Desert Truffles (砂漠のトリュフ)

予告!9月初旬入荷予定
地下生菌に興味のある方は必携!
Desert_Truffles1_.jpg Desert_Truffles2.png Desert_Truffles3.png 
Kagan-Zur, V., Roth-Bejerano, N., Sitrit, Y., Morte, A. (eds.) (2013)
「Desert Truffles: Phylogeny, Physiology, Distribution and Domestication」
 (砂漠のトリュフ:系統、生理、分布と栽培化)

8%税込価格未定xx,xxx円、送料510円、納期9月初旬入荷予定
英語、23.4 x 15.6cm、397ページ、ハードカバー
砂漠のトリュフと呼ばれる地下生菌は、温度の高低や地質の性質には関係なく、ただ水分量みが分布制限要因となるようだ。本書は、この砂漠のトリュフを多方面から解説する22の論文からなる包括的解説書。
地下生菌に関心のある方すべてにお勧め!
目次:(著者名略)
Hypogeous Desert Fungi pp 3-20
(砂漠のトリュフ概観)
Nomenclatural History and Genealogies of Desert Truffles pp 21-37
(砂漠のトリュフの分類史と系統)
Cryptic and New Species pp 39-53
(隠蔽種・新種)
Soil Properties pp 57-67
(発生土壌の特性)
Types of Mycorrhizal Association pp 69-80
(菌根共生の型)
Pre-symbiotic Interactions Between the Desert Truffle pp 81-92
Benefits Conferred on Plants pp 93-104
(共生植物が受ける利益)
Ecology and Distribution of Desert Truffles in Western North America pp 107-120
(北アメリカ西部の砂漠のトリュフの生態と分布)
The European Desert Truffles pp 121-141
(ヨーロッパの砂漠のトリュフ)
Mediterranean Basin: North Africa pp 143-158
(北アフリカの地中海地域)
Asian Mediterranean Desert Truffles pp 159-171
(アジアの地中海域の砂漠のトリュフ)
Non-Mediterranean Asian Desert Countries pp 173-192
(地中海域でないアジアの砂漠国)
Ecology and Distribution of Desert Truffles in the Kalahari of Southern Africa pp 193-202
(南アフリカ、カラハリ砂漠の砂漠のトリュフの生態と分布)
Ecology and Distribution of Desert Truffles in the Australian Outback pp 203-214
(オーストラリア未墾地の砂漠のトリュフの生態と分布)
The History of Desert Truffle Use pp 217-241
(砂漠のトリュフ利用の歴史)
Enzymes in pp 243-260
(含まれる酵素)
Nutritional and Antioxidant Properties of pp 261-273
(栄養と抗酸化特性)
Nutritional and Antioxidant Properties of the White Desert Truffle pp 275- 297
(砂漠の白トリュフの栄養と抗酸化特性)
Preservation of Truffles pp 299-321
(トリュフの保護)
The Medicinal Value of Desert Truffles pp 323-340
(砂漠のトリュフの医薬価値)
Domestication: Preparation of Mycorrhizal Seedlings 343-365
(栽培化:菌根苗作成の用意)
Preparation and Maintenance of Both Man-Planted and Wild Plots pp 367-387
(植林地と野生地の用意と維持)

きのこトランプ

“人気のキノコトランプの販売です”
ご注文は「ご注文メールフォーム」からお願いいたします。
ご注文文献名欄に「きのこトランプ、注文数量xx組」とお書きください。
kinoko_toranpu.jpg
画像撮影:レオピー様
きのこトランプ(54枚1組紙ケース入り)(ベルギー製)
1組8%税込1,000円、プラス送料
送料:

1組 250円(定形外郵便物)
2組 300円(定形外郵便物)
3-10組一律360円(レターパック)

ヒマラヤ山脈の木材腐朽ヒダナシタケ型ハラタケ類

予告!、2015年6月末出版!9月初旬入荷予定
Wood_rotting_.jpg Woodr_rotting_non_gilled_Agarico.png Woodr_rotting_non_gilled_Agarico2.png
Prasher, I.B (2015)
「Wood-rotting non-gilled Agaricomycetes of Himalayas」
(ヒマラヤ山脈の木材腐朽ヒダナシタケ型ハラタケ類)

8%税込価格(未定)xx,xxx円、送料510円、納期9月初旬入荷予定
英語、15,6x23.4cm、653ページ
目次:
Introduction pp 1-28
Review of Literature pp 29-63
Materials and Methods pp 65-78
Morphology pp 79-94
Forest Types in Himalayas pp 95-110
Taxonomy pp 111-634
Ecology pp 635-653

アセタケ属の分類学的研究

The_taxonomic_studies_of_the_genus_Inocybe.jpg
小林孝人 (2002)
「The taxonomic studies of the genus Inocybe」
(アセタケ属の分類学的研究)

Nova Hedwigia Beihefte, Beiheft 124
8%税込 16,040円、送料360円、納期1週間(在庫2冊
(アセタケ属に興味をお持ちのすべての方にお勧め)
英語。 24x17cm。246ページ。146白黒図版。ペーパーバック。
アセタケ属の分類研究で学位をとられた小林孝人氏のアセタケ属研究書。世界産全種を解説。9新種、1新組合せを提案し、さらに2新亜属を提案する。アセタケ属研究に必携の文献。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

カビ・キノコが語る地球の歴史



カビキノコが語る地球の歴史
小川真(2013年9月)
「 カビ・キノコが語る地球の歴史」 菌類・植物と生態系の進化

8%税込3024円、送料サービス、納期1週間(在庫1冊
四六判、328ページ、ハードカバー、カバー付
著者は、大胆な仮説で菌類の進化を、菌類と植物とのかかわり方から説明する。
菌類が生物の進化にどうかかわってきたか、生物進化に関心を持つ方に是非一読をお勧め。
目次:
第1章 地球の先住者
第2章 植物の上陸を助ける
第3章 石炭はなぜできたのか
第4章 植物を育てた腐植と灰
第5章 樹木とキノコのつながり
第6章 さ迷う菌類
第7章 被子植物とともに
第8章 新たな生き方を求めて
第9章 迫りくる大絶滅

ラブルベニア文献 (3)

昆虫、なかでも甲虫の触覚や体節の表面に付いて生きているラブルベニアと呼ばれる長さ1㎜かそれ以下の微小な子嚢菌の仲間がいます。顕微鏡で見ると菌体を構成している細胞が数えられるほどわずかで、基脚部と呼ばれる体表にくっつく部分が特徴的です。世界には約2千種ほど知られているそうです。
 虫を捕まえ、実体顕微鏡で体表を丹念に探すと見つかります。このラブルベニアを知るのも楽しいと思いますので、文献をご案内しましょう。
なお、ラブルベニアをもう少し知りたい方には、神奈川県立生命の星・地球博物館発行の「自然科学のとびら第9巻第1号」2009に出川先生が書かれた解説を見ることをお勧めします。
http://nh.kanagawa-museum.jp/tobira/9-1/degawa.html

1. 40年前の本です
Itroduction_and_Suppl_to_Ronald_Thaxters.jpg
Benjamin, Richard K. (1971)
「Introduction and Supplement to Ronald Thaxter's Contribution Towards A Monograph of The Laboulbeniaceae」

J. Cramer
8%税込3,680円、送料180円、納期 1週間(在庫1冊
英語。17.0x24.1cm。155ページ。ペーパーバック。
目次:Introduction / Acknowledgements / The Thaxter Era / The Post-Thaxter Era / The Genera of Laboulbeniales / Collection, Preservation and Preparation of Specimen / Bibliography of The Laboulbeniales / Additions and Emendations / Epilogue

2.古書
Beitrage_zur_Biologie_Okologie_Laboulbeniales.jpg
Scheloske, Hans-Werner (1969)
Beitrage zur Biologie, Okologie und Systematik Der Laboulbeniales (Ascomycetes).
Parastiologische Schriftenreihe Heft 19

Veb Gustav Fischer Verlag Jena
8%税込9,890円、送料180円、納期 1週間(在庫1冊
ドイツ語。16.8x23.8cm。176ページ。本文中に線画多数。ペーパーバック。
古書、状態良

A revision of the species described in Phyllosticta

A_rev_of_the_sp_described_in_Phyllostica.jpg
H. A. van der Aa & S. Vanev Edited by A. Aptroot, R.C. Summerbell & G.J. Verkley (2002)
「A revision of the species described in Phyllosticta」

CBS-KNW Fungal Biodiversity Center
8%税込9,330円、送料510円、納期1週間(在庫1冊
英語、6+510ページ、ペーパーバック
The taxa described in the coelomycete genus Phyllosticta are enumerated, based on the original literature and on examination of numerous herbarium (mostly type) specimens and isolates. A lot of taxonomic novelties are proposed here for taxa accepted in Phyllosticta.

森のきのこたち

マツタケを採りたいと願っている方には、大変お勧めの一冊!
森のきのこたち
柴田尚(2006) 「森のきのこたち-種類と生態-」、八坂書房
8%税込定価2,160円 (税別定価2,000円)、送料サービス、納期1週間(在庫3冊
A5、197ページ+索引9ページ、ペーパーバック、カバー付
 山梨県森林総合研究所に勤務する著者(農学博士)が、富士山や八ヶ岳、それに秩父山地西部など本州中央部の亜高山帯の針葉樹林に発生するきのこの生態を、著者長年の研究成果をもとに解説する。
 前半は、亜高山帯のきのこ100種の発生環境・特徴などを生態写真付きで解説する。シラカバなどに発生するベニテングタケやブナ科の広葉樹林に発生するタマゴタケが、亜高山帯ではシラビソやオオシラビソ林に発生することが本書でわかる。佐野は富士山で見つけた傘が大きく開いた巨大なオオモミタケに感動したことがあるが、本種が日本に産する大型きのこの代表格の一つとして紹介されている。
 後半は、著者が長年にわたり取り組んでいる亜高山帯のきのこの生態についてわかりやすく解説する。目次をひろってみると次の通り。
2 「富士山のきのこ」、富士山のマツタケ他
3 「八ヶ岳の亜高山帯針葉樹林ときのこ」、八ヶ岳のマツタケ他
4 「秩父山地西部の亜高山帯針葉樹林ときのこ」、奥秩父のマツタケ他
5 「きのこと共にある亜高山帯の森林」
6 「きのこと気象」、温度ときのこ、雨ときのこ
7 「きのこを通して森を見る」、環境変化ときのこ
 三地域のマツタケ発生の特徴が書かれている。富士山や八ヶ岳のマツタケは有名だが、簡単には採れなそうだ。それに比べ、秩父山地西部の金峰山や瑞牆山のマツタケは発生が安定しており、マツタケ採りにはよさそうだ。何時がよいかは、第6章を読めば大体の見当がつく。
マツタケを採りたいと願っている方には、大変お勧めの一冊!

新装改版北海道きのこ図鑑

762種ものきのこを約1000点の原色写真をつけ解説する。
新装改版北海道きのこ図鑑
高橋郁雄(2012)新装改版北海道きのこ図鑑」 亜瑠西社
8%税込定価 3,024円(税別定価2800円)、送料サービス、納期1週間(在庫1冊
A5判、364ページ、ほぼ全ページ原色写真ページ。ペーパーバック、ビニールカバー付。
 北海道産きのこ合計762種を約1000点の写真で解説する。2007年の旧版から40点以上の写真を差し替え・修正し、さらに最新の菌根菌等の情報を取り入れた。
 きのこの配列は針葉樹編:カラマツ林、トウヒ林、マツ林、モミ林、各種針葉樹林、広葉樹編:コナラ林、シラカンバ林、ニレ林、ブナ林、モクレン林、ポプラ・ヤナギ林、各種広葉樹林、針・広混交林編、草地・その他編、と発生環境別に解説。林業関係者にも参考になるようヒダナシタケ類184種のほか、樹病菌も豊富にのせる。 
 762種の内訳は、ハラタケ類433種、ヒダナシタケ類184種、子のう菌類84種、腹菌類27種、キクラゲ類20種、さび菌類10種、不完全菌類4種。

きのこシール

きのこシール1  きのこシール2強調文="138" height="150" />
大作晃一(写真)(2012)「小学館の図鑑NEO きのこシール」、小学館
8%税込定価596円(税別定価552円)、送料サービス、納期1週間
9.6x10.2cm、24ページ
これは図鑑というより大作さんのきのこ写真をシールにしたきのこシール集です。シールで図鑑を作るというアイデアに感心する。
24ページに238枚のシールがある。台紙からはがしていろんなものに貼ると楽しそう。シール一枚は大きくないので名刺に貼ってもよさそう。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード