FC2ブログ

Compendium of Soil Fungi Second edition

在庫切れ、お取り寄せ
“不完全菌同定に必携の第2版!”
Compendium_of Soil_Fungi
Domasch, Gams & Anderson. Revised by W. Gams (2007)
「Compendium of Soil Fungi Second edition」
(土壌菌類コンペンディウム、第2版)

IHW-Verlag & Verlagsbuchhandlung, Germany
参考8%税込 28,910円(以前の価格。為替レート・送料などによる変更あり)、プラス国内送料
在庫切れ、お取り寄せ
国内送料:ゆうパック80サイズ実費
(兵庫県内1010円、北陸・東海・近畿・中国・四国1080円、関東・信越・九州1180円、東北1290円、沖縄1600円、北海道1720円)

英語。21x30cm(A4版相当)。671ページ。線画・顕微鏡図378図。ハードカバー。
 不完全菌同定に必携の参考書「土壌菌類コンペンディウム」。出版時の最新のデータに基づいて改訂さた第2版。A4判、671ページの大形本。

不完全菌文献:
●CBS Biodiversity Series 10, 「Atlas of Soil Ascomycetes」(土壌子のう菌図譜)(2012)
Seifert, Keith, Gareth Morgan-Jones, Walter Gams & Bryce Kendrick (2011) 「The Genera of Hyphomycetes」(不完全菌の属)
Domasch, Gams & Anderson. Revised by W. Gams (2007)「Compendium of Soil Fungi Second edition」 (土壌菌類コンペンディウム、第2版)
Barnett, H.L. & Barry B. Hunter (1998)「Illustrated Genera of Imperfect Fungi, 4th edition」(不完全菌の属図譜、第4版)
M.B. Ellis & J.P. Ellis (1998) 「Microfungi on Miscellaneous substrates , An Idenrification Handbook. New Enlarged Edition」
M.B. Ellis & J.P. Ellis (1997)「Microfungi on Land Plants, An Idenrification Handbook, New Enlarged Edition」
Ellis, M.B. (初版1971)「Dematiaceous Hyphomycetes」 & Ellis, M.B. (初版1976) More Dematiaceous Hyphomycetes
Seifert, K., B. Kendrick & G. Murase (1983)「A Key to Hyphomycetes on Dung」(糞生の不完全菌の検索)
Subramanian, C.V. & S.P. Wasser (Edit.)(2001)「Soil Microfungi of Israel」(イスラエルの土壌微小菌類)

中国真菌志 第50巻、外担菌目 隔担菌目

在庫が1冊になりました。
新紹介!
「中国真菌志」は印刷部数が少なく、過ぐに絶版になります。早く入手されることをお勧めします。
中国真菌誌第502
Guo Lin et al. (2015) 「中国真菌志 第五十巻、外担菌目 隔担菌目」
(Flora Fungorum Sinicorum Vol.50 Exobasidiales Septobasidiales)
(中国真菌誌 第50巻、モチビョウキン目、モンパキン目)

科学出版社、北京
8%税込8,730円、送料360円、納期1週間(在庫1冊
中国語、19.4x26.6㎝、20+144+75図版ページ、線画・白黒図版多数、ハードカバー
中国に分布する担子菌の仲間、ツツジやツバキの仲間にもち病を引き起こすモチビョウキン属 Exobasidiumを含むモチビョウキン目3科4属35種と、樹木類のこうやく病の病原菌として知られるモンパキン属Septobasidium (モンパキン目モンパキン科)57種を検索表、顕微鏡図、巻末に白黒だが生態写真、培養菌株写真、光学顕微鏡写真、電子顕微鏡写真などをつけ詳細に解説する。掲載種には著者らが2014年に新種発表した種も含まれる

モンパキン属Septobasidium は、生きた樹木の枝の表面に膜状に広がる担子菌の仲間。カイガラムシと共生するようだ。切片を顕微鏡で観察すれば、担子器や独特の担子胞子が見える。キノコの一種として観察しても興味深いのではなかろうか。本書の著者のように新種が見つかる可能性も十分ある。新装山渓フィールドブックス7「きのこ」2006(絶版)には1種が載っていた。

Phyllachoraceae of Australia

Fungal_Diversity_Res_Ser_17.jpg
PEARCE, Ceridwen A. & Kevin D. HYDE (2006)
「Phyllachoraceae of Australia」

Fungal Biodivfersity Resarch Series 17
8%税込み価格12,120円、送料360円、納期1週間(在庫1冊
英語、18.4x26.1cm、8+308ページ、白黒顕微鏡写真多数、ハードカバー
The Phyllachoraceae are predominantly biotrophic plant parasites (e.g. Phyllachora spp.). In this treatise, the literature on the Phyllachoraceae is reviewed, with an emphasis on the history of the Phyllachoraceae in Australia. The phyllachoraceous genera of Australia are introduced, and the taxonomic characters used to delineate taxa are discussed. In total, more than 1100 specimens of phyllachoraceous taxa have been examined . The 84 acceptable phyllachoraceous taxa from 18 angiosperm families in Australia are described, and illustrated with photomicrographs and distribution maps(出版元の内容紹介文を引用)

Fungal Diversity Research Series 既刊:
Series 20、Novel Techniques and Ideas in Mycology> (菌類学における新手法とアイデア)
Series 19、Agaricales of New Zealand 1. Pluteaceae-Entolomataceae, The Fungi of New Zealand Vol. 5
Series 18、Genera of Freshwater Fungi(淡水の菌類の属)
Series 17、Phyllachoraceae of Australia
Series 16、Fungi on Trees and Shrubs in New Zealand、The Fungi of New Zealand Vol. 4
Series 15、Introduction to Fungi of New Zealnd. The Fungi of New Zealand Vol. 1
Series 14、Sporidesmium, Endophragmiella and related genera from China
Series 13、Revision of the Ascomycete genus Amphisphaeria
Series 11、Myxomycetes of New Zealand (ニュージーランドの変形菌) The Fungi of New Zealand Vol. 3
Series 10、Freshwater Mycology (淡水菌類学)
Series 9、The Genus Mycena in South-Eastern Australia、(南西オーストラリアのクヌギタケ属 )

イベリア半島のラブルベニア

昆虫、なかでも甲虫の触覚や体節の表面に付いて生きているラブルベニアと呼ばれる長さ1㎜かそれ以下の微小な子嚢菌の仲間がいます。顕微鏡で見ると菌体を構成している細胞が数えられるほどわずかで、基脚部と呼ばれる体表にくっつく部分が特徴的です。世界には約2千種ほど知られているそうです。
 虫を捕まえ、実体顕微鏡で体表を丹念に探すと見つかります。このラブルベニアを知るのも楽しいと思いますので、文献をご案内しましょう。
なお、ラブルベニアをもう少し知りたい方には、神奈川県立生命の星・地球博物館発行の「自然科学のとびら第9巻第1号」2009に出川先生が書かれた解説を見ることをお勧めします。
http://nh.kanagawa-museum.jp/tobira/9-1/degawa.html

1,
FloraMycologicaIbericaVol_4_Laboulbenialws, 1
Flora Mycologica Iberica Vol. 4.
Santamaria, Sergio (1998)
「 Laboulbeniales, I. Laboulbenia」
(イベリア半島の菌類フロラ第4巻、ラブルベニア目その1、ラブルベニア属)

Real Jardin Botanico Madrid / J. Cramer
価格 10,190円+税、送料360円(レターパック) 納期1週間(在庫2冊
スペイン語/英語完全併記。19.527.6cm。186ページ。本文中に線画多数。ペーパーバック。
イベリア半島に産するラブルベニア目を網羅記載する全3冊のうちの第1冊目。ラブルベニア属63種と2疑問種を見事な線画を付け詳細に記載する。

2.
FloraMycologicaIbericaVol_5_Laboulbenialws, 2
Flora Mycologica Iberica Vol. 5
Santamaria, Sergio (2003)
「 Laboulbeniales, II Acompsomyces-Ilyomyces」
(イベリア半島の菌類フロラ第5巻、ラブルベニア目その2、アコムプソミケス属-イリョミケス属)

Real Jardin Botanico Madrid / J. Cramer
価格 13,240円+税、送料360円(レターパック)、納期1週間(在庫1冊
スペイン語/英語完全併記。19.527.6cm。344ページ。本文中に線画多数。ペーパーバック。
イベリア半島に産するラブルベニア目を網羅記載する全3冊のうちの第2冊目。アルファベット順でアコムプソミケス属-イリョミケス属までのラブルベニア40属106種を見事な線画を付け詳細に記載する。
 
Flora Mycologica Iberica (イベリア半島の菌類フロラ)の既刊は次の通りです:
Flora Mycologica Iberica Vol. 1. Aphyllophorales resupinatae non poroides, I. Acanthobasidium-Cystostereum
Flora Mycologica Iberica Vol. 2 Myxomycetes, I.
Flora Mycologica Iberica Vol. 3. Gasteromycetes, I. Lycoperdales, Nidulariales, Phallales, Sclerodermatales, Tulostomatales
Flora Mycologica Iberica Vol. 4. Laboulbeniales, I. Laboulbenia
Flora Mycologica Iberica Vol. 5 Laboulbeniales, II Acompsomyces-Ilyomyces.
Flora Mycologica Iberica Vol. 6 Dictyosporic Dothideales.

Pyrenomycetous Fungi

Wehmeyer, Lewis Edgar (1975)
「The Pyrenomycetous Fungi 」
Mycologia Memoirs Vol. 6

8%税込み 10,200円、送料180円、納期 1週間(在庫3冊
英語。14.8x22.9cm。16+248ページ。ハードカバー。
内容:
Introduction (The Ascomycetes, Origin, Historical, Reproduction).
Classification (Key to Orders and Families of Ascomycetes, General Discussion of the Relationships and Major Characteristics of Ascomycetes).
Protoascomycetes. Endomycetales. Hemiascales. Taphrinales. Carpoascomycetes. Loculoascomycetes. Myriangiales. Dothideales. Pleosporales. Microthyriales. Hysteriales. Euascomycetes. Plectascales. Melanosporales. Xylariales. Allanthosphaeriales. Diaporthales. Erysiphales. Sphaeriales. Hypocreales. Clavicipitales. Laboulbeniales.

Novel Techniques and Ideas in Mycology

在庫2冊
Novel_Techiniques_and_Ideas_in_Mycology.jpg
Sridhar, K.R., Barlocher, F. & Hyde, K.D. (eds.) (2008)
Novel Techniques and Ideas in Mycology. (菌類学における新手法とアイデア)
Fungal Diversity Research Series 20

Fungal Diversity Press
8%税込み 7,220円、送料180円、納期 1週間(在庫2冊
英語、17.7x25.1cm、8+373ページ、ペーパバック
表題に関連する15論文を所収。著者はインド、カナダ、スペイン、ドイツ、米国、ポルトガルなどの研究者。
論文タイトルは次の通り(著者名略)。
1. Linking fungal diversity to the functioning of freshwater ecosystems.
 (菌類多様性を清水生態系の機能と関連付ける)
2. The role of fungi in the decomposition of emergent wetland plants.
  (挺水植物の分解に菌類の果たす役割)
3. Exploring the fungal genome: Going beyond the budding yeast Saccharomyces cerevisiae.
  (菌類のゲノムを探求する:出芽酵母Saccharomyces cerevisiaeの向こうに)
4. Prospects of fungi in nanotechnology.
5. Biosynthesis of nanoparticles by Fusarium oxysporum.
6. Functional diversity fungi and its importance in bioremediation.
7. Fungal responses to organic pollutants.
8. Fungal responses to heavy metals.
9. Simple techniques for studying angiosperm nectar ecology and microbiology.
10. Fungal biomass and growth.
11. Procedures for the identification of Ingoldian fungi.
12. Unconventional techniques to explore fungal diversity for industrial enzyme technology.
13. Electron beam irradiation - An emerging technology for fungal decontamination of food and agricultural commodities.
14. Interactions between fungi and stream invertabrates: back to the future.
15. Biochemical analysis of fungi using matrix-assisted laser desorption/ionization time-of-flight mass spectrometry (MALDI-TOF-MS)

Fungal Diversity Research Series 既刊

くろぼ菌類(Smut Fungi)文献

くろぼ菌最新文献!
IllusratedGeneraRustFungi_4th.jpg
Vánky, Kálmán (2013)
「 Illustrated Genera of Smut Fungi, Third Edition 」
( くろぼ菌属図譜、第3版 )

APS Press(米国植物病理学会出版部)
参考8%税込み23,930円*、送料360円、在庫切れ、お取り寄せ(6-8週間)
*出版元が使用する日本までの国際宅急便の価格が高く、その結果上記価格になりす。

英語、21.5x28.0cm、288ページ、光学顕微鏡写真・走査電顕写真・線画合計118、ソフトカバー
最新の系統分類に基づく104属(うち102属は担子菌、2属は子嚢菌)を検索表、豊富な図版、記載文で解説する。
くろぼ菌類に関心のある方に必携の最新文献。

こちらはお取り寄せ。
21世紀の菌学発展に大きな貢献をしたと賞されるくろぼ菌研究の重要文献。
Smut_Fugi_of_The_World.jpg
Vánky, Kálmán (2012)
「Smut Fungi of the World」 (世界のくろぼ菌類)

APS Press(米国植物病理学会出版部)
8%税込み概算82,900円*+送料650円(ただし東北、北海道・沖縄は別途)
納期6-8週間
*入荷時のUS$レートにより変わることがあります。
英語、21.3x27.5㎝、480ページ、線画650、顕微鏡写真2800、ハードカバー 、重さ4.5㎏もある重くて大きい本。
「Vánky (2012)はくろぼ菌類を2亜門4綱8目26科(もち病菌類は除く)に再編し、「Smut Fungi of the World」(本書) として世界的モノグラフを完成させた。その後、科や属の取り扱いについて若干の変更はあったものの、このモノグラフには、多くの図版とともに93属1650種の詳細な記載があり、種の同定はもとより、宿主や分布などを知る上で欠かせないものである。また、このモノグラフでは、系統解析などの結果を基に、多くの種でその分類学的位置が変更になったことに伴い、属名や種名の変更が行われている。なお、このモノグラフは、彼自身が世界各地から収集した多数の標本を用いた研究成果がその基になっていて、彼の地道な努力には敬意を表する。」 (柿嶌眞(2016) くろぼ菌類の分類の現状ー特に日本産くろぼ菌類の分類学的取扱いについて。日本菌学会会報第57巻第2号2016年11月99-119から引用)

Field studies in the Lasiophaeriaceae and Helminthosphaeriaceae sensu lato

2016年新刊!
Field_studies_in_the_Lasiophaeriaceae_ Hemlminthosphaeriaceae
Bell, Annand & Daniel P. Mahoney (2016)
「Field studies in the Lasiophaeriaceae and Helminthosphaeriaceae sensu lato」
(ラシオファエリア科と広義のヘルミントスファリエラ科の野外研究)

APS Press(米国植物病理学会出版部)
8%税込み概算14,600円、送料360円、納期約6週間
英語、124ページ、80図、ソフトカバー
材上生の子嚢菌 Lasiophaeriaceaeと広義のHelminthosphaeriaceaeの2科の野外研究用テキスト。採集標本の同定とそれをもとにしたさらなる研究を目的に書かれた。導入部は、近年増大する分子データと伝統的な形態データとの統合の難しさを述べる。新種12種を含む全種の検索表があり、さらに多数の写真と原色図を用い、掲載種を詳しく記載する。

A Monograph of Chalara and Allied Genera

在庫切れ中
A_Monograph_of_Chalara_and_Allied_Genera.jpg

A_Monograph_of_Chalara_and_Allied_Genera2.jpg
T. R. Nag Raj & Bryce Kendrick (1975)
A Monograph of Chalara and Allied Genera

Wilfrid Laurier University Press, CANADA
(参考8%税込価格 6,670円+送料)、在庫切れ中
英語。18.5x26.2cm。200ページ。線画多数。ハードカバー。
目次:
Preface
Acknowledgement
Materials and Methods
History, Morphology, and Conidium Ontogeny
Discussion
Taxonomic Part
References
Index of Genera and Species
Substrate Index

PS:
2016年4月6日に amazon.co.jpで本書を検索すると、新品はなく、中古品で273,439円+送料257円 と出てきた。いったい、これは悪い冗談?中身検索まで出来るのに・・・。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

ラブルベニア文献 (3)

昆虫、なかでも甲虫の触覚や体節の表面に付いて生きているラブルベニアと呼ばれる長さ1㎜かそれ以下の微小な子嚢菌の仲間がいます。顕微鏡で見ると菌体を構成している細胞が数えられるほどわずかで、基脚部と呼ばれる体表にくっつく部分が特徴的です。世界には約2千種ほど知られているそうです。
 虫を捕まえ、実体顕微鏡で体表を丹念に探すと見つかります。このラブルベニアを知るのも楽しいと思いますので、文献をご案内しましょう。
なお、ラブルベニアをもう少し知りたい方には、神奈川県立生命の星・地球博物館発行の「自然科学のとびら第9巻第1号」2009に出川先生が書かれた解説を見ることをお勧めします。
http://nh.kanagawa-museum.jp/tobira/9-1/degawa.html

1. 40年前の本です
Itroduction_and_Suppl_to_Ronald_Thaxters.jpg
Benjamin, Richard K. (1971)
「Introduction and Supplement to Ronald Thaxter's Contribution Towards A Monograph of The Laboulbeniaceae」

J. Cramer
8%税込3,680円、送料180円、納期 1週間(在庫1冊
英語。17.0x24.1cm。155ページ。ペーパーバック。
目次:Introduction / Acknowledgements / The Thaxter Era / The Post-Thaxter Era / The Genera of Laboulbeniales / Collection, Preservation and Preparation of Specimen / Bibliography of The Laboulbeniales / Additions and Emendations / Epilogue

2.古書
Beitrage_zur_Biologie_Okologie_Laboulbeniales.jpg
Scheloske, Hans-Werner (1969)
Beitrage zur Biologie, Okologie und Systematik Der Laboulbeniales (Ascomycetes).
Parastiologische Schriftenreihe Heft 19

Veb Gustav Fischer Verlag Jena
8%税込9,890円、送料180円、納期 1週間(在庫1冊
ドイツ語。16.8x23.8cm。176ページ。本文中に線画多数。ペーパーバック。
古書、状態良
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード