FC2ブログ

Geoffrey Kibby 先生のきのこ図鑑

2019年6月10日現在の最新の情報です。
(1)第2巻の出版時期、
6月8日のKibby 先生からの連絡では、
「現在、Vol.2に懸命に取り組んでいます。この秋の終わりごろには完成できればと考えています」 とありました。
11月か12月ごろに出版されるかと期待しています。出版され次第ご案内しますのでお待ち願います。
(2)在庫切れ書籍の入荷時期:1・2週間中に入荷予定です。

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

Geoffrey Kibby 先生は英国菌学会の発行する「Field Mycology」(野外菌類学) の上席編集者。
先生の図鑑は、野外での同定に役立つよう、大変分かりやすく書いてあると評判。
日本との共通種も多く載る。
佐野書店のベストセラーの一つ。

[英文タイトルをクリックすると、個別の図鑑解説に飛びます]

[総合図鑑]
著者Kibby 先生の自費出版
最新の系統分類を採用した、野外での同定に役立つ実践的図鑑。


Mushrooms_and_Toadstools_of_Britain10.jpg
Kibby, Geoffrey (2017)
Mushrooms and Toadstools of Britain & Europe, Vol. 1, 2nd Edition
(イギリスとヨーロッパのきのこ第1巻、第2版)
 
全2巻。第1巻・第2巻合計1850種を最新の系統分類に従い解説。

[属別図鑑]
すべて著者Kibby 先生の自費出版
属別に英国産の全種、ヨーロッパ産もほぼ網検羅。
肉眼だけで容易に同定できるよう工夫を凝らした検索表がつく。
野外で簡単に同定できるよう特徴をとらえた原色写真を使用。
日本との共通種も多く載る。

THE_GENUS_RUSSULA_in_Great_Britain1.jpg THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain2.jpg
Geoffrey Kibby
The Genus Russula in Great Britain, with Synoptic Keys to Species
(英国のベニタケ属、種への検索表付)


British_Milkcaps.jpg
Kibby, Geoffrey (2014)
British Milkcaps: Lactarius & Lactifluus
(英国のチチタケ類: チチタケ属とラクティフルース属)


The_genus_Tricholoma_in_Britain_1.jpg The_genus_Tricholoma_in_Britain_3.jpg The_genus_Tricholoma_in_Britain_4.jpg
Kibby, Geoffrey
The Genus Tricholoma in Britain」(英国のキシメジ属)


The_genus_Amanita2016.jpg The_Genus_Amanita_in_Great_Britain2.jpgThe_Genus_Amanita_in_Great_Britain3.jpg
Geoffrey Kibby
The Genus Amanita in Great Britain」(英国のテングタケ属)


イグチの仲間を知るには必携の文献
British_Boletes1.jpg British_Boletes2.jpg British_Boletes3.jpg
  (表紙)    (最新の分類による掲載種リスト)  (目次)
Geoffrey Kibby (2018)
British Boletes: With Keys to Species、8th edition
(英国のイグチ類、種への検索表付、第8版)



The_Genus_Agaricus_in_Great_Britain.jpg
Geoffrey Kibby
The Genus Agaricus in Britain
(英国のハラタケ属)

Cytology and Plectology of the Hymenomycetes

入荷しました。
ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。

“基本書中の基本書”
きのこの顕微鏡観察には必携の参考書
Cytrogy_and_Plectrogy_of_the_Hymenomycetes_revised.jpg
Clémençon, Heinz (2012)
with the assistance of: Valerie Emmett; Ernest E. Emmett
「Cytology and Plectology of the Hymenomycetes, 2nd revised edition」
(菌じん類の細胞学・組織学、改訂第2版)

8%税込み16,540円、送料360円、納期1週間(在庫4冊
英語、14x23cm、520ページ、顕微鏡図・顕微鏡写真、その他図版など636図・12表、ペーパーバック
初版から大幅に内容を充実させた第2版。初版に比べ約2割、100ページも増えた。菌組織のミクロの形態や種類、その形成過程などを、代表的分類群と関連付け、豊富な図入りで解説。大形菌類研究に関係する方々必携の書。参考文献リストも充実。
目次:
1 Basic concepts (基礎概念)
2 The Hyphae of the Hymenomycetes (菌じん類の菌糸)
3 The Mycelium and its Organs(菌糸体とその器官)
4 Mitospores of the Hymenomycetes(菌じん類の分生子)
5 Basidia and Basidiospores(担子器と担子胞子)
6 Cystidia, Pseudocystidia and Hyphidia(シスチジア、偽シスチジア、菌子状シスチジア)
7 Pigment Topography (色素の局所解剖学)
8 Bulbils, Sclerotia and Pseudosclerotia (小型菌核、菌核、偽菌核)
9 Basidiomes(担子器果)
10 Carpogenesis(果器形成)
11 Associations of Hymenomycetes with Other Organisms(菌じん類と他の生物との共生)
Bibliography (参考文献)
Subject Index (項目索引)
Taxonomic Index (分類名索引)

Clémençon先生のもう一つのベストセラー:
Clemencon, Heinz (2009)「Methods for Working with Macrofungi」(大型菌類研究法)(絶版)

本書を理解するに必要な英語=日本語の専門用語辞典はこちら
      日本菌学会編(2014)「新菌学用語集」

日本語ではこちらがお勧め: 「図解きのこ鑑別法」(絶版)

The Mycota Vol. VII, Second Edition, Systematics and Evolution Part B

紹介!
ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。
類を学ぶ人は必ず目を通しておくべき必読の書!
The_Mycota_7Second_PartB.jpg
McLaughlin, David J. & Joseph W. Spatafora (edits) (2016)
The Mycota Vol. VII, Second Edition, Systematics and Evolution Part B
(ザ マイコタ(菌界)第7巻、第2版、系統学と進化、パートB)

8%税込19,600円、送料510円、納期1週間(在庫2冊
英語、28x25.0㎝、23+311ページ、本文中に白黒図・写真・原色写真、ペーパーバック

新菌学用語集

在庫も20冊ほどに減りました。在庫のあるうちにご注文ください。

ご注文は、「ご注文メールフォーム」、からお願いします。ブログの右上にあります。
英語文献を読むには必携!論文を書くにも必携!
新菌学用語集
日本菌学会編(2014)「新菌学用語集」 日本菌学会
価格8%税込3,780円、送料サービス
A4、199ページ、うち図版48ページ、ペーパーバック、CD1枚付き
日本菌学会が総力を挙げて編集した「新菌学用語集」。

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 (本書)
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』(在庫切れ、入荷予定なし
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』本書も在庫切れ間近です。ご希望の方はご注文をお急ぎ願います
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
『Fungal Families of the World』 (世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)

The Kingdom of Fungi (菌類の王国:菌界)

在庫切れ
安くするには少部数の手配しかなく、すぐに在庫切れになり大変申し訳ありません
新しい系統分類群別に配列された美しい菌類写真集!
きのこを含む菌類に興味を持つすべての方にお勧め!

Kingdom_of_fungi_1.jpg  Kingdom_of_fungi_2.jpg  Kingdom_of_fungi_3.jpg
   表紙       根棒状きのこの平行進化     冬虫夏草
Kingdom_of_fungi_4.jpg  Kingdom_of_fungi_5.jpg
  冬虫夏草          菌根菌 
Petersen, Jens H. (2013)
「The Kingdom of Fungi」 (菌類の王国:菌界)

Princeton University Press(米国プリンストン大学出版部)
参考8%税込み 3,450円、送料510円(レターパックプラス)、在庫切れ

英語、22.0x28.1㎝、265ページ、全ページ原色写真、ハードカバー
きのこを含む菌類の素晴らしく美しい写真を、新しい系統分類に基づき配列し、短い解説を付した菌類写真集だ。
著者のJens H. Petersen氏は、デンマークAarhus Universityで20年以上菌類について教える菌学者。しかも写真家。本書の写真の多くは著者撮影。
目次:
・Preface(前書き)
・Introducing fungal life(菌類の一生へご案内)
・Fungal spores(菌類の胞子)
・The perfect imperfects(完璧な不完全世代:有性世代よりも効率的な無性世代)
・Fruiting bodies(子実体)
・The Ascomycota(子嚢菌門)
・The Basidiomycota(担子菌門)
・The Zygomycota and other groups(接合菌門、および他のグループ)
・Fungal ecology(菌類の生態学)
・Fungi in the world(世界の菌類)
・Fungal future(菌類の未来)
・Postscript(あとがき)
・Index(索引)

「ラローン重要医真菌、同定ガイド、第6版」

入荷!今年年6月末出版されたばかりの新刊!
最新の知見を反映した病原真菌の同定ガイド!
Larones_Medically_Important_Fungi_6thEd.jpg
Thomas J. Walsh, Randall T. Hayden & Davise H. Larone (2018)
「Larone’s Medically Important Fungi: A Guide to Identification, 6th Edition」
(ラローン重要医真菌、同定ガイド、第6版)
ASM Press(米国微生物学会出版部)

8%税込16,670円、送料510円、納期1週間(在庫2冊
英語、20.0x24.2㎝、26+523ページ、うち原色写真ページ28、線画・白黒写真多数、ハードカバー

本書は、1975年に初版が出版されて以降、40年以上にわたり病原真菌の同定ガイドとして使われてきた。
この6月末、遺伝子分析を反映した新分類や、その他の新知見を反映した第6版が出版された。
詳細な記載や画像、類似点や相違点などを解説。一層の知識を得るため参照文献も載せる。
病原性、培養時の成長特性、試薬による反応、顕微鏡下の形態などを、顕微鏡写真や図、原色写真をつけ詳しく解説する。

この第6版から、元からの著者Devise H. Larone名誉教授(コーネル大学)に加え、Thomas J Walsh 教授(コーネル大学)、Rendall T. Hayden博士(セントジュード小児研究病院)の二人が著者に加わり、内容を一層充実させた。

本書のおすすめポイントは次の通り(出版社PR文から、英語)
「続きを読む」をクリック願います。

続きを読む

最新の命名規約(原典版) 「深圳規約 2018」

在庫1冊になりました
新刊!
最新の命名規約(原典版) 「深圳規約 2018」
International_Code2018サイズ小
「International Code of Nomenclature for algae, fungi, and plant (Shenzhen Code) 2018」
(原典版、2018年 国際藻類・菌類・植物命名規約 (深圳規約))
8%税込11,140円、送料180円、納期1週間(在庫1冊になりました
英語、16.5x24.2cm、37+254ページ、ハードカバー
2017年7月、中国、深圳で開かれた第19回国際植物科学会議で採択された最新の命名規約の原典版。

この会議で菌類の命名法について重要な変更がなされた。それは第3部第8条で「Proposals to amend the Code relating solely to names of organism treated as fungi 」(菌類として扱われてきた生物の命名についての本規約の変更提案)が設けられたことであろう。(菌類の命名法について規定するF章が設けられたことも重要な変更であるが...)

それによれば、広義の菌類の命名法については、 International Mycological Congress(IMC)、Fungal Nomenclature Session(国際菌類学会、菌類命名法部会)に委ねられることが提案されている。第11回のInternational Mycological Congressは現在プエルトリコで開催中で、第12回は2022年に開催予定。今後は、広義の菌類の命名法についてこれらIMCの動きを注視する必要が出てきた。

「国際藻類・菌類・植物命名規約2018年版(深圳規約)」

分類関係者必携の「国際藻類・菌類・植物命名規約」最新版出版のお知らせ

5月に「International Code of Nomenclature for Algae, Fungi, and Plants. (SHENZHEN CODE). 2018」 (「国際藻類・菌類・植物命名規約2018年版(深圳規約)」)が出版されます。

佐野書店は、どこよりも早く英語版原書をお取扱いいたします。
出版後直ちに入荷、ご予約のお客様にお送りいたします。


価格は、国際輸送費が高くつきますので、概算1万円ほどになるかと思います
ご予約ご希望の方は、右の「ご注文書メールフォーム」からご予約願います。

なお、日本語版は、この原書をもとにに日本語訳化され出版されると思いますが、出版時期、価格等詳細は不明です。
日本版も出版されましたら、佐野書店で取り扱います。
(分類に熱心な方には、この原書版と日本語版の両方をお持ちになることをお勧めします)

Dictionary of the Fungi, 10th Edition

入荷!但し2冊。
基本書中の基本書
Dictionary_of_the_Fungi_10th_ed.gif
Kirk, P.M, P.F. Cannon,D.W. Mimter & J.A. Stalpers (2008)
「Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover」
(ディクショナリ オブ ザ ファンジャイ第10版、ハードカバー版)

CABI、第10版2008年出版。
8%税込 16,430円、送料650円、ただし東北950円、北海道・沖縄1250円、
納期1週間(在庫2冊
 基本書中の基本書、Dictionary of the Fungi, 10th Edition。出版時の分類体系にもとづき全面的に書き改められました。本書なしで菌類の分類を語ることはできない。

姉妹辞典、全ページ原色図版の菌類の科レベルの図入り辞典:
「Fungal Families of the World」(世界の菌類の諸科)

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
『国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]』
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集(2010)『日本産菌類集覧』
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
「Fungal Families of the World」(世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)

Illustrated Dictionary of Mycology, 2nd Edition

何度目かの入荷でしたが、在庫切れになりました。
お取り寄せになります。

英語の文献を読む方には必携の用語辞典。
Illustrated_Dictionary_of__Mycology.jpg
Ulloa, Miguel & Richard T. Hanlin (2012)
「Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition」
(図解菌類学辞典第2版)

APS Press(米国植物病理学会出版部)
参考8%税込 29,470円、送料650円、ただし東北950円、北海道・沖縄1250円、
納期6週間(お取り寄せ
英語、21.3x25.0cm、784ページ、原色写真・原色図多数、ハードカバー
 2000年に出版された定評ある旧版、図解菌類学用語辞典の全改定新版。旧版出版以降の新しい知見を反映する約5千の菌類学用語を解説する。全改定の結果、ページ数は旧版の2倍近くになった。
さらにこの第2版では、身近でない菌類の理解を助けるため、菌類の学名2708にその菌の原色写真をつける。これとは別に用語の理解のため、672の原色の線画が付ける。
 旧版もベストセラーであった。

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
『国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]』
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集(2010)『日本産菌類集覧』
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
『Fungal Families of the World』 (世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード