ザラミノシメジ属観察報告

FUNGI NON DELINEATI (不明確な菌類)シリーズ
Fungi_Non_Delineati_25_Osservazioni.jpg
Fontenla, R., M. Gottardi & R. Para (2003)
「Osservazioni sul genere Melanoleuca」
(第25巻 ザラミノシメジ属の観察報告)

FUNGI NON DELINEATI Vol. 25
価格 2,658円+税、送料82円(メール便)、納期1週間 (在庫1冊
イタリア語。17x24cm。ペーパーバック。112ページ、うち原色図版20ページ。本文中に白黒顕微鏡図多数。検索表あり。新種記載時のラテン語記載文あり。
ザラミノシメジ属は多くはキシメジ型の子実体を持ち、胞子紋が純白からクリーム色、多くは胞子がいぼ状突起におおわれ、シスチジアの先端に結晶または粒状物が付着することが多い、という特徴を持つ。
本書はヨーロッパ産27種を原色写真・顕微鏡図とともに詳細解説する。研究者によって記載にばらつきがある種は、分類形質の比較表が載せてあるのも親切。今関・本郷1987原色新日本菌類図鑑1にはわずか3種しか載っていない。本書を参考に多くの日本新産種を見つけていただきたい。

新刊!根田仁『きのこミュージアム』

9月下旬出版!
一般への販売に先立ち、19日からの宮城フォーレ会場で先行販売!(ただし、部数に制限あり)
しかもフォーレ会場限りの記念特価で販売!
フォーレには著者の根田先生が参加されますので、希望者には会場でサインしてもらえます。

[ 未出版のため表紙写真ありません  ]

根田仁(2014)「きのこミュージアム、森と菌との関係から文化史・食事まで」、八坂書房
価格 1,800円+税(8%税込1,944円)、送料サービス、納期:9月下旬発送
四六判、296ページ、カラー多数、並製
目次:
第1室:摩訶不思議の世界
第2室:きのこを見て森を知る
第3室:グローバルネームと言葉の世界
第4室:毒か薬か?食べるな危険!!

Philatelic Mycology(切手による菌類学)

大変お待たせしました。入荷しました
ご予約済のお客様には、すみません、遅れて9月14日(日)にレターパックでお送りする予定です。
宮城フォーレでは見本を展示しご注文を賜ります。フォーレ終了後、発送。
CBS_Biodiversity_Series_14.jpg
Marasas, Walter F.O., Hendrieka M. Marasas, Michael J. Wingfield & Pedro W. Crous (2014)
「Philatelic Mycology: Families of Fungi」 (切手による菌類学:切手に描かれた菌類たち)
CBS Biodiversity Series 14

価格 本体7,149円+税、送料360円(レターパック)、納期1週間(在庫)
英語、21.6x33.0cm、4+107ページ、きのこ切手はすべてカラー図版、ハードカバー
世界109か国のきのこ切手1千枚を、系統分類に従って科・属・種と配列した切手によるきのこ図鑑。64科150属430種を載せる。少数だが植物病原菌切手もある。採用された系統分類は、Order(目)はHibbett et al.(2007)*、Family(科)はCannon & Kirk(2007)*、Genera(属)はKirk et al. (2008)*。
目・科・属の簡単な解説があり、それぞれの切手には、発行国・年、額面額が書かれる。すべてではないが、学名の由来・きのこの簡単な解説も書かれる。
Lentinula edodes(シイタケ)には、日本では唯一のきのこ切手が使われているかと期待したが、残念!中国・ケニア・北朝鮮・韓国の4か国のシイタケ切手が使われており、日本のシイタケ切手は使われてなかった。
 Hibbett et al.(2007): A higher-level phylogenetic classification of the Fungi.
                                      Mycological Research 111:509-547  
 Cannon & Kirk(2007): 「Fungal Families of the World」 CAB International
 Kirk et al. (2008): 「Dictionary of the Fungi. 10th Edition」 CAB International

佐野書店扱いCBSの出版物一覧は、こちら
カテゴリー:「オランダCBS の出版物」からは詳細がご覧いただけます。

2014年9月文献案内

長く中断していましたが、文献案内を再開します。
ご希望の皆様に、メールマガジン風に電子メールでお送りしていましたが、メ-ルソフトの切り替えが終わっていないので、当面、佐野書店ブログだけの公開になります。
ご注文は、右欄の「ご注文メールフォーム」を使ってお願いします。
ご質問や、お問い合わせは右欄の「お問合せメールフォーム」を使ってお願いします。
(電子メールを送られる場合は、e_sano@xxxxxxxのアドレス(非公開)にお願いします。esanoaioi@xxxxのアドレスは現在使われていません)

備考
1.ご紹介する外国文献の在庫は少部数です。在庫切れの場合、追加の入手に2か月ほどかかったり、さらには入手できないこともあります
2.分類法・学名は、紹介図書のものをそのまま引用します。最新有効学名は Index Fungorum などで確認してください。
3.学名に対応する和名は、勝本謙(2010)「日本産菌類集覧」、池田良幸(2014)「追補北陸のきのこ図鑑」、今関六也・本郷次雄(1987・1989)「原色新菌類図鑑(I)・(II)」などによります。対応和名が見つからない時は未記入です。

1.
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲) (2014)
「追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録」 
 
橋本確文堂
価格 8,500円+税、送料サービス、在庫、
A4版、本文360ページ+カラー図版36ページ、ペーパーバック、カバー付、
池田良幸先生の60余年に及ぶきのこ研究の集大成となる「北陸のきのこ図鑑」シリーズがこの「追補」で完結した。2013年出版の「新版」で1524種を解説し、この「追補」では新版にはない447種を解説する。2冊合計1971種を解説する日本最大のきのこ図鑑となった。
こちらの解説もどうぞ。

2.
Li yu & Tolgor Bau (2014)
「中国真菌志第四十五巻侧耳-香菇型真菌」
(中国真菌誌第45巻、ヒラタケ型-ケガワタケ型菌類)
、科学出版社
価格 4,250円+税、送料360円(レターパック)、在庫
英語。16.9x23.9cm。20+本文206ページ+原色生態写真7ページ。本文中顕微鏡図多数。ハードカバー。
  この第45巻は、次の10属72分類群を、属から種への検索表と、種の記載には顕微鏡図をつけ解説する。(1)Campanella(アミヒダタケ属)3、(2)Hohenbuehelia(ヒメムキタケ属)11、(3)Lentinellus(ミミナミハタケ属)11、(4)Lentinus(ケガワタケ属)6、(5)Omphalotus(ツキヨタケ属)3、(6)Panellus(ワサビタケ属)4、(7)Paunus(カワキタケ属)11、(8)Pleurotus(ヒラタケ属)28、(9)Resupinatus(シジミタケ属)3、(10)Schizophyllum(スエヒロタケ属)2。
2011年発表された新種が載るなど新しい種も載せる。

菌類は、菌根形成など植物と密接な関係を持つ。日本の植物は、かつては日本列島と地続きであった中国大陸の植物と深い関連を持つ。日本の植物を知るには中国大陸の植物の知識が必要なことと同様に、日本のきのこを知るには、中国大陸のきのこを知ることが必要である。この意味で「中国真菌志シリーズ」は、日本産菌類を知るための重要文献である。この「中国真菌志シリーズ」は、出版部数が少なく、出版後短時間で絶版になることが多い。速やかなご注文をお奨めします。
佐野書店在庫の「中国真菌志シリーズ」をお探しの時は、右欄の「ブログ内検索」でキーワード “中国真菌志”で検索願います。

3.
Zhuang Wenying (主著)(2014)
「中国真菌志 第48巻、火丝菌科」
(中国真菌誌 第48巻、ピロネマキン科)
、科学出版社
価格 4,250円+税、送料360円(レターパック)、在庫2冊
英語。16.9x23.9cm。20+本文233ページ+走査電顕写真2・原色生態写真2ページ。本文中顕微鏡写真多数。ハードカバー。
この第48巻は、チャワンタケの仲間のピロネマキン科、次の34属126分類群を、科から属への検索表、属から種への検索表、さらに種の記載には顕微鏡写真をつけ解説する。(1)Acervus6、(2)Aleuria(ヒイロチャワンタケ属)3、(3)Aleurina(アレウリナ属)3、(4)Boubovia2、(5)Byssonectria1、(6)Cheilymenia(クチガネチャワンタケ属)7、(7)Genea(ジマメタケ属)4、(8)Geneosperma2、(9)Geopora3、(10)Gyopyxis(ヤケアトサカズキタケ属)2、(11)Humaria(シロスズメノワン属)1、(12)Hydnocystis1、(13)Jafinea2、(14)Lamprospora1、(15)Melastiza(ベニサラサタケ属)2、(16)Neottiella2、(17)Octospora5、(18)Otidia(ウスベニミミタケ属)18、(19)Parascutellinia1、(20)Pseudombrophilia1 、(21)Psilopezia3、(22)Pulvinula7、(23)Pyronema(ピロネマキン属)2、(24)Rhodosypha1、(25)Scutellinia(アラゲコベニチャワンタケ属)27、(26)Smardaea4、(27)Sowerbyella、(28)Sphaerosporella1、(29)Spooneromyces1、(30)Tarzetta2、(31)Tricharina1、(32)Trichophaea5、(33)Trichophaeopsis1、(34)Wenyingia1。
チャワンタケに興味を持つ方には必携の文献。

4.
Tolgor Bau(主著)(2014)
「中国真菌志第四十九巻、球盖菇科(1)」
(中国真菌誌 第49巻、モエギタケ科(1))
、科学出版社
価格 4,250円+税、送料360円(レターパック)、在庫
中国語、19.3x26.5cm、20+本文212ページ+走査電顕写真2・原色生態写真6ページ、本文中に顕微鏡図多数、ハードカバー
この第48巻モエギタケ科(1)は、次の9属111分類群を、属から種までの検索表と、種の記載には顕微鏡図をつけ解説する。(1)Kuehneromyces(センボンイチメガサ属)1、(2)Naematoloma(クリタケ属)8、(3)Copelandia(アイゾメヒカゲタケ属)2、(4)Panaeolina(ヒメシバフタケ属)2、(5)Panaeolus(ヒカゲタケ属)12、(6)Pholiota(スギタケ属)56、(7)Pleuroflammula4、(8)Psilocybe(シビレタケ属)11、(9)Strophalia(モエギタケ属)16。
2012年新種発表された新しい種も載る。新組合せの提案がある。日本産菌類を知るための重要文献。

アンリ博士のフウセンタケ属図譜

Les_cortinaires_du_Henry.jpg
Bidaud, A., P. Reumaux et X Carteret (coord.) (2012)
「Le Cortinarius du docteur Henry, Plaches inbedites 」
(アンリ博士のフウセンタケ属図譜、未発表の図譜集)

Fédération mycologique et botanique Dauphiné-Savoie (略称:FMBDS)
価格 15,149円+税、送料510円、ただし東北800円、沖縄・北海道1300円、納期1週間(在庫3冊
フランス語、24.5x30.9cm、439ページ、そのほとんどは原色図版、ハードカバー
 フウセンタケ属の研究で知られるフランスHenry博士の未発表のフウゼンタケ図譜集。本編に加え、13ページにわたるPatrick Reumaux氏の前書きとXavier Carteret氏の解説の二つがある。
 長年「Atlas des Cortinaires」(フウセンタケ属アトラス)を出版し続けているフランスのきのこと植物の会Fédération mycologique et botanique Dauphiné-Savoieがフウセンタケ属の重要資料として出版した。

イベリア半島のフウセンタケ属第3巻

FungiNonDelineati_58_59.jpg
Fungi Non Delineati Pars 58-59
Gruppo Ibero-insular de Cortinariologos (GIC) (2011)
「Cortinarius Ibero-insulares -3- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第3巻)

Edizioni Candusso, Alassio, Italy
価格 5,704円+税、送料360円(レターパック)、納期1週間(在庫3冊
スペイン語、17.0x24.0cm、236ページ、うち原色生態写真・原色顕微鏡写真86ページ、本文中に走査電顕写真多数、ペーパバック。
 イベリア半島に産するフウセンタケ属全種を解説しようとする意欲的なシリーズの第3巻。Cortinarius albovariegatus、C. xerophlusなど合計50種を原色生態写真・原色顕微鏡図、さらに本文中には胞子の走査電顕写真等をつけ詳述する。
既刊:
「Cortinarius Ibero-insulares -3- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第3巻)
「Cortinarius Ibero-insulares -2- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第2巻)
「Cortinarius Ibero-insulares -1- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第1巻)

フウセンタケ属の文献全般は、CATEGORIES「菌類(フウセンタケ属)」をダブルクリックするとご覧になれます。

イベリア半島のフウセンタケ属第2巻

FND48_49CortinariusIbero2.jpg
Fngi Non Delineati 48ー49
Grupo Ibero-insular de Cortinariologos (GIC) (2009)
「Cortinarius Ibero-insulares -2-」 (イベリア半島のフウセンタケ属第2巻)
 
Edizioni Candusso
在庫切れ中
スペイン語。17.0x24.0cm。248ページ。うち原色写真106ページ。本文中に走査電顕写真多数。ペーパーバック。
 イベリア半島に分布するフウセンタケ属を網羅する原色図鑑シリーズの第2巻。この第2巻はCortinarius alpicolaほか合計50種を、第1巻同様、胞子の走査電顕写真、生態原色写真、胞子や組織の光学顕微鏡写真など多数の図版を付け詳細に解説する。スペイン語はとっつきにくいが、本書の半分以上を占める図版が理解を助ける。検討標本はすべて番号をつけられ各地の標本庫に保存されている。
 分類はフランスのBidaudほかのAtlas des Cortinariusに従う。 Atlas des CortinariusIl Genere Cortinarius in ItaliaやCortinarius Flora Photographicaなどの先行するフウセンタケ属図鑑に比べての本書の特徴は図が豊富なことだろうか。本巻で新種Cortinarius xanthosarxと新変種C. olidus var. roseophyllusが記載された。

既刊:
「Cortinarius Ibero-insulares -3- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第3巻)
「Cortinarius Ibero-insulares -2- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第2巻)
「Cortinarius Ibero-insulares -1- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第1巻)

フウセンタケ属の文献は、CATEGORIES:菌類(フウセンタケ属)をダブルクリックするとご覧になれます。

イベリア半島のフウセンタケ属第1巻

FungiNonDelineati_41-42.jpg
Fungi Non Delineati Pars 41-42
Grupo Ibero-insular de Cortinariologos (GIC) (2007)
「Cortinarius Ibero-insulares -1-」 (イベリア半島のフウセンタケ属第1巻)

Edizioni Candusso
価格 5,880円+税、送料360円(レターパック)、納期 1週間(在庫2冊)
スペイン語。272ページ、うち原色図版156ページ。走査電顕写真本文中に多数。ペーパーバック。
 イベリア半島に分布するフウセンタケ属を網羅する原色図鑑シリーズの第1巻がこの9月出版された。すでにヨーロッパ全体のフウセンタケ属をカバーする図鑑がフランスとスウエーデンから、イタリア産のフウセンタケ属をカバーする図鑑がイタリアから出版中であるが、これらに負けじと、スペインのフウセンタケ属研究家が研究グループを結成し出版したようだ。第1巻はCortinarius arcanusほか合計50種を、胞子の走査電顕写真、生態原色写真、胞子や組織の光学顕微鏡写真などを付け詳細に解説する。スペイン語は易しくないが、本書の半分以上を占める図版が理解を助ける。検討標本はすべて番号をつけられ各地の標本庫に保存されている。分類はフランスのBidaudほかのAtlas des Cortinariusに従う。先行するフウセンタケ属図鑑と比べた本書の特徴は、豊富な光学顕微鏡写真だろうか。なお、本巻で1新変種が記載された。

既刊:
「Cortinarius Ibero-insulares -3- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第3巻)
「Cortinarius Ibero-insulares -2- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第2巻)
「Cortinarius Ibero-insulares -1- 」 (イベリア半島のフウセンタケ属第1巻)

フウセンタケ属の文献は、CATEGORIES:菌類(フウセンタケ属)をダブルクリックするとご覧になれます。

Albert Ricken

“きのこの名著、復刻版”
販売は世界中で佐野書店のみ!
Die_Blatterpilze.jpg Die_Blatterpiltz2.jpg
Albert Ricken (オリジナル1915)(復刻版1980)
Die Blatterpilze (Agaricaceae) (ハラタケ科図鑑)

価格 13,519円+税、送料510円(レターパック)、納期 1週間 (在庫2冊
ドイツ語。16x23cm。目次24ページ+本文480ページ+原色図版112ページ。ハードバック。上質の外箱付き。
Albert Ricken(1851-1921)はドイツの大菌学者。Clitocybe grumata Rickenや、ホウキタケのRamaria botrytis (Pers.:Fr.)Rickenなどに名を残す。本書は、ドイツ産ハラタケ科1,412種を記載し、丁寧に描かれた原色図版で図示する。
オリジナルの出版は90年前の1915年。この復刻版も出版されてから20年たち、出版元では絶版になり、販売は世界中で佐野書店のみとなった。
佐野書店が扱う「きのこの名著、復刻版」は次の通り:
Jakob E. Lange (オリジナル1935-40) 「Flora Agaricina Danica」(デンマークの菌類フロラ)
「Conspectus Fungorum in Lusatiae Superioris 」(北ルーサティア地方の菌類、オリジナル1805年、復刻版出版1993年)

腹菌類

Gasteromycetes_Morphological_and_Development.jpg
Orson K. Miller, Jr. & Hope H. Miller (1988)
Gasreromycetes Morphological and Developmental Featutres with Keys to the Orders, Families, and Genera
(腹菌類、形態学的および発生学的特徴と、目・科・属への検索表)

価格 3,658円+税、送料164円(メール便)、 納期 1週間(在庫3冊
英語。148ページ。本文中に白黒図多数。ペーパーバック。
腹菌類という名前は分類群の名称としてはなくなったが、生態的・形態的特徴を表す言葉としては、まだ健在ではないだろうか。
本書は、腹菌類を解説した教科書として定評があった。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード