FC2ブログ

The Genus Russula in Great Britain, with Synoptic Keys to Species

[Geoffrey Kibby先生の図鑑]

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

Geoffrey Kibby 先生は英国菌学会の発行する「Field Mycology」(野外菌類学) の上席編集者。
先生の図鑑は、野外での同定に役立つよう、大変分かりやすく書いてあると評判。
日本との共通種も多い。

THE_GENUS_RUSSULA_in_Great_Britain1.jpg THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain2.jpg
   (表紙)         (目次)
Geoffrey Kibby (2017)
「The Genus Russula in Great Britain, with Synoptic Keys to Species」
(英国のベニタケ属、種への検索表付、2017年版)

8%税込価格5,090円、送料190円、納期1週間(在庫2冊
英語、A4版、139ページ、118図版、スパイラルバウンド
英国に分布する全種と、ヨーロッパ大陸に分布し英国でも発見される可能性がある種、合計184種をたくさんの原色写真・図を使い詳細に記載する。似た種が多く同定の難しいベニタケ属を豊富な原色写真や使いやすい検索表で容易に同定できるよう工夫を凝らしている。
  THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain3.jpg THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain4.jpg THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain5.jpg
  (肉眼同定に使う形質表) (形質組合せと種への検索) (検索表)
  THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain6.jpg THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain7.jpg THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain8.jpg
(Russula gracillinaとR. renidens)(R. fuscorubroidesとR. exalbicans)(R. decipiensとR. maculata)

The Genus Amanita in Great Britain」

[すべてのGeoffrey Kibby先生の図鑑はこちらをクリック]
ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

刷分!6月下旬入荷予定。
The_genus_Amanita2016.jpg The_Genus_Amanita_in_Great_Britain2.jpg The_Genus_Amanita_in_Great_Britain3.jpg
Geoffrey Kibby (2016, Reprint in 2019)
「The Genus Amanita in Great Britain 2nd edtiion」(英国のテングタケ属、第2版、2019年増刷分)

8%税込3,760円、送料190円、在庫切れ、6月下旬4冊入荷予定
語、A4版、50ページ、61原色写真・図
英国に分布する種に加え、今後英国でも発見される可能性のある種も含め、豊富な原色写真分とわかりやすい解説で容易に同定できるよう工夫されている。

予告:Fungi of Temperate Europe

ご注文・ご予約は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
予告:2019年9月出版予定
まるで百科事典のような大きのこ図鑑(2冊組)!

Laessoe, Thomas & Jens H. Petersen (2019)
「Fungi of Temperate Europe」(温帯ヨーロッパの菌類)

Princeton University Press(プリンストン大学出版部)
2冊組み、英語、19.0 x 29.2センチ、2冊合計1708ページ、7千を越す原色写真、ハードカバー
価格:現状不明(重さがわからず日本への送料が計算できないため;送料は価格の30%を占めるほど高額です)

19x29センチの大判で、しかも2冊合計約1千7百ページにおよぶ大冊で、7千を超す原色写真を使い2800種を越すきのこを解説するそうです。きのこのアマチュアにもプロにも必携の図鑑だと、書いてあります。
以下は出版社の説明をそのまま引用

続きを読む

British Boletes: With Keys to Species, 8th edition

[Geoffrey Kibby先生の図鑑]

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

2018年最新版!
イグチの仲間を知るには必携の文献
British_Boletes1.jpg British_Boletes2.jpg British_Boletes3.jpg
  (表紙)    (最新の分類による掲載種リスト)  (目次)
Geoffrey Kibby (2018)
「British Boletes: With Keys to Species、8th edition」
(英国のイグチ類、種への検索表付、第8版)
 著者の自費出版
8%税込4,690円、送料190円、納期1週間(在庫2冊
英語、A4、79ページ、ほぼ全ページに原色写真・図、スパイラルバウンド
最新の第8版。遺伝子分析に基づき最近提唱された24属82分類群を解説する。
可能な限り肉眼で同定できるように、工夫された同定形質や検索表を使う。
最新の情報をもとにした種の解説も充実。
イグチの仲間を知るには必携の文献
  British_Boletes4.jpg British_Boletes5.jpg British_Boletes6.jpg
 (肉眼的・顕微鏡的特徴)  (Rubroboletus2種)  (Neoboletes2種1変種)
  British_Boletes7.jpg British_Boletes8.jpg British_Boletes9.jpg
(ヤマイグチ属の肉眼同定に使う形質表1)  (-同-2)  (それらを組合せた検索表)
  British_Boletes10.jpg
(ヤマイグチ属3種の標本写真)

The Genus Agaricus in Britain

[Geoffrey Kibby先生の図鑑]
先生の図鑑は佐野書店でもベストセラー。
ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
入荷しました。
ヨローッパのハラタケ属を知るためには必携の文献!
The_genus_Agaricus_in_Britain1.jpg
Geoffrey Kibby
「The Genus Agaricus in Britain」(英国のハラタケ属)
著者の自費出版
8%税込価格3,920円、送料190円、納期1週間(在庫5冊
英語、A4版、51ページ、原色写真多数、ペーパーバック

英国に分布するハラタケ属の全種、およびヨーロッパに分布し英国にも産する可能性の高い種、合計61種とAllopsalliota geesterani*を多くの原色写真・図を使い詳細に記載する。
豊富な原色写真や使いやすい検索表で肉眼だけで容易に同定できるよう工夫されている。
*:Allopsalliota属は、Micropsalliota属のシノニムであることが報告されている(Mycoscience Vol. 57, Issue 5, Sept., 2016,Page 303-310)
  The_genus_Agaricus_in_Britain2.jpg   The_genus_Agaricus_in_Britain3.jpg 
属への検索表とAl.geesteraniの詳細記載) (61種のリストと検索表の使い方)
The_genus_Agaricus_in_Britain4.jpg  The_genus_Agaricus_in_Britain5.jpg  The_genus_Agaricus_in_Britain6.jpg
(肉眼同定に使う形質表1) )  (-同2-)         (-同3-)
The_genus_Agaricus_in_Britain7.jpg The_genus_Agaricus_in_Britain8.jpg  The_genus_Agaricus_in_Britain9.jpg
(種への検索表)  (Agaricus arvensisとA. fissuratus) (A. macrocarpusとA. nivescens)

British Milkcaps: Lactarius & (英国のチチタケ類: チチタケ属とラクティフルース属)

[Geoffrey Kibby先生の図鑑]
先生の図鑑は佐野書店でもベストセラー。

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

何度目かの紹介!ダブりご購入にご注意!
British_Milkcaps.jpg
Kibby, Geoffrey (2014)
「British Milkcaps: Lactarius & Lactifluus*」
(英国のチチタケ類: チチタケ属とラクティフルース属)
 著者の自費出版
  *ベニタケ科は2008年のBuyckらの論文でMultifurca属とLactifluus.の2属が追加された。
8%税込価格5,160円、送料190円、納期1週間(在庫1冊
英語、111ページ、顕微鏡図、原色写真多数、スパイラルバウンド
英国にはチチタケ属が約70種、ラクティフルース属が5種、合計約75種が分布する。
本書は、肉眼による同定を可能にするために工夫された2種の検索表を使って75種の同定を可能にする。
さらに原色生態写真や鮮明な胞子写真、記載文によりてこれらを詳しく解説する。
掲載種の分布、生態、分類の変更などについて、最新の情報を提供する。
British_Milkcaps1.jpg  British_Milkcaps2.jpg
(2種の検索表のうち1番目の表形式検索表-全部で4ページある)
British_Milkcaps3.jpg British_Milkcaps4.jpg British_Milkcaps5.jpg
(2番目の検索表:肉眼同定形質リスト、その組合リスト、二又検索表、二又検索表は7ページある)
 British_Milkcaps6.jpg British_Milkcaps7.jpg British_Milkcaps8.jpg
(Lactarius salmonicolor)  (L. deliciosus)    (胞子顕微鏡図:正確な同定には胞子の県境が必要か)

Mushrooms & Toadstools of Britain & Europe Vol. 1

[Geoffrey Kibby 先生のきのこ図鑑]
ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

最新の系統分類を採用した、野外での同定に役立つ実践的図鑑。
Mushrooms_and_Toadstools_of_Britain10.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_1.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_6.jpg
 表紙、Suillellus属  菌類の最新の分類   掲載した分類群リスト 
 ・Rubroboletsu属  
MushroomsOfBritain_Vol_1_2.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_3.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_4.jpg MushroomsOfBritain_Vol_1_5.jpg
 キクラゲ属     ヤマドリタケ属      チチタケ属      ベニタケ属
Kibby, Geoffrey (2017)
「Mushrooms and Toadstools of Britain & Europe, Vol. 1, 2nd Edition」
(イギリスとヨーロッパのきのこ第1巻、第2版

8%税込み9,020円、送料510円、納期1週間(在庫1冊
英語、24x16.5㎝、原色図版多数、ハードカバー
全2巻。第1巻・第2巻合計1850種を最新の系統分類に従い解説。
第1巻は650種を、来年出版予定の第2巻は約1200種のハラタケ目を、原色図・胞子の顕微鏡図を付け解説する。

この第1巻は、次の分類群のヨーロッパ産きのこ650種を、最新の系統分類に従い、全種の原色図と胞子の顕微鏡図をつけ分かりやすく解説する。最近、分類群が細かく分けられたBoletales(イグチ目)、ヨーロッパ産だけでも、実に13科40属を載せる。もちろん旧名もsynonym (異名)として載せるので、新旧学名の対比が可能
第1巻に載る主要分類群は次の通り。
Boletales(イグチ目):
13科40属。うち主要な科では、Boletaceae 24属76種、 Suillaceae 1属14種、Gyroporaceae 1属3種、Paxillaceae 2属6種、Hygrophoropsidaceae 2属5種、Tapinellaceae 1属2種、Gomphidaceae 2属7種など7科合計33属113種。他にAstraeaceaeなど6科7属。
Russulales(ベニタケ目)
4科8属。うちRussulaceae(ベニタケ科)は、 Lactarius (チチタケ属)70種、Lactifluus 9種、Russula(ベニタケ属)147種の3属合計226種。他はAlbatrellaceae、Aurisucalpiaceae、Hericiaceaeの3科5属。
他の主要分類群:
Geastrales, Phallales, Cantharellales, Gomphales, Thelephorales, `Polypores', `Corticioides', Auriculariales, Tremellales, Dacrymycetales, およびAgaricales の一部。

Geoffrey Kibby先生は、イギリス菌学会の発行する雑誌の一つ “Field Mycology”(野外菌類学) の編集者。分類群別に出版された彼の既刊の図鑑は、野外での同定に役立つよう、大変分かりやすく書いてある図鑑だと好評。佐野書店のベストセラーの一つ。

英語版、バイエルン地方のアセタケ属研究

二度目の紹介
アセタケ属を知るための基礎文献で、詳細な記載と美しい原色図版でも名高い、Stangl J. 1989 「Die Gattung INOCYBE in Bayern」(バイエルン地方のアセタケ属研究)の英訳版。イギリス菌学会が開催した2009年アセタケ属ワークショップでこの英訳版の刊行が決まった。

アセタケ属にご興味がある方、またドイツ語のオリジナル版だけお持ちの方には必携の文献。
(ドイツ語のオリジナル版はもちろんのこと、英訳本も2011年の初版/今回の再版本ともすでに絶版で今後の入手ありません)
The_Genus_Inocybe_in_Bavaria.jpg
Stangl,J (Original 1989, English edition 2011, reprint 2017)
「The Genus Inocybe in Barvaria」(バイエルン地方のアセタケ属)(英語訳版)

8%税込9,360円、送料190円(クリックポスト)、
納期:1週間(在庫4冊、在庫限り、絶版のため今後の入手はできません

英語、17.6x25.0cm、本文344ページ+カラー図版38ページ、ペーパーバック
本書は、1911年出版の英語版を2017年に再版したもの。1989年出版のドイツ語オリジナル版はとっくに絶版。
アセタケ属138種を検索表、顕微鏡図・原色図をつけ詳細に記載する。オリジナルの記載に加え、今回の英語版編集者の最新の見解を種の記載のNoteに記す。また英国での分布状況も追記。索引にはオリジナル出版以降の学名の変更等をリスト化。

ドイツ語の内容を出来るだけ忠実に英語に訳す。また、原色図は、Stangl先生所有の原画を忠実に再現している。

他の主なInocybeアセタケ属文献:
(4)Horak, Egon(2018)「Fungi of New Zealand Vol. 6 Agaricales (Basidiomycota) of New Zealand. 2. Brown spored genera p.p.」(ニュージーランドの菌類第6巻、ニュージーランドのハラタケ目2、茶色の胞子の属)
(3)Matheny, P. Brandon & Neale L Bougher (2017)「Fungi of Australia, Inocybaceae」 (オーストラリアの菌類、アセタケ科)
(2)FERRARI, Erminio (2006) 「Inocybe alpine e subalpine. Il Genere Inocybe (Fr.) Fr. Nel Nord Italia e Paesi Limitrofi」(高山帯と亜高帯のアセタケ属。北イタリアと近隣国のアセタケ属)
(1)小林孝人 (2002)「The taxonomic studies of the genus Inocybe」(アセタケ属の分類学的研究)

Collins Fungi Guide(コリンズ菌類ガイド)

何度目かの紹介!
きのこ2400種以上を、原色図をつけ解説。
ヨーロッパではベストセラーのきのこ図鑑のようです。
Collins_Fungi_Guide1.jpg Collins_Fungi_Guide2.jpg Collins_Fungi_Guide3.jpg Collins_Fungi_Guide4.jpg Collins_Fungi_Guide5.jpg Collins_Fungi_Guide7.jpg Collins_Fungi_Guide8.jpg Collins_Fungi_Guide9.jpg 
Buczacki, Stefan (著), Chris Shields・ Denys W Ovenden(絵)(2012)
「Collins Fungi Guide: The Most Complete Field Guide to the Mushrooms and Toadstools of Britain & Ireland, Hardcover」
(コリンズ菌類ガイド:英国とアイルランドのもっとも完璧なきのこフィールドガイド、ペーパーバック版)

8%税込4,460円、送料510円、納期1週間(在庫4冊
英語、13.6x19.5㎝、640ページ、原色図・白黒図2000、ペーパーバック
6点あるコリンズガイドシリーズの中でもベストセラーの1点。
イギリスだけでなく、ヨーロッパ全域、さらには広く温帯域にも産するきのこ2400種以上を、原色図をつけ解説する。
著者は、英国菌学会長もつとめた英国の著名な菌類研究者、園芸学者、自然史分野の研究者。またBBC放送ラジオ4の番組「Gardeners' Question Time」(園芸家の質問時間)の回答メンバー永くを続けている。

 コメント:入荷した本を見て、このコンパクトな図鑑に2400種を越えるきのこをよく詰め込んだと感心することしきり。原色図は、柄の描き方が単調なものがある。種ごとの描き分けを、もう少ししっかりしたらよかったのにとも思う。もっとも、2400種ものきのこを描き分けろという方が無理かとも思う。

イタリアの糞生菌

以前にご案内したものです。
Fungi_Fimicoli_Italici.jpg
Doveri, Francesco (2004)
「Fungi Fimicoli Italici」(イタリアの糞生菌)

Associazione Micologica Bresadola(ブレサドラ菌学会)、イタリア
8%税込価格25,750円、8%税込送料510円(ただし東北800円、北海道沖縄1,300円)、納期1週間(在庫1冊
英語・イタリア語完全併記。17.5x24.5cm。1,104ページ。ハードバック。顕微鏡図・原色写真多数。
 これはすごい!うんこ菌(糞生菌)だけで1千ページを超える本をつくるなんて!
 本書は主に草食動物のうんこに発生するうんこ菌290種(担子菌類90種・子のう菌類200種)を多数の顕微鏡図と生態写真とをつけ詳細解説する。担子菌ではヒトヨタケ属31種、コガサタケ属13種ほか合計16属を数える。子のう菌ではうんこ菌としておなじみの核菌類、盤菌類、小房しのう菌類など。種の解説には必ずラテン語の原記載の引用があり親切。
 著者は1951年生まれの内科医。30年以上糞生菌の研究を続け、多くの論文があるアマチュア研究者。日本にも生プロと肩を並べるアマチュア研究者が何人もいると思う。

他のうんこ菌(糞生菌)文献
(1)Bell, Ann (2005)、「An illustrated guide to the coprophilous Ascomycetes of Australia」(オーストラリアの糞生子のう菌図説)、CBS Biodiversity Series 3
(2)Seifert, K., B. Kendrick & G. Murase (1983)、「A Key to Hyphomycetes on Dung」(糞生の不完全菌の検索)、Univversity of Waterloo Biology Sereies No. 27
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード