FC2ブログ

イタリアの糞生菌

以前にご案内したものです。
Fungi_Fimicoli_Italici.jpg
Doveri, Francesco (2004)
「Fungi Fimicoli Italici」(イタリアの糞生菌)

Associazione Micologica Bresadola(ブレサドラ菌学会)、イタリア
8%税込価格25,750円、8%税込送料510円(ただし東北800円、北海道沖縄1,300円)、納期1週間(在庫1冊
英語・イタリア語完全併記。17.5x24.5cm。1,104ページ。ハードバック。顕微鏡図・原色写真多数。
 これはすごい!うんこ菌(糞生菌)だけで1千ページを超える本をつくるなんて!
 本書は主に草食動物のうんこに発生するうんこ菌290種(担子菌類90種・子のう菌類200種)を多数の顕微鏡図と生態写真とをつけ詳細解説する。担子菌ではヒトヨタケ属31種、コガサタケ属13種ほか合計16属を数える。子のう菌ではうんこ菌としておなじみの核菌類、盤菌類、小房しのう菌類など。種の解説には必ずラテン語の原記載の引用があり親切。
 著者は1951年生まれの内科医。30年以上糞生菌の研究を続け、多くの論文があるアマチュア研究者。日本にも生プロと肩を並べるアマチュア研究者が何人もいると思う。

他のうんこ菌(糞生菌)文献
(1)Bell, Ann (2005)、「An illustrated guide to the coprophilous Ascomycetes of Australia」(オーストラリアの糞生子のう菌図説)、CBS Biodiversity Series 3
(2)Seifert, K., B. Kendrick & G. Murase (1983)、「A Key to Hyphomycetes on Dung」(糞生の不完全菌の検索)、Univversity of Waterloo Biology Sereies No. 27

英国のチチタケ類: チチタケ属とラクティフルース属

分かりやすい解説でヨーロッパでベストセラーのきのこ図鑑!
属別に英国産および英国に産する可能性ある全ての種を網羅!
野外で簡単に同定できるよう特徴を多く図示!

日本との共通種も多く載る。著者は英国菌学会の雑誌「Field Mycology」の上席編集者。

チチタケ類に知りたい方には必携の図鑑!
British_Milkcaps.jpg
Kibby, Geoffrey (2014)
「British Milkcaps: Lactarius & Lactifluus*」
(英国のチチタケ類: チチタケ属とラクティフルース属)
著者Geoffrey Kibby氏の自費出版

*ベニタケ科は、ベニタケ属とチチタケ属の2属であったが、 2008年のBuyckらの論文は,さらにMultifurca属とLactifluus 属の2属の追加を提唱した。本書は、このBuyckらの新しい分類法を採用する。
8%税込価格5,160円、送料180円、納期:1週間(在庫6冊

英語、120ページ、顕微鏡図、原色写真多数、ペーパーバック
英国に産するLactariusチチタケ属とLactifluus属の2属69種、および産する可能性のある3種、合計72種につて、原色生態写真、鮮明な胞子写真、実用的な検索表を使って全種の同定を簡単に出来るようにした。さらに、掲載種の分布、生態、分類の変更などについて、出版時点の最新の情報を提供する。

Geoffrey Kibby氏の著書はこちら(どれもお勧め): 
 (1)http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1148.html
 (2)http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1479.html 

ローヌ・アルプ地域のチャワンタケ目研究、第1部、2部、3部

チャワンタケに興味を持つ方には必携だが入手は難しい。
Pézizales (Ascomycota) en Auvergne-Rhône-Alpes – 3e
Van Vooren, Nicolas (2017)
「Contribution à la connaissance des Pézizales (Ascomycota) en Auvergne-Rhône-Alpes – 3e partie」
(オーベルニュ・ローヌ・アルプ地域*のチャワンタケ目研究第3部)

Cahiers de la FMBDS N°5
注: 旧ローヌ・アルプ地域(圏)と旧オーベルニュ地域(圏)が統合され、2016年1月1日、本名称の地域(圏)として発足したようだ。
8%税込2,650円、送料190円、納期 1週間(在庫6冊
世界でも数少ないチャワンタケの仲間の専門図鑑の第3部。

Contribution_des_pezizales_2.jpg Contribution_des_pezizales_2_2jpg.jpg Contribution_des_pezizales_2_3jpg.jpg
Van Vooren, Nicolas
「Contribution à la connaissance* des Pézizales (Ascomycota) de Rhône-Alpes. 2e partie」(2014)
(ローヌ・アルプ地域のチャワンタケ目研究第2部)

Cahiers de la FMBDS N° 4
8%税込4,320円、送料190円、納期1週間(在庫1冊
フランス語、17.0x24.0cm、172ページ、うち原色写真55ページ、本文中に顕微鏡図110、ペーパーバック
世界でも数少ないチャワンタケの仲間の専門図鑑の第2部。
フランス、Federation Mycologique Dauphine-Savoie(ドフィネ・サヴォワ菌学会)の出版する菌類専門書シリーズの1冊。アルプス山脈を擁し北東部にはモンブラン・レマン湖などが広がるフランス南東部、ローヌ・アルプ地域圏に分布するチャワンタケ目を解説する。

Contribution_des_pezizales_1.jpg Contribution_des_pezizales_1_2.jpg Contribution_des_pezizales_1_3.jpg
Van Vooren, Nicolas
「Contribution à la connaissance des Pézizales (Ascomycota) de Rhône-Alpes. 1re partie」 (2014)
(ローヌ・アルプ地域のチャワンタケ目研究第1部)

Cahiers de la FMBDS N° 3
8%税込3,930円、送料190円、納期1週間(在庫1冊
フランス語、17.0x24.0cm、148ページ、うち原色写真48ページ、本文中に顕微鏡図97、ペーパーバック
世界でも数少ないチャワンタケの仲間の専門図鑑の第1部。

佐野書店紹介の他のチャワンタケの仲間の専門書/図鑑:(在庫切れあり)
・「中国真菌志 第48巻、火丝菌科」(中国真菌誌 第48巻、ピロネマ科)
・「Rare or noteworthy Helotiales」 (稀産、重要なビョウタケ目キノコ)
・「A World Monograph of the genus Cheilymenia (Discomycetes、Pezizales, Pyronemataceae)」(世界のクチガネワンタケ属研究―盤菌類、チャワンタケ目、ピロネマキン科)
・「Ascomycete Fungi of North America」 (北米の子嚢菌きのこ)
・「Mushrooms of Idaho and The Pacific Northwest Vol. 1. Discomycetes」 (アイダホ州と西北太平洋岸のきのこ 第1巻、盤菌類)
・「Historie et Classification des Discomycetes d'Europe」(ヨーロッパの盤菌類の研究史と分類)

The genus Mycena s.l.

つくば植物園の「きのこ展2018」は明日10月8日終了しました。
佐野書店ブースにご来店いただいた皆様に感謝申し上げます。

The_genus_Mmycena_sl.jpg
  表紙
The_genus_Mmycena_sl2.jpg The_genus_Mmycena_sl3.jpg 
左:クヌギタケ属と混同しやすい他の属との比較解説、右:検索表  
The_genus_Mmycena_sl4.jpg The_genus_Mmycena_sl5.jpg The_genus_Mmycena_sl6.jpg
新種 M. pasvikensis、新種 M. mucoroides、既知種 M. niveipes
Aronsen, Arne & Thomas Læssøe (2016/8)
「The genus Mycena s.l.」(広義のクヌギタケ属、北欧の菌類第5巻)
Fungi of Northern Europe Vol. 5

価格:8%税込み10,690円、送料510円(レターパック)、納期1週間(現在の在庫2冊
英語、17.0x23.5㎝、373ページ、原色写真・顕微鏡図多数、ハードカバー
北欧に産する広義のクヌギタケ属113種を、検索表、記載、原色写真、顕微鏡図などにより詳細に解説する。
本書で2新種が発表された。

他のクヌギタケ属専門書(在庫切れ含む)
Robich, G. (2016) 「Mycena d'Europa Vol. 2」 (ヨーロッパのクヌギタケ属第2巻)
Robich G. (2003) 「Mycena d’Europa」 (ヨーロッパのクヌギタケ属)
Grgurinovic, Cheryl A. (2003) 「The Genus Mycena in South-Eastern Australia」 (南西オーストラリアのクヌギタケ属 )

「Fungi of Northern Europe」(北欧の菌類)シリーズ既刊
URL: http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1105.html 「北欧の菌類」を参照乞う。
Vol. 4 「The genus Tricholoma, Fungi of Northern Europe」 (第4巻 キシメジ属)
Vol. 3 「The genus Hebeloma」(第3巻 ワカフサタケ属)
Vol. 2 「The genus Lactarius」 (第2巻 チチタケ属)
Vol. 1 「The Genus Hygrocybe, 2nd revised edition」 (第1巻、アカヤマタケ属、改訂第2版)

Collins Fungi Guide(コリンズ菌類ガイド)

在庫がなくなりました!
“きのこ2400種以上を、原色図をつけ解説!
価格も高くなくヨーロッパではベストセラーのきのこ図鑑のようです”

Collins_Fungi_Guide1.jpg Collins_Fungi_Guide2.jpg Collins_Fungi_Guide3.jpg Collins_Fungi_Guide4.jpg Collins_Fungi_Guide5.jpg Collins_Fungi_Guide7.jpg Collins_Fungi_Guide8.jpg Collins_Fungi_Guide9.jpg 
Buczacki, Stefan (著), Chris Shields・ Denys W Ovenden(絵)(2012)
「Collins Fungi Guide: The Most Complete Field Guide to the Mushrooms and Toadstools of Britain & Ireland, Hardcover」
(コリンズ菌類ガイド:英国とアイルランドのもっとも完璧なきのこフィールドガイド、ペーパーバック版)

Harper Collins
参考8%税込価格3,370円、送料510円、在庫がなくなりました。
英語、13.6x19.5㎝、640ページ、原色図・白黒図2000、ペーパーバック
6点あるコリンズガイドシリーズの中でもベストセラーの1点。
イギリスだけでなく、ヨーロッパ全域、さらには広く温帯域にも産するきのこ2400種以上を、原色図をつけ解説する。
著者は、英国菌学会長もつとめた英国の著名な菌類研究者、園芸学者、自然史分野の研究者。またBBC放送ラジオ4の番組「Gardeners' Question Time」(園芸家の質問時間)の回答メンバー永くを続けている。

 コメント:入荷した本を見て、このコンパクトな図鑑に2400種を越えるきのこをよく詰め込んだと感心することしきり。原色図は、柄の描き方が単調なものがある。種ごとの描き分けを、もう少ししっかりしたらよかったのにとも思う。もっとも、2400種ものきのこを描き分けろという方が無理かとも思う。

Des Ramaries aux Clavaries…, Cahiers de la FMBDS No. 6

入荷!
世界でも数少ないホウキタケ類の専門図鑑!
ホウキタケ類に興味を持つ方には必携の文献。

Des_Ramaires_aux_Clavaries_Cahier_dela_FMBDS_No_6-11.jpg    Des_Ramaires_aux_Clavaries_Cahier_dela_FMBDS_No_6_2.jpg
Marcel Gannaz & Michele Raillere-Burat (2018)
「Des Ramaries aux Clavaries…, Cles et illustrations pour la connaissance des basidiomycetes clavarioides en Europe」
(シロソウメンタケ類などを含むホウキタケ類、ヨーロッパ産のシロソウメンタケ型担子菌を知るための検索表と図版)

Cahiers de la FMBDS No. 6
8%税込4,610円、送料180円、
納期1週間(在庫4冊になりました
フランス語、168ページ、原色写真多数、ペーパーバック
ホウキタケ型のきのこを同定することは、形態の違いが少なく大変難しい。
本書は、ヨーロッパに産するホウキタケ型きのこ15属278分類群(変種・品種含む)を同定しやすくするよう検索表形式にし、さらに原色写真、顕微鏡写真をつけ解説する。
掲載分類群は下記(括弧内は分類群数):
1 Alloclavaria (2)
2 Artomyces (1)
3 Calocera (1)
4 Clavaria (38)
5 Clavariadelphus (9)
6 Clavicorona (2)
7 Clavulina (31)
8 Clavulinopsis (23)
9 Eocronartium (1)
10 Gomphus (1)
11 Lentaria (10)
12 Pterula (1)
13 Ramaria (142)
14 Ramariopsis (14)
15 Sparassis (2)
合計 15属278分類群

他のホウキタケ類専門図鑑:
・「Die Gattung Ramaria in Deutschland」 (ドイツのホウキタケ属)
・「Les Ramaria Europeennes」 (ヨーロッパのホウキタケ属)
・「Ramaria of the Pacific Northwestern United States」(米国北西部太平洋側のホウキタケ属)
・「Intoroduzione allo studio del genera Ramaria in Europa」(ヨーロッパ産ホウキタケ属研究序説)
・「A Monograph of Clavaria and Allied Genera」(シロソウメンタケ属およびその関連属モノグラフ) 

Hřibovité Houby Evropy (Boletes of Europe:ヨーロッパのイグチ類)

入荷!
ヨーロッパの最新のイグチ類図鑑!

Boletes of Europe11
Boletes of Europe5 Boletes of Europe2 Boletes of Europe3 Boletes of Europe4
イグチに興味のある方には必携の1冊!
Mikšik, Michal (2017)
「Hřibovité Houby Evropy」
(Boletes of Europe:ヨーロッパのイグチ類)

8%税込11,810円、+送料下記、納期1週間(在庫8冊)、
送料:ゆうパック80サイズ
(兵庫県内1010円、北陸・東海・近畿・中国・四国1080円、関東・信越・九州1180円、東北1290円、沖縄1600円、北海道1720円)

チェコ語、ただし学名あり、20.8x29.3㎝、512ページ、原色写真・図多数、ハードカバー
ヨーロッパに産するイグチ科40属168分類群を700のすばらしい原色写真・13の手描き原色図をつけ解説する(ただしチェコ語)。チェコ語の検索表あり。参考文献リストはついていない。
学名は、最新の分類名が適用されている。
写真提供者の一人にイグチ類研究家の種山裕一氏の名がある。59ページのBoletus kermesius Pulveroboletus auriflammeus, Boletellus mirabilisの3種の写真を提供?

北米の最新のイグチ類図鑑(本書にも書名があがっている)
Alan E. Bessette, William C. Roody &, Arlene R. Bessette (2017/1))
「Boletes of Eastern North America、(Hardcover)」(北アメリカ東部のイグチ類、ハードカバー版)

Pilzkompendium Band 4 (菌類概説 第4巻)

在庫が1組になりました!

高価だが、よく特徴を捉えた手書き原色図のお勧めの図鑑シリーズ。
故本郷次雄先生は、当時出版されていた第1巻を「素晴らしい図鑑だ」と大いに推薦されていた。

全5巻(10冊)で大型菌類3千種以上を図示・解説しようという意欲的なシリーズ

第4巻
第4巻は、 たくさんのInocybeアセタケ属が解説されています。
アセタケ属の専門家の北海道のK先生は、2017年の出版と同時に佐野書店から購入されました。
あまりにも高額のためブログ載せることを躊躇していました。紹介が遅れ申し訳ありません。
Pilzkompendium_Band4_11.jpg Pilzkompendium_Band4_2.jpg Pilzkompendium_Band4_3.jpg Pilzkompendium_Band4_4.jpg Pilzkompendium_Band4_5.jpg Pilzkompendium_Band4_6.jpg Pilzkompendium_Band4_7.jpg Pilzkompendium_Band4_8.jpg 

Pilzkompendium_Band4_text.jpg Pilzkompendium_Band4_text2.jpg Pilzkompendium_Band4_text3.jpg
Ludwig, Erhard (2017)
「Pilzkompendium Band 4: Cortinariaceae (Galerina, Hebeloma, Inocybe, Phaeogalera, Cortinarius Teil I mit den Untergattungen Cortinarius Democybe, Leprocybe, Phlegmacium)」
(菌類概説第4巻:フウセンタケ科(ケコガサタケ属、ワカフサタケ属、アセタケ属、ファエオガレラ属、 フウセンタケ属第1部:フウセンタケ亜属、ササタケ亜属、レプロキベ亜属、フェレグマキウム亜属)

Text volume (解説の部)  ドイツ語、18x25cm、36+793ページ、ハードカバー
Illustration vol.(図版の部) 25x35cm、272ページ。原色図版多数、ハードカバー

8%税込み1組(解説の部と図版の部各1冊):46,760円、送料下記、納期1週間(在庫1組
送料:ゆうパック80サイズ実費(差出地:兵庫県、届け先:兵庫県内1010円、北陸・東海・近畿・中国・四国1080円、関東・信越・九州1180円、東北1290円、沖縄1600円、北海道1720円)

第3巻(追ってアップします)

第1巻と第2巻
URL: http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-552.html

Funga Nordica 2nd. edition

ご注文は左下欄の 「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

在庫切れ、お取り寄せ
新分類にもとづき3千種以上を解説する「北欧の菌類第2版」
Funga_Nordica_2nd_edition.jpg
Knudsen, Henning & Jan Vesterholt (Edits.) (2012)
「Funga Nordica; Agaricoid, boletpid, clavarioid, cyphelloid and gasteroid genera, 2nd edition」 
(北欧の菌類、第2版)

Nordsvamp(北欧菌学会)
在庫切れ、お取り寄せ
英語、17.6x24.6cm、2分冊合計1083ページ、白黒顕微鏡図あり、ハードカバー

2008年出版の初版から大幅に改訂・増補された第2版。1083ページの大冊のため2分冊となった。
掲載種数は56科278属3千種以上と第1版の2675種から大幅に増えている。
高次分類は出版時の新分類による。
本書には原色図・原色写真はないが、代わりに確かな原色図・原色写真を収める文献名を参照用に載せる。

Mushrooms & Toadstools of Britain & Europe Vol. 1

在庫2冊。入荷予定あり。
2017年新刊!佐野書店推薦!、ベストセラー!
最新の系統分類を採用した、野外での同定に役立つ実践的図鑑。
MushroomsToadstools_Vol_1.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_1.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_6.jpg
 表紙、Suillellus属  菌類の最新の分類   掲載した分類群リスト 
 ・Rubroboletsu属  
MushroomsOfBritain_Vol_1_2.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_3.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_4.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_5.jpg
 キクラゲ属     ヤマドリタケ属      チチタケ属      ベニタケ属
Kibby, Geoffrey (2017)
「Mushrooms and Toadstools of Britain & Europe, Vol. 1, 2nd Edition」
(イギリスとヨーロッパのきのこ第1巻、第2版

8%税込み9,020円、送料510円、納期1週間(在庫2冊
英語、24x16.5㎝、原色図版多数、ハードカバー
全2巻。第1巻・第2巻合計1850種を最新の系統分類に従い解説。
第1巻は650種を、来年出版予定の第2巻は約1200種のハラタケ目を、原色図・胞子の顕微鏡図を付け解説する。

この第1巻は、次の分類群のヨーロッパ産きのこ650種を、最新の系統分類に従い、全種の原色図と胞子の顕微鏡図をつけ分かりやすく解説する。最近、分類群が細かく分けられたBoletales(イグチ目)、ヨーロッパ産だけでも、実に13科40属を載せる。もちろん旧名もsynonym (異名)として載せるので、新旧学名の対比が可能
第1巻に載る主要分類群は次の通り。
Boletales(イグチ目):
13科40属。うち主要な科では、Boletaceae 24属76種、 Suillaceae 1属14種、Gyroporaceae 1属3種、Paxillaceae 2属6種、Hygrophoropsidaceae 2属5種、Tapinellaceae 1属2種、Gomphidaceae 2属7種など7科合計33属113種。他にAstraeaceaeなど6科7属。
Russulales(ベニタケ目)
4科8属。うちRussulaceae(ベニタケ科)は、 Lactarius (チチタケ属)70種、Lactifluus 9種、Russula(ベニタケ属)147種の3属合計226種。他はAlbatrellaceae、Aurisucalpiaceae、Hericiaceaeの3科5属。
他の主要分類群:
Geastrales, Phallales, Cantharellales, Gomphales, Thelephorales, `Polypores', `Corticioides', Auriculariales, Tremellales, Dacrymycetales, およびAgaricales の一部。

Geoffrey Kibbys氏は、イギリス菌学会の発行する雑誌の一つ “Field Mycology”(野外菌類学) の編集者。分類群別に出版された彼の既刊の図鑑は、野外での同定に役立つよう、大変分かりやすく書いてある図鑑だと好評。佐野書店でもたくさん売れている。
Geoffrey Kibbys氏の既刊書
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1148.html
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード