61 西コーカサス産希産注目ハラタケ類

FungiNonDelineati_61.jpg
Fungi Non Delineati 61
Malysheva, Ekateria f. & Tatyana Yu. Svetasheva (2001)
Rare and noteworthy species of agarics from the Western Caucasus

(西コーカサス産の希産で注目すべきハラタケ類)
Edizioni Candusso, Alassio, Italy
8%税込 2,480円、送料215円、納期1週間(在庫2冊
英語、17.1x24.0cm、104ページ、うち原色図版22ページ、本文中に顕微鏡図多数、ペーパーバック
 黒海とカスピ海とに挟まれたカフカース山脈(コーカサス山脈)を中心とするコーカサス地方の西部、カラチャイ・チェルケス共和国の標高1260mから4047mにあるTibera生態系保護区に産するハラタケ類のうち最も稀産で興味深いハラタケの仲間、20属39種を原色生態写真と顕微鏡図をつけ詳細に記載する。
 属の内訳は次のとおり。Arrhenia, Camarophyllopsis, Chrysomphalina, Clitocybe, Cortinarius, Dermoloma, Entoloma, Galerina, Hydropus, Inocybe, Lepiota, Leucoagaricus, Leucopaxillus, Lichenomphalita, Mycena, Phaeogalera, Pluteus, Psathyrella, Rhodocybe, およびTricoloma

Fungi Non Delineatiの既刊は、CATEGORIES:「Fungi Non Delineati」をクリックするとご覧になれます。2011年7月1日現在、第61集まで出版されています。

56-57 ハンガリーの腹菌類

FungiNonDelineati_56-57.jpg
Fungi Non Delineati 56-57
Rimoczi, Imre & Mikael Jeppson (2011)
Characteristic and rare species of Gasteromycetes in Eupannonicum
(ハンガリーの特徴的で稀産の腹菌類)

Edizioni Candusso
8%税込 5,230円、送料360円、納期1週間(在庫1冊
英語、17.1x24.0cm、230ページ、うち原色図版58ページ、ペーパーバック
東ヨーロッパ、ハンガリーに産する地域で特徴的でしかも稀産の腹菌類を分布図、胞子の走査電顕写真、原色生態写真をつけ詳細に解説する。
 取上げた分類群は、Astraeus, Battarraea,Bovista, Calvatia, Chlorophyllum, Conocybe, Cyathus, Disciseda, Galeropsis, Gastrosporium, Geastrum, Lycoperdon, Montagenea, Mycenastrum, Myriostoma, Phallus, Phellorinia, Tulstomaの18属にわたる54種。
“腹菌に興味を持つ方は必携”
Fungi Non Delineatiの既刊は、CATEGORIES:「Fungi Non Delineati」をクリックするとご覧になれます。
腹菌・地下生菌にご興味をお持ちの方は、CATEGORIES:菌類(腹菌地下生菌)をクリックすると関連文献をご覧になれます。

菌じん類の種概念

“遺伝子分析の進んだ今でも、異種と同種の境界は、難しいのではなかろうか?”
“大型菌類の分類に関心のある方には一読をお勧め”

The_Species_Concept_in_Hymenomycetes.jpg
Clemencon H. (Edit.) (1977) 
「The Species Concept in Hymenomycetes」(菌じん類の種概念)

8%税込 18,090円、送料510円、納期 2週間(在庫2冊) 
英語、一部仏語。14.0x23.0cm。444ページ。ハードカバー 
 「生物の種とは何か」に答えることは簡単なようで実は難しい。特に菌類は形態的特徴も少なく、培養や交配の難しいものもあり、何をもって種を分けるかは、遺伝子分析の進んだ現在でも、大変難しそうだ。
 本書は、この難しい問題をテーマに、1977年当時の第一級の研究者が参加、発表・討議したシンポジウムの記録である。R. Walton, C. Bas, A.H. Smith, R. Kuhner, O. Hibler, F. Oberwinkler, H. Romagnesi, R.H. Petersen, R. Singerなど当代一流の研究者たちがそれぞれ得意とする分類群の種概念について論文を寄稿・発表し、それに対し参加者が討議を行っている。本書には、発表論文と、それに続く討議の内容が記録されている。討議の内容は、発言者が話したそのままに口語体で記録されており、読んでいくと、まるで大先生たちの肉声が聞こえるような気がする。

埼玉フォーレ参加締切迫る

埼玉フォーレの参加申込期限(7月31日)が迫っています。
参加ご希望の方は次の日本菌学会HPからお申し込み願います。
日本菌学会:http://www.mycology-jp.org/~msj7/index.html

きのこに興味をお持ちの一般の方のご参加、大歓迎です。
佐野書店も参加。会場で皆様にお会いできることを楽しみにしています。

フォーレ概要
観 察 地 : 埼玉県比企郡滑川町及び熊谷市、国営武蔵丘陵森林公園
期間 : 2015 年9 月25 日(金)~27 日(日)
宿・会場 :森林公園四季の湯温泉ホテル・ヘリテイジ(担当:真下豊)
〒360-0103、埼玉県熊谷市小江川228
TEL:048-536-1212(代表)
東武東上線森林公園駅北口シャトルバス15 分.
JR 熊谷駅南口シャトルバス20 分.
関越自動車道,東松山IC から車10 分.
募集人員 : 120 名
参 加 費 : 主催団体会員28,000 円,一般29,000 円,学生26,000 円
(参加登録費+2 泊3 日宿泊+懇親会),詳細は申込書参照.

日本国憲法 前文、および第9条

前文
 日本国民は、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、われらとわれらの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないやうにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、国民の厳粛な信託によるものてあつて、その権威は国民に由来し、その権力は国民の代表者がこれを行使し、その福利は国民がこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。われらは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する
 日本国民は、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。
 われらは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従ふことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立たうとする各国の責務であると信ずる。
 日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓ふ。

第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

店主申す。
 確かに、ただひたすら天皇中心の国体護持を願って降伏した旧体制下の指導者たちの頭では、“主権在民、基本的人権の尊重、戦争の放棄” を至高の理念とする日本国憲法は、考えつくことも出来なかったに違いない。
 わたしは、この日本国憲法が施行された年に生まれ、この憲法のもとで育ったことを誇りに思う。

ケシボウズタケ属

The_Genus_Tulostoma_Biblio_Mycol_113_.jpg
Wright, Jorge E. (1987)
The Genus Tulstoma (Gasteromycetes) A World Monograph
(ケシボウズタケ属(腹菌類)全世界産モノグラフ)
Bibliothea Mycologica Band 113

8%税込価格 11,520円、送料360円、納期1週間(在庫1冊
英語、338ページ、156図、50図版、ペーパーバック
ケシボウズタケ属の同定のための最重要文献。世界中に産するケシボウズタケ属を検討・解説している。
ケシボウズタケの仲間は、かつては非常に珍しいとされたが、熱心な方々により日本各地の砂浜で続々と見つかっている。太平洋岸や日本海沿岸ではすでに分布が確認されている。瀬戸内海沿岸ではまだのようだ。
あなた住んでいる場所の近くの海岸でもケシボウズタケ属が見つかるかも知れない。嵐の時には波をかぶるような、波打ち際に近い場所を探すのがコツだ。日本海沿岸では小さな砂浜でも見つかっている。本書を片手に砂浜を探してみよう。

中国テングタケ科図誌

入荷。ただしご予約多数のため、ご注文受付は2冊。
Atlas_Chinese_Spes_Amanitaceae.jpg Atlas_Chinese_Spes_Amanitaceae23.jpg Atlas_Chinese_Spes_Amanitaceae22.jpg Atlas_Chinese_Spes_Amanitaceae24.jpg
Yang Zhu-Liang (2015)
「中国鹅膏科真菌图志」(Atlas of the Chinese Species of Amanitaceae)
(中国テングタケ科図誌)
、科学出版社
8%税込9,510円、送料360円、納期1週間(在庫2冊)
中国語、A4、7+213ページ、原色生態写真多数、ハードカバー
中国に分布するテングタケ科130種を、検索表と原色生態写真をつけ詳細に解説する。マクロ・ミクロの特徴や分布、食毒の別なども明記。特に種の解説では、類似種との相違点を特記する。
本郷先生が新種記載された種はもちろんのこと、小田貴先生が新種記載された種もたくさん載っている。
日本を含めアジアのテングタケ科を知るためには必携の文献。

なお、中国真菌史第27巻、Amanitaceae (テングタケ科)は絶版。

理科好きな子に育つふしぎのお話365

新紹介!
理科好きな子に育つふしぎのお話365
自然史学会連合監修、子供の科学特別編集(2015)
「理科好きな子に育つふしぎのお話365」
、誠文堂新光社
8%税込2484円(本体2300円+税)、送料サービス、納期1週間
20.0x24.7cm、391ページ、カラーページ、ハードカバー、カバー付
日本菌学会、日本植物学会、日本動物学会、日本地質学会など39学会が加盟する自然史学会連合会がその研究者ネットワークを駆使して実現した子供向け書籍。
理科好きな子供が育つことを願い、身の回りの自然にあふれる、ふしぎで面白い話を1日1話、合計1年分365話からなる。
人気で、今年2015年2月の第1刷から6月には第3刷を増刷した。

新熱帯区の多孔菌類

Synopsis_Fungorum_19.jpg
Lyvarden, L. (2004)
Neotropical Polypores Part 1 (新熱帯区の多孔菌類 第1部)

Synopsis Fungorum 19
8%税込 6,080円、送料別360円、納期 1週間(在庫2冊
(硬質菌に興味を持つ方は必携)
英語。15x22cm。229ページ。ペーパーバック。白黒図多数。
本書は、Lyvarden先生たちの著者「North American Polypores」(北アメリカの多孔菌類)1986・87(絶版), 「European Polypores」(ヨーロッパの多孔菌類)1993・94, 「East Asian Polypores」(東アジアの多孔菌類)2000・01に続く多孔菌類のモノグラフ。
新熱帯区、地理的にはメキシコ南部からアルゼンチン北部までに分布する多孔菌類を記載する。
本書では、Ganodermataceae(マンネンタケ科)およびHymenochaetaceae(タバコウロコタケ科)を記載する。新熱帯区は、多孔菌類や木材腐朽菌に富み、未記載種も多いようで、Amauroderma(コマタケ属)2新種、Ganoderma(マンネンタケ属)3新種, Phellinus(キコブタケ属)4新種、合計9新種が記載され、3新組合せが提案されている。

Synopsis Fungorumシリーズを含むFungiFlora社出版物(佐野書店原則在庫):
http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1007.html

A Revision of the Genus Rhodocybe

“Rhodocybe ムツノウラベニタケ属に関心のある方には必携の重要文献”
A_Revision_of_the_Genus_Rhodocybe.jpg
Baroni, Timothy J. (Original 1981) (Repr. 2011)
「A Revision of the Genus Rhodocybe Maire(Agaricales)」
(ムツノウラベニタケ属の改正)

Nova Hedwigia, Beih. 67
8%税込10,280円、送料360円、納期1週間(在庫1冊
英語、16.6x23.4cm、194ページ、顕微鏡図・胞子や担子器のSEM 写真・白黒標本写真合計150図、ハードカバー
Rhodocybe ムツノウラベニタケ属は、1926年、R. Maireによって提案された属で、その後1975年のSinger (The Agaricales in modern taxonomy. 3rd ed.)まで、幾度も属の概念が修正され、新種が記載されてきた。著者Baroniは、本書で、属概念を明確にし、本属 Rhodocybe ムツノウラベニタケ属に7節49種を認め、属から節への検索表、さらに種への検索表を作成するとともに、個々の種を詳細に記載する。シスチジアの顕微鏡図、胞子の走査電顕写真、白黒の標本写真など合計150図をつける。
ムツノウラベニタケ属に関心のある方には、必携の重要文献。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード