しばらく出張

店主の佐野は3月28日(土)から4月5日(日)まで出張です。執務開始は6日(月)午後からです。
この間、メールのチェックができないこともありますのでご了承願います。

メール便廃止について

3月31日をもってクロネコヤマトのメール便が廃止されます。
佐野書店は、4月1日以降、日本郵便のゆうメール(重量制)、レターパックライト(厚さ3㎝以下360円)、レターパック(全国一律510円、ただしサイズ・重量制限あり)、ゆうパック(80サイズまで510円、ただし、東北770円、北海道・沖縄1300円)などを使い分け、安価な手段でお送りいたします。

中国真菌志 第43巻 Paecilomyces, Isaria and Taifangflania

新紹介!
冬虫夏草に関心のある方にもお勧め。
中国真菌志第43巻
Liang Zongqi (2012)
「中国真菌志 第43卷拟青霉属棒束孢属戴氏霉属」
(Flora Fungorum Sinicorum Vol. 43 Paecilomyces, Isaria and Taifangflania)
(中国真菌史第43巻、マユダマタケ属、クモタケ属、およびタイファングフラニア属)

8%税込4,890円、送料360円、納期1週間(在庫4冊
中国語、19.2x26.5cm、前書17ページ+本文154ページ+原色図版4ページ、本文中に顕微鏡図、ハードカバー
総論は66ページを使い、分子系統分類を含む分類史、生物学・生理学的特徴、研究方法、生物活性物質に着目した経済的重要性、および人工培養などを解説する。
各論は65ページを使い、拟青霉属=Paecilomyces=マユダマタケ属24種(うち有性世代がCordyceps=ノムシタケ属のもの3種)、その近縁属2属2種、棒束孢属=Isaria=クモタケ属10種(うち有性世代がCordyceps=ノムシタケ属のもの3種)、霉属=Taifangflania=タイファングフラニア属8種、などを検索表をつけ、詳細に解説する。
(和名は勝本謙(2010)「日本産菌類集覧」による)

東アジアの東端に位置する日本の菌類を知るには、東アジアの大部分を占め、気候的にも砂漠やステップの乾燥気候から高温多湿の亜熱帯気候、さらには冷涼な冷帯気候まで多様性に富む中国に産する菌類を知ることが必要です。
中国に分布する菌類を知って見ませんか?

佐野書店がご紹介した中国真菌史:(在庫・価格はお問合せください)
(出版部数が少ないので、絶版になることが多い)
第49巻、球盖菇科(1)、Vol .49 Strophariaceae (1)
第48巻、火丝菌科、Vol. 48 Pyronemataceae
第47巻、叢赤殻科生赤殻科 Vol. 47 Nectriaceae et Bionectriaceae
第45巻、侧耳-香菇型真菌、Vol. 45 Pleurotoid-Lentinoid Fungi
第44巻、牛肝菌科(2)、Vol. 44 Boletaceae (II) (イグチ科2)
第43巻、卷拟青霉属棒束孢属戴氏霉属、Vol. 43 Paecilomyces, Isaria and Taifangflania
第42巻、革菌科(1)、Vol. 42 Corticiaceae S.L.(I)
第36巻、地星科 鳥巣菌科 (Geastraceae Nidulariaceae) ( ヒメツチグリ科、およびチャダイゴケ科)
第34巻、擬茎点霉属 (Phomopsis)(ホモプシス属;果菜の病原菌)
第32巻、冬虫夏草属 在庫切れ
第29卷、Hymenochaetaceae (タバコウロコタケ科)
第28巻、虫嚢菌目 (Laboulbeniales)(ラブルーベニア目)
第27巻、Amanitaceae (テングタケ科) 絶版
第23巻、Sclerodermatales, Tulostomatales, Phallales (ニセショウロ目、ケシボウズタケ目、スッポンタケ目) 在庫切れ
第22卷、牛肝菌科(1) (Boletaceae 1)(イグチ科1)
第21巻、晶杯菌科肉杯菌科肉盤菌科 (Hyaloscyphaceae, Sarcoscyphaceae et Sarcosomataceae)
       (ヒナノチャワンタケ科、ベニチャワンタケ科、およびクロチャワンタケ科 )
第 8巻、Sclerotiniaceae et Geoglossaceae (キンカクキン科およびヒメテングノメシガイ科)
第 2巻、Termellales & Dacrymycetales (シロキクラゲ目およびアカキクラゲ目)
粘菌巻2、Physarales & Stemonitales
粘菌巻1、Ceratiomyxales, Echinosteliales, Liceales & Trichiales

きのこミュージアム

きのこについて、いろんな角度から深く知りたい方にお勧め!
本書は、2014年12月月28日(日)付朝日新聞、“時代を読むこの3冊”の1冊に選ばれました。
きのこミュージアム
根田仁(2014)
「きのこミュージアム、森と菌との関係から文化史・食毒まで」
 八坂書房
8%税込定価1,944円、送料サービス、納期1週間(在庫)
13x18.8cm、295ページ、本文中に原色写真、白黒写真、図、ペーパーバック、カバー付
このたび森林総合研究所の根田仁先生の書かれた「きのこミュージアム」が出版された。
前の「きのこ博物館」が絶版になったのを機に、内容を倍増し新たに「きのこミュージアム」と名付けて出版された。
柔らかいきのこについてはだれよりも詳しい根田先生が、ミュージアムの展示室のように、テーマ別に解説したものだ。
目次:
第1室 摩訶不思議の部屋
     ・松の精気で出来たという、地中のきのこ
     ・光る毒きのこ、ほか多数
第2室 きのこを見て森を知る
     ・ブナ林のきのこ
     ・松林のきのこ
     ・コナラ・クヌギ林のきのこ、ほか多数
第3室 グローバルネームと言葉の世界
     ・きのこの学名物語、万国共通の名前を知ろう!
     ・きのこの和名、ほか多数
第4室 きのこ食堂へようこそ
     ・庶民が広めた、シイタケづくり
     ・古来の味覚、ヒラタケの味、ほか多数
第5室 毒か薬か?食べるな危険!!
     ・キクラゲ、その食毒は木に従う
     ・毒か薬か、コウタケの香り、ほか多数

冬虫夏草生態図鑑

在庫切れ
冬虫夏草生態図鑑
日本冬虫夏草の会 (2014)
「冬虫夏草生態図鑑」、誠文堂新光社

参考8%税込定価4,860円、送料サービス、在庫切れ
304ページ、原色写真多数、並装
採集・観察・分類・同定、効能から歴史まで約 240種類を日本冬虫夏草の会の会員たちの渾身の原色写真で解説。

他の冬虫夏草文献
「Phylogenetic classification of Cordyceps and the clavicipitaceous fungi」 (冬虫夏草属およびバッカクキン様菌類の系統分類)、Studies in Mycology 57
    遺伝子分析に基づく最新の分類を提示する冬虫夏草属に関心を持つ方には必携の文献。

・日本冬虫夏草の会編(2000) 「清水大典冬虫夏草原図複製」
    日本冬虫夏草の会発足20周年記念。600部限定。清水大典氏の超細密でしかも美しい冬虫夏草図
   の複製画310枚を桐箱に収める。

ヨーロッパの管孔をもつ菌類

入荷!現在の在庫2冊
Poroid_fungi_of_Europe1.jpg
Lyvarden, L. & L. Melo (2014)
「Poroid fungi of Europe」(ヨーロッパの管孔をもつ菌類)

Synopsis Fungorum 31
8%税込17,120円、送料510円、ただし東北770円、北海道・沖縄1240円
納期:1週間(現在の在庫2冊
Poroid_fungi_of_Europe2.jpg  Poroid_fungi_of_Europe3.jpg  Poroid_fungi_of_Europe4.jpg
英語、A4、455ページ、原色写真・顕微鏡図多数、ハードカバー
ヨーロッパ産既知種394種を検索表をつけ解説する。うち210種について原色生態写真をつける。代表種120種については、顕微鏡図がつく。全種にわたる丁寧な検索表は、同定に大いに役立ちそう。
菌糸型で分類をされていたRyvarden先生の多孔菌のモノグラフは、顕微鏡図しかありませんでしたが、今回、原色生態写真がついた菌類図鑑を出版されました。検索表も実用的。
硬いきのこに関心のある方には必携の図鑑だと思います。
なお、本書で6つの新組合せが提案された。

姉妹図書:
Synopsis Fungorum 6/7 (1993/4)「European polypores Part 1 & 2」(ヨーロッパの多孔菌類 第1・2部)
Synopsis Fungorum 既刊(佐野書店原則在庫):
Synopsis Fungorum 1, 2: 絶版
Synopsis Fungorum 3, Phellinus (Hymenochaetaceae) a survey of the world taxa.
Synopsis Fungorum 4: 絶版
Synopsis Fungorum 5, Genera of polypores Nomenclature and Taxonomy
Synopsis Fungorum 6/7, European polypores Part 1 & 2
Synopsis Fungorum 8, A Nomenclatural Study of Armillaria and Armillariella Species
Synopsis Fungorum 9, Tomentella (Basidiomycota) and related genera in temperate Eurasia
Synopsis Fungorum 10. 絶版
Synopsis Fungorum 11, A nomenclatural study of the Ganodermataceae Donk
Synopsis Fungorum 12, The genus Aleurodiscus
Synopsis Fungorum 13/14, East Asian Polypores Vol. 1 & Vol. 2
Synopsis Fungorum 15, Some neotropical wood-inhabiting fungi
Synopsis Fungorum 16, Katalog over makro- og mikrosopp angitt for Norgeog Svalbard
Synopsis Fungorum 17, A critical checklist of corticoid and poroid fungi of Norway
Synopsis Fungorum 18, 12 papers on wood-inhabiting from tropical America and Africa.
Synopsis Fungorum 19. Neotropical Polypores. Vol. 1: Introduction, Ganodermataceae and Hymenochaetaceae.
Synopsis Fungorum 20, Collected papers
Synopsis Fungorum 21, The genus Inonotus a synopsis.
Synopsis Fungorum 22, Collected papers.
Synopsis Fungorum 23, Collected papers
Synopsis Fungorum 24, A manual and Source book on the Boletes and their allies.
Synopsis Fungorum 25, Collected papers
Synopsis Fungorum 26, Collected papers
Synopsis Fungorum 27, Collected papers
Synopsis Fungorum 28, Stereoid fungi of America(アメリカのウロコタケ型の菌類)
Synopsis Fungorum 29 「Collected Papers」(論文集)
Synopsis Fungorum 30 「Collected Papers」(論文集)
Synopsis Fungorum 31「Poroid fungi of Europe」(ヨーロッパの管孔をもつ菌類)
その他既刊(佐野書店原則在庫):
Ryvarden, L. (1980) A preliminary polypores flora of East Africa

ラブルベニア文献(1)

“あなたも探してみませんか!ラブルベニア!”
 昆虫、なかでも甲虫の触覚や体節の表面に付着して生活しているラブルベニアと呼ばれる長さ1㎜も満たない微小な子嚢菌の仲間がいます。顕微鏡で見ると菌体を構成している細胞が数えられるほどわずかで、基脚部と呼ばれる体表にくっつく部分が特徴的です。世界には約2千種ほど知られているそうです。
 世界にはこのラブルベニアを研究している方が多くいるようですが、日本には少なそうです。“あなたも探してみませんか!ラブルベニア!”
 そんなあなたのために文献を何回かに分けてご案内しましょう。
 ラブルベニアをもっと知りたい方は、神奈川県立生命の星・地球博物館発行の「自然科学のとびら第9巻第1号」2009に出川先生が書かれた解説を見てください。
http://nh.kanagawa-museum.jp/tobira/9-1/degawa.html

“古書”
The_Laboulbeniales_of_Poland.jpg
Majewski, Tomasz (1994)
「The Laboulbeniales of Poland」 Polish Botanical Studies Vol. 7
(ポ-ランドのラブルベニア目)

W. Szafer Institute of Botany, Polish Academy of Sciences
“古書” 8%税込価格 6,720円、送料350円(レターパック350) 状態:良
英語。16.7x24.3cm。466ページ。116白黒図版p。パーパーバック。
ポーランド産ラブルベニア目179種を白黒の線画をつけ記載する。

ロルフ・シンガーの菌学業績

売れました
Fieldiana_Botany_38.jpg
Fieldiana Botany New Series, No. 38
Mueller, Gregory M., & Quixin Wu edit. 1997
「Mycological Contributions of Rolf Singer: Field Itinerary, Index to New Taxa, and List of Publications」 (ロルフ・シンガーの菌学業績:野外調査記録、シンガー命名の新分類群名リスト、出版物リスト)

参考8%税込 3,680円、送料300円(ゆうメール)、売れました。追加入手はありません。
英語。17.5x25.5cm。124ページ。 ペーパーバック。シンガー氏の写真、著作の写真あり。
1994年に亡くなった偉大な菌学者Rolf Singer氏の業績をまとめたもの。
目次:
1. Summary of Rolf Singer’s Contributions to Mycology.
2. The Field Itinerary of Rolf Singer.
3. An Index to Genera, Species and Infraspesific Taxa of Basidiomycete Fungi Described by Rolf singer.
4. The Publications of Rolf Singer 

Austroboletus and Tylopilus subgenus Porphyrellus

在庫が1冊ですが、ご案内します。(以前にもご案内しました)
Bibliotheca_Mycologcia_69_Austroboletus.jpg
Wolfe,C.B. (1979, Rep. 2011)
「Austroboletus and Tylopilus subgenus Porphyrellus. With emphasis on North American Taxa」
( ヤシャイグチ属とニガイグチ属ポルフィレルス亜属、北アメリカ産分類群に力点を置いて)

Bibliotheca Mycologica Vol. 69
8%税込5,530円、送料360円(レターパック)、納期1週間(在庫1冊
英語、16.5x23.6cm、148ページ、うち白黒写真6ページ、本文中に顕微鏡図65、ハードカバー
 北米産Austroboletus(ヤシャイグチ属)2種、すなわちA. subflavidus(オオヤシャイグチ)と A. gracilis(ヤシャイグチ)を詳細に記載し、また北米産Tylopilus subgenus Porphyrellus(ニガイグチ属ポルフィレルス亜属)7種を詳細に記載する。加えて、世界中に産するヤシャイグチ属とニガイグチ属ポルフィレルス亜属の種の検索表をつける。さらに本研究のため各地の標本庫から取寄せたタイプ標本の検討結果も記載する。
 本書で多くの新組合せが発表されており、イグチの仲間に興味を持つ方には必携の1冊。
 今回販売するのは1979年出版のオリジナルの2011年復刻版。絶版であったが復刻版が出版されたので紹介できた。

A Revision of the British Hyaloscyphaceae

在庫が1冊だけですが、ご案内します。(以前にもご案内しました)
A_Rev_of_The_British_Hyaloscyphaceae.jpg
Dennis, R.W.G. (1949)
A Revision of the British Hyaloscyphaceae, with notes on related European species
(英国産ヒナノチャワンタケ科、関連するヨーロッパ産の種の解説付き)

Mycological Papers No.32
Commonwealth Mycological Institute, Kew
8%税込価格 3,680円、送料215円、 納期 1週間(在庫1冊
英語。97ページ、本文中に白黒図多数、ペーパーバック
英国に分布するHyaloscyphaceae ヒナノチャワンタケ科の60種を、属への検索表、種への検索表、さらに顕微鏡図をつけ詳細に解説する。
関連書:
Raitviir, A. (2004)
Revised Synopsis of The Hyaloscyphaceae (ヒナノチャワンタケ科の改訂) 
Scripta Mycologica 20
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード