FC2ブログ

The non-stipitate steroid fungi

ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。
MycologicalMemoirs14.jpg
Chamuris, George P. (1988) 
「The non-stipitate steroid fungi in the northeastern United States and adjacent Canada」
(米国北東部および隣接カナダの無柄のウロコタケ型の菌類)

Mycological Memoir No. 14.
10%税込み 8,060円、送料180円、納期1週間(在庫2冊
英語。15.0x23.4cm。247ページ。本文中に顕微鏡図、白黒外形写真、分布図。ハードカバー。
カナダ側を含む北米北東部の無柄のウロコタケ型の菌類を、検索表、白黒外形写真、顕微鏡図、分布図を付け詳細に記載する。本書は、Ryvarden先生の著書「Stereoid fungi of America」 (アメリカのウロコタケ型の菌類) Synopsis Fungorum 28にも参考文献としてあげられている。

北米、カワムラジンガサタケ属

ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。
Phaeocollybia_of_Pacific_Northwest.jpg
Norvell, Lorelei L. & Ronald L. Exeter (2009)
「Phaeocollybia of Pacific Northwest North America」
(北米北西部太平洋側のカワムラジンガサタケ属) 

アメリカ内務省国土管理局サレム地域局
10%税込11,940円、送料370円(レターパック)、納期 1週間(在庫2冊)
英語。21.6x29.9cm。227ページ。微分干渉顕微鏡写真、顕微鏡図、原色標本写真多数。ペーパーバック。

カワムラジンガサタケ属Phaeocollybia
 カワムラジンガサタケ属Phaeocollybiaをご存知だろうか。今関六也・本郷次雄(1987)原色日本新菌類図鑑(保育社)では、フウセンタケ科に属すが被膜を欠き、モリノカレバタケ型子実体、通常いちじるしい偽根を有し、胞子はいぼ状~点状の突起におおわれ、胞子盤を欠くという特徴を持つ、とある。なかでも非常に長い偽根が特徴となっている。同書には、日本には2種が知られ、さらに2・3種は産すると思われる、とある。池田良幸(2005)北陸のきのこ図鑑(橋本確文堂)にはカワムラジンガサタケP. cf lugubris(P. festivaは傘表面がゼラチン化しないが本種は傘表面がゼラチン化するので学名変更)と、未記載種タカネナメニセムクエタケ(仮称)の2種を載せる。このように日本ではカワムラジンガサタケ属はほとんど知られていない。
本書の内容
 米国の北西部太平洋側、カリフォルニア州、アイダホ州、ワシントン州、オレゴン州、さらにカナダのブリティッシュコロンビア州などの諸州に分布するカワムラジンガサタケ属25種を、検索表、原色生態写真、胞子や組織の微分干渉顕微鏡写真などを付け詳細に解説する。既知の全種のリストと分布、成長と生態、近縁属との関係、種内の無根の系統樹、主要な分類形質の解説など、最新の情報を網羅する。
日本のカワムラジンガサタケ属はもっと多い
本書によればカワムラジンガサタケ属Phaeocollybiaはアフリカ大陸を除く世界に79種(疑問種1種含む)が知られ、インドを含むアジアでは9種産することが知られている。日本には前述のように2・3種しか見つかっていない。探せばもっとたくさんの種が見つかるのではなかろうか。

カッド岬国立保養海岸のきのこ

Mushrooms_of_Cape_Cod.jpg
Bessette A.R., A.E. Bessette & W.J. Neill (2001)
「Mushrooms of Cape Cod and the National Seashore, hard cver edition」
(カッド岬と国立保養海岸のきのこ、ハードカバー版)

シラキュース大学出版部
8%税込み 5,310円、送料190円、納期 1週間(在庫1冊
英語。14.5x25cm。12+174ページ。原色写真150以上。
 カッド岬は米国マサチューセッツ州南東部、大西洋に面した長さ100km最大幅32kmの鉤状をした半島で、特異な海岸植生が織りなす豊かな自然が残っている。この自然を守るため1961年、時のケネディ大統領によって国立保養海岸に指定された。
 本書はこの特異な植生と菌根を形成するなどして緊密に生態系を構成している大型菌類を、岬を訪れる初心者向けに多くの原色写真を使い丁寧に解説したフィールドガイドだ。載せられたキノコは150種弱と多くないが、担子菌から子のう菌までコンパクトに網羅している。Lactarius7種、Russula12種、Boletus11種、Tricholoma13種など菌根菌が多い。本書でBoletus billieaeが新種記載された。著者の一人A.E. Bessetteはシラキュース大学教授。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

California Mushrooms

売れました。追加入手はありません。
紹介!
ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。
米西部のきのこについて包括的に解説する専門図鑑!
California_Mushrooms.jpg
Desjardin, Dennis E. , Michael G. Wood, & Frederick A. Stevens (2015)
「California Mushrooms」(カリフォルニアのきのこ)

参考8%税込9,070円、送料900円、ただし東北1080円、北海道・1510円、沖縄1330円(ゆうパック)
売れました。追加入手はありません。
英語、215x280㎝、560ページ、原色写真多数、ハードカバー

カリフォルニア地域は、北米の中でも最も生物多様性の高い地域の一つであり、この地域のきのこ特産種は数百に上るそうだ。
本書には、詳細に解説された650種を含めきのこが1100種以上が載っている。種への検索表に加え、解説は、マクロとミクロの形態の特徴、発生環境、食・毒、近縁種との違いなどについて詳しく述べる。
カリフォルニア地域のきのこについて書かれているが、その90%以上は北米西部にも分布するので、北米西部のきのこの専門図鑑でもある。
概論部(Introduction)では、菌類(Fungi)とは何か、なぜ菌類の名前(本書は学名を採用)がころころ変わるか、DNA分析からわかった菌類の系統と形態との関連、菌類の生物学、きのこの食・毒、どのようにきのこを同定したらよいか、などについて概説する。
北米のきのこの専門図鑑は少なく、本書はおすすめの一冊!

Agaricus of North America(北米のハラタケ属)

再入荷!
2019年2月9日(土)開催の関西菌類談話会の総会講演会で加瀬谷泰介氏が「ケリガンの『北米産Agaricus属』紹介』と題し、本書を引用する形で講演をされた。

講演の内容は、「欧米ではAgaricus属の研究が進んでおり、本書のような専門図鑑も出版され、多く種が記載されている。一方、日本では全く進んでおらず、図鑑類にも少しの種しか記載されていない。本書に代表される欧米の専門図鑑類を参考に、日本でも関心を持ってもらいたい」というものであった。

加瀬谷氏からは昨年本書を購入していただいた。お話を伺うと、以前に種菌に関係する仕事をしていたのでケリガン氏の名前と研究テーマはよく知っていた。ニューヨーク植物園から本書が出版されたことを知って購入されたそうだ(日本のアマゾンでは扱っていない)。弊店から購入していただいた本を参考に講演発表していただき書店冥利に尽きる。

なお、加瀬谷氏が同時にあげられたヨーロッパの専門図鑑は次のもの(これも佐野書店は扱っているが、アマゾンは扱っていない)。
Parra, L.A & S.ancheza (2008/13)
「Agaricus L. - Allopsalliota Nauta & Bas.Tribu Agariceae, S. Imai Part 1& 2」Fungi Europaei Vol. 1 & 1a

再入荷!
Agaricus of North America1
Kerrigan, Richard W. (2016)
「Agaricus of North America」(北米のハラタケ属)

Memoirs of The New York Botanical Garden, Volume 114
8%税込み24,920円、納期1週間(在庫3冊)、
送料:ゆうパック80サイズ実費(近畿・東海・北陸・中国・四国:1080円、関東・信越・九州1180円、東北:1290円、北海道1720円、沖縄:1600円)

英語、19.8x27.5cm 、18+573ページ、原色写真多数、ハードカバー
ほぼA4サイズで590ページという圧倒的なボリュームにまず驚く。
本書は、40年におよぶ著者のハラタケ属研究の集大成。分子系統も含め、最新の研究成果を盛り込み、に北米産ハラタケ属137種を原色写真をつけ詳細に解説する。新種記載は37種に及ぶ。もちろん検索表も付く。
ハラタケ属研究には不可欠の文献

北アメリカ東部のヌメリガサ科

“何度か紹介”
Waxcap_Mushrooms_of_East_N_America.jpg  Waxcap_Mushrooms2.jpg
Bessette, Alan E. , William C. Roody, Walter E. Sturgeon & Arleen R. Bessette (2012)
「Waxcap Mushrooms of Eastern North America」
(北アメリカ東部のヌメリガサ科のきのこ)

8%税込 8,970円、送料190円、納期1週間(在庫1冊
英語、18.5x16.1cm、10+179ページ、原色写真多数、ハードカバー、カバー付
米国のテキサス州からカナダのサスカチュワン州を結ぶ線より東側に産するヌメリガサ科ヌメリガサ属32種・9変種とアカヤマタケ属52種・14変種、合計84種・23変種(うち新組合せ18)を原色写真を付け詳細に解説する。顕微鏡写真・図はないが顕微鏡的特長を文章で記載する。
ヌメリガサ科のきのこに興味を持つ方には必携の図鑑。

Omphalinaeヒダサカヅキタケ亜連

FloraNeotropica3__4_5.jpg
Flora Neotoropica Monograph No. 3・4・5
Singer, Rolf 1970 (Reprint.1986)
「Omphalinae (Clitocybeae - Tricholomataceae)」 (ヒダサカヅキタケ亜連(カヤタケ連 - キシメジ科))
「Phaeocollybia (Cortinariaceae Basidiomycetes)」(カワムラジンガサタケ属(フウセンタケ科担子菌綱))
「Storobilomycetaceae (Basidiomycetes)」(オニイグチ科(担子菌綱))

The New York Botanical Garden
8%税込4,860円、送料190円、納期1週間(在庫2冊
英語。17.5x25.5cm。84+13+34ページ。ペーパーバック。本文中に線画。
新熱帯区植物誌の第3巻、第4巻、第5巻の三つを1冊にまとめて出版された。著者はいずれもSinger先生。
第3巻はカヤタケ科ヒダサカヅキタケ亜連11属62種を記載。
第4巻はカワムラジンガサタケ属4種を記載。
第5巻はオニイグチ科4属13種を記載。新種記載もある。
最新の系統分類により変更があっても、これら分類群に興味を持つ方には必携の文献。

Boletes of Eastern North America (北アメリカ東部のイグチ類)

売れました
最新の系統分類にもとづく本書は、イグチの仲間に興味を持つ方には必携の1冊!
Boletes_of_Eastern_Noerth_America.jpg
Alan E. Bessette, William C. Roody &, Arlene R. Bessette (2017/1))
「Boletes of Eastern North America、(Hardcover)」
(北アメリカ東部のイグチ類、ハードカバー版)

Syracuse University Press
参考8%税込み14,560円、送料510円、売れました
英語、17.8x25.5㎝、13+469ページ、原色写真多数、ハードカバー
北米東部、合衆国からカナダにかけて分布するイグチの仲間40属193種と未記載種8種を、350を越える原色写真で詳細に解説する。
類似種との違いも丁寧に説明する。
野外での同定を容易にするマクロな形態をもとにした32ページに及ぶ検索表を備える。
分類は最新の系統分類に基づく。
同じ著者たちが2000年に出版した「North American Boletes. A color Guide to the Fleshy Pored Mushrooms」(北米のイグチ類 肉質管孔のあるきのこ原色ガイド)の同定誤りも本書で訂正する。

Identification of Wood-inhabiting Corticiaceae

“在庫1冊”
Cultural_Studies_and_Identification.jpg
Nakasone, Karen K. (1990)
「Cultural Studies and Identification of Wood-inhabiting Corticiaceae and Selected Hymenomycetes from North America」 
(北米産材上性コウヤクタケ科と精選された菌じん類の培養的研究と同定)
Mycologia Memoirs Vol. 15.

J. Cramer
8%税込み14,300円、送料510円(レターパック)、納期1週間(在庫1冊
英語。14.5x23.4cm。412ページ。84白黒顕微鏡図。ハードカバー。
 北米産のコウヤクタケ科を主とする277種の培養形質を記載する。うち85種は本書で初めて培養形質が記載された。
 培養形質の記載を主とする文献なので培養装置が使える専門家や培養にも挑戦しようとされる熱心なアマチュア向き。野外で採集したコウヤクタケ科をそのままの状態ですぐに同定するにはあまり役立たなそう。そのような用途には、A. Bernicchia & S. P. Gorjón (2010)、「 Fungi Europaei Vol. 12 Corticiaceae s.l 」(ヨーロッパの菌類第12巻 広義のコウヤクタケ科)がよい。しかし、コウヤクタケ科を本格的に知りたい方には本書は必須の文献かと思う。

The Genus Collybia

“絶版書、古書”
The_Genus_Collybia.jpg
“古書”
Halling, Roy E. (1983)
「The Genus Collybia (Agaricales) in the northeast United States and adjacent Canada」
(米国北東部、および隣接するカナダのヤグラタケモドキ属)
Mycologia Memoir No. 8

8%税込み 8,460円、送料180円
状態:新本同様
英語、14.823.3cm、148ページ、顕微鏡図91図、白黒標本写真22、ハードカバー
 本書は、米国北東部と近接のカナダに産するCollybia ヤグラタケモドキ属32種を詳細に記載する。そのうち新種記載は3、新組合せも3.
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード