FC2ブログ

「日本産ハルシメジ類は少なくとも9種の未記載種を含む」

先日あった日本菌学会第63回大会で興味を引いた発表(1)。ご参考まで。
内容は講演要旨集からで、佐野の責任で短くまとめてあります。
(佐野は、問題があるのは承知の上で、「種=species」と呼べるのは生殖隔離が存在する分類群=生物学的種のみであり、そうでない分類群は亜種・変種・品種・分子種・形態種などと呼ぶべきと考えているので、発表内容に忠実でないところがある)

「日本産ハルシメジ類は少なくとも9種の未記載種を含む」
研究者:宍倉愛実(鳥取大院持続性)ほか
前提:
日本産ハルシメジ類には12の形態型が知られている。
調査対象標本:
E. clypeatum var. defibulatumのタイプ標本(オーストリアGranz大学標本庫から借用)および
全国から収集したNolamnidea節に属する標本。
分析:
形態学的・分子系統学的・生態学的に解析した。
分子系統学的にはrDNA ITS領域を分析した。
結果:
(1)次の9系統群が見つかった。
(2)これら系統群と宿主植物の分類群との間には相関関係があることがわかった。
系統1:宿主ウメ(スモモ亜属)、形態的には欧州産E. sepiumと合致するが、クレード内に欧州産E. sepiumの配列を含まない。
系統2:宿主サクラ(サクラ亜属)、形態的には欧州産E. sepiumと合致するが、クレード内に欧州産E. sepiumの配列を含まない。
系統3:宿主ナナカマド属、形態学的にE. clypeatum var. defibulatumのタイプ標本と一致するが、同種とするには再検討する必要がある。
系統4:宿主サクラ、形態学的に一致する種がない。
系統5:宿主サクラ、形態学的に一致する種がない。
系統6:宿主ナシ連、形態学的にE. clypeatumと合致するが、クレード内に欧州産E. clypeatumの配列を含まない、しかも初冬にも発生。
系統7:宿主バラ属、国内産E. clypeatum f. hybridumの配列と同一クレードを形成し、形態学的にも本品種(forma)と同じ。
系統8:宿主ニレ科、欧州産E. saundersiiと姉妹群だが形態学的に区別できる。
系統9:宿主ニレ科、国内産E. aprileと同じ配列を含むが、クレード内に欧州産E. aprileの配列を含まない。形態学的には国内産E. aprileと合致する。
以上

日本語版「国際藻類・菌類・植物命名規約(深圳規約)2018」

日本植物分類学会 国際命名規約邦訳委員会訳・編集の『国際藻類・菌類・植物命名規約(深圳規約)2018[日本語版]』が北隆館から2019年6月刊行の予定だそうです。
詳細は日本植物分類学会のHPをご覧願います(予約割引などの方法が書かれています)。

 日本植物分類学会URL:http://www.e-jsps.com/wiki/wiki.cgi

 原典版はこちら:http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1568.html

未紹介・途中で消えてしまった文献

書庫を調べると、まだ紹介していない文献や一度紹介したがその記事がブログから消えてしまったと思える文献に気づく。
下記文献もそのようだ。
早い時期に紹介したいと思う。



Marxmuller, Helga (2014) 「Russularum Icones, Band I & II」(ベニタケ図譜第1巻・2巻)
 300点の実物大原色図と顕微鏡図。大判で第1巻・2巻合計712ページに及ぶ大冊。高価
 最大のポイントは、 Felix Hampe & Ursula Eberhardtが実施した遺伝子分析結果が解説されていることだろうか。
 予約販売だったようでブログで紹介しないうちに絶版になってしまった。在庫2.5組(第2巻1冊が行方不明)。

Noordeloos, M. E., H. C. den Bakker, S. van der Linde, A. Verbeken, J. Nuytinck (2018)
  「Flora Agaricina Neerlandica, Volume 7: Boletales & Russulales」

 誤って削除したのだろうか?記事が見当たらない。しかしすでに10人の方から購入いただいている。記事を載せなくては。

Horak, Egon (2018)
  「Fungi of New Zealand Vol. 6 Agaricales (Basidiomycota) of New Zealand. 2. Brown spored genera,
   Westerdijk Biodiversity Series 16 」

 本書は、誤って記事を削除した記憶がある。すでに5人の方から購入いただいている。再度記事を載せなくては。

リンクの再設定

「日本菌学会」へのリンクなどいくつかのリンクが切れていましたので再設定しました。

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

190101謹賀新年1
2018年12月タリン(エストニア共和国)の花屋さんにて撮影

スパムメール攻撃

スパムメール攻撃:
2018年11月23日午後5時過ぎから佐野の「dion」のメールアドレスに信じられないほど大量のメールが送られてきました。
インターネットを切断し、メールソフトを開かず放置しました。
使用しているメールソフトはポータブルタイプでUSBメモリーにインストールしてあります。
PCはLANケーブルでインターネットに接続しているのでLANケーブルを抜けばインターネットから遮断できます。また、USBメモリーを外せばメールソフトをインターネットから遮断できます。

26日に開いてみると、24日午後6時半頃攻撃は終わっていました。おおよそ25時間ほどの集中攻撃でした。25時間で14万通ほど受信していました。
ひょっとしたら、プロバイダーのメールボックスの容量を越えたので、これ以上受信できなかったのかもしれません。

どのメールも同じで、差出人は、「no-reply@app.auone-net.jp」、件名は、「メール送信エラー通知」でした。1通の容量は5.9kb~26 kbで、添付ファイルはついたり、つかなかったり。
26日は、ほぼ一日かけてスパムメールを削除しました。
昨日27日から正常に戻っています。

“大津事件”

大津事件に関する投稿は、「facebook 佐野悦三」に引っ越しました。

皆様にご不便をおかけいたします。

佐野書店は、6月26日(火)から7月3日(火)まで出張のため、皆様にご不便をおかけいたします。
PCを持参するのでメールなどは可能ですが、操作できる時間が少ないのですぐにお返事等はできないと思います。
ご不便をおかけしますが、ご了承お願いいたします。

送料改定のご連絡

郵便局からの通知を受け、5月1日発送分から送料を下記の通りとさせていただきますので連絡いたします。
(佐野書店は全ての本・きのこグッズの発送は、日本郵便を使用しております)



1 クリックポスト(重さ1kg以下、厚さ3㎝まで、A4サイズ):180円(変わらず)
2 レターパックライト(重さ4㎏以下、厚さ3㎝まで、A4サイズ):360円(変わらず)
3 レターパックプラス(重さ4㎏以下、厚さ制限なし、A4サイズ):510円(変わらず)
4 上記以外:ゆうパックによる(料金は日本郵便価格表通り

ひょっとして文科省もそうかい?:日本経済新聞19日朝刊

日本経済新聞19日(月)朝刊に次の記事が載った。
(大意)
前文部科学事務次官の前川喜平氏が、2月16日、名古屋市立中学校で講演をした。その13日後の3月1日、文科省が15項目にわたり講演内容の詳細報告を求めるメールを名古屋市教育委員会に送った。
しかし、その前に自民党文部科学部会所属の地元選出の国会議員が文科省にその講演について何度も問い合わせしていたことが判った。
(文科省は、この自民党議員の問い合わせを受けて、報告要請をしたのではないか?

教育基本法は教育行政について次の通り定める。
第十六条 教育は、不当な支配に服することなく、この法律及び他の法律の定めるところにより行われるべきものであり、教育行政は、国と地方公共団体との適切な役割分担及び相互の協力の下、公正かつ適正に行われなければならない。

はたして、文科省独自の判断で詳細報告を求めたのか?自民党議員の圧力の結果、動いたのではないか?

もう一言
貧困により進学できない子供たちが増えているそうだ。

教育基本法は次の通り定める。
第四条3項 国及び地方公共団体は、能力があるにもかかわらず、経済的理由によって修学が困難な者に対して、奨学の措置を講じなければならない。

適切な奨学措置が講じられているか?
平成30年度から、給付型(返還不要)奨学金制度が充実したが、果たして十分だろうか?

高等教育を受けた人の生涯収入は、受けない人に比べ大幅に多いことが分かっている。
貧困格差解消の中長期的解決は、貧困により高等教育を受けられない子供たちに高等教育を受けられるようにすることに尽きる!(もちろん、当たり前だが能力に応じてだ)

文科省は、教育基本法の趣旨に反する恐れのある調査に力を注ぐより、貧困格差解消に向け、教育の機会均等を目指しあらゆる手段を講じる方に力を注いだらどうだ!
それを自民党の手柄にすれば、貧困にあえぐ子供たち、文科省、それに自民党の3者にとって、三方一両損ならぬ三方一両得の好結果を生む。励め!文科省。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード