひらたけを一杯とったり、きのこを食べて踊っている女たちからそのきのこをもらって、自分たちも踊りだす、という楽しい絵本です。ほりかわ りまこさんの明るく楽しそうな絵が出色です。

本書も、以前、つくばのきのこ展用に準備したものです。

宮沢賢治「銀河鉄道の夜」ほか

2021年2月4日の日経新聞夕刊「読書日記」欄に、声優斉藤壮馬さんが「ディープな世界観に胸打たれた」と題し宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」について書かれていました。斉藤さんは、宮沢賢治の作品、なかでも「銀河鉄道の夜」にとりわけ思い入れが深いそうです。というのも斉藤さんが高校生の時、この物語を朗読して「全国高等学校総合文化祭」で賞をもらったからです。選んだわずか1ページ弱をここだと心に決め、数え切れないほど練習を重ねたそうです。

[ ミキハウスの宮沢賢治絵本] は、宮沢賢治の文章に個性的な作家の絵や版画を重ね合わせた、大人も楽しめる絵本です。つくばのきのこ展向けに用意したものです。
価格は税込み定価の3%引きになっています。送料サービス。補充はありません
ご注文はこちらから:「ご注文メールフォーム」

宮沢銀河鉄道の夜1 宮沢銀河鉄道の夜2
宮沢賢治作・金井一郎絵「銀河鉄道の夜」 2017年初版第2刷、mikihoHOUSE、税込2,450円売れ切れました

「夜だかは、どこまでも、どこまでも、まっすぐに空へのぼって行きました。」
「自分のからだがいま燐の火のような青い美しい光になって、しずかに燃えているのを見ました。すぐとなりは、カシオペア座でした。」
宮沢よだかの星1 宮沢よだかの星2
宮沢賢治作・ささめやゆき絵「よだかの星」 2008年初版第1刷、mikihoHOUSE、税込1,600円売れ切れました

宮沢注文の多い料理店1 
宮沢賢治原作・スズキコージ絵「注文の多い料理店」 2008年初版第1刷、mikihoHOUSE、税込1,600円在庫1冊

宮沢セロ弾きのゴーシュ1
宮沢賢治作・さとうあや絵「セロ弾きのゴーシュ」 2015年初版第14刷、mikihoHOUSE、税込1,600円在庫1冊

いつでも どこでも きのこ

2021年1月25日新刊!
ご予約・ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
いつでもどこでもきのこ
保坂健太郎著、新井文彦写真(2021)
「いつでもどこでもきのこ」

価格1,920円(定価の3%引き、定価1980円)、送料サービス在庫7冊
20.0x22.5㎝、48ページ、上製、オールカラー
[ 出版元の案内文から ]
おいしい、カラフル、かわいい……。栽培きのこを使った実験から森のきのこの暮らしまで、美しい写真とイラストで紹介する写真絵本。きのこの形の魅力、植物とは異なる生活史、探し方と見分けるコツ、温暖化の影響など、きのこの基本が知りたい親子におすすめの入門書。
いつでもどこでもきのこ2 いつでもどこでもきのこ3

姉妹書:「きれいで ふしぎな 粘菌」

今井三子(1938)「北海道産ハラタケ科研究 I および Ⅱ」 (英文です)

第1号の表紙が少ししわになったものの1組が残っています(第2号はきれい)。
重要文献コピー頒布のご案内
日本産きのこ研究には必携の重要文献。
原本をコピーし簡易製本したものを破格の価格で提供する。

北海道大学農学部紀要第43号第1号 北海道大学農学部紀要第43号第2号
今井三子(1938)
「Studies on The Agaricaceae of Hokkaido. I & II 」
(北海道産ハラタケ科研究 I および Ⅱ)

北海道帝国大学紀要第43巻第1号および第2号
10%税込2,340円送料サービス
第1号の表紙が少ししわになったものの1組が残っています(第2号はきれい)。
B5、第1号および第2号の2冊合計ほぼ400ページ、原本をコピーし簡易製本したもの。ただし第1巻の16ページと17ページの2枚が抜けているのでバラで添付しています。
北海道帝国大学を卒業し教官となった今井三子(後、北海道学芸大学教授)が英語で発表した北海道産ハラタケ科の記載論文。
第1号および第2号、合計400ページを越える。
第1号および第2号あわせて29新種が発表され、さらに無数の新組合せが発表されている。
英文にすることにより広く世界の菌類研究者に読まれ、重要参考文献として世界的に引用されている。

きれいで ふしぎな 粘菌

2020年12月12日新刊!
ご予約・ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
きれいで不思議な粘菌
新井文彦著、川上新一監修
「きれいで ふしぎな 粘菌」

価格1,920円(定価の3%引き、定価1980円)、送料サービス在庫切れ中
20.0x22.5㎝、48ページ、原色写真・図多数
[ 出版元の案内文から ]
美しい色と不思議な形—森の宝石ともいわれる粘菌の暮らし、見つけるコツ、飼い方、楽しむポイントを、写真とイラストを使ってわかりやすく解説。
不思議な造形に関心を持った大人も、謎に包まれた暮らしに興味津々のお子さんも、一緒に読み進めることができる超入門書です。
きれいで不思議な粘菌2 きれいで不思議な粘菌3  

きれいで不思議な粘菌4  きれいで不思議な粘菌6

カラダから出る「カタチのある」もの/「カタチのない」ものキャラクター図鑑

新紹介!話題沸騰!!
おもしろくて しかも ためになる!!
ご予約・ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

うんこ、おしっこ、涙、目ヤニ……。
おなら、くしゃみ、げっぷ、いびき……。あいつらは偉大な存在!

カラダから出てくるあらゆるものを、ユニークなイラストと科学的な解説で紹介する2冊シリーズ。

人が生きる上で、実はとても重要な役割を持っている体のにおいや体から出る音などを楽しく解説!
カラダから出るかたちのあるもの表 カラダから出るかたちのあるもの裏
藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)監修、とげとげ:イラスト(2020)
『カラダから出る「カタチのある」もの“キャラクター図鑑”』


カラダから出るかたちのないもの表 カラダから出るかたちのないもの裏
藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)監修、とげとげ:イラスト(2020)
『カラダから出る「カタチのない」もの“キャラクター図鑑”』

「カラダから出るもの2冊セット」税込3,350円(定価3520円の約5%引き)、送料サービス
ご注文後数日中にお送りいたします。

日本菌学会編著「日本菌類百選 きのこ・カビ・酵母と日本人 」

きのこ・菌類より詳しく知りたい方や、図鑑にはない新しい情報を知りたい方にお勧め!

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
菌類百選2
日本菌学会(編著)(2020/9)
「日本菌類百選 きのこ・カビ・酵母と日本人 」

税込1,890円
(定価1,980円)、送料サービス在庫

日本菌学会会員の専門家が、きのこ・菌類から100種を選び、最新の情報をもとに、カラー写真付きで一般向けに分かりやすく解説する。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード