「日本産菌類集覧」

ご注文は、「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。
ご注文の際は、普及版(8%税込8,640円)、豪華版(8%税込16,200円)の別をお書き願います。
たくさんあった在庫も減ってきました。
“きのこに熱心な方にも必携の基本書”
日本産菌類集覧
本書の販売は出版元以外では佐野書店だけが行っています。
日本菌学会関東支部創立20周年記念
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集 (2010)
「日本産菌類集覧」
  日本菌学会関東支部
B5版、1197ページ、
豪華版 8%税込16,200円 美麗函入り、クロス装、ハードカバー、
普及版 8%税込8,640円 並製、ペーパーバック、カバー付、
送料 (沖縄・東北・北海道を除く) 8%税込510円
納期 1週間(在庫)

“カビや植物病原菌に係わる方には必携の文献”
 山口大学名誉教授で「菌学ラテン語」の著者としても知られる故勝本謙先生の力作「日本産菌類集覧」です。
  2008年までに報告された日本産の全菌類3千81属、1万2千種を網羅します。収載する項目は、学名、それが正名か裸名か、報告論文の著者・論文名・雑誌名、基質などのhabitat、産地、標本番号などのほか、和名のあるものは和名とその命名者です。

“きのこに熱心な方にも必携の基本書”
“和名と学名をつなぐ辞書” 
 たとえば“キニガイグチ”という和名のきのこがあります。この和名は、マツタケのように古くからある名前でしょうか?それとも誰かが新しくつけた名前なのでしょうか?また学名はなんというのでしょうか? 

 『新版北陸のきのこ図鑑』 178ページには “811 キニガイグチ(黄苦猪口) Tylopilus balloui (Peck) Singer var. balloui (balloui→献名)”とあります。さらに、末尾には“本種をRubinoboletus属、Gyroporaceae に所属させる説もある”と書かれています。(“本種を・・・”は、新版で追記されました。ハードカバーの元版にはありません)

 『新版北陸のきのこ図鑑』からは、キニガイグチという名は、黄苦猪口という意味であること、学名がTylopilus balloui (Peck) Singer var. balloui であることは分かりました。しかし、和名の由来が分かりません。さらに、本種をRubinoboletus属、Gyroporaceae に所属させる説もある”とはどういうことなのでしょうか?

 そこでこの『菌類集覧』を見てみましょう。巻末の和名索引で“キニガイグチ”を引くと、874ページとあります。874ページを見ると、Rubinoboletus balloui (Peck) Heinem. & Rammmeloo, Bull. Jarden. Bot. Natl. Belg. 53:295, 1983, var balloui {"ballouii"] キニガイグチ(青木 実)とあり、さらに三本線のイコールでTylopilus balloui (Peck) Singer, An. Midl. Naturalist 37:104,1947. (滋賀大学紀要22:67,1972-"ballouii"; 原色新図鑑Ⅱ:38,1989-"ballouii")と書かれています。

 これらの『菌類集覧』記述から、本種は、1947年にSinger先生がTylopilus ballouii(ballouiが正しい)(Peck) Singer として報告し、1983年にHeinem.とRammmelooたちにより、属がTylopilusからRubinoboletusに変更されたことが分かります。また、和名キニガイグチの命名者が『青木図版』で知られる青木実氏であること、1972年に本郷先生によりキニガイグチ、Tylopilus ballouiiとして『滋賀大学紀要』で報告され、さらに1989年には『原色新日本菌類図鑑Ⅱ』にも同名で載せられたことなどもわかります。

 このように、『菌類集覧』では、学名の著者名と出典、和名の命名者および国内の主要文献、さらに学名の変遷まで知ることができます。“和名だけでは明確でないきのこが、本書により、どんなきのこを指すのか明確になる”、本書の価値はそこのあります。ぜひ本書を座右に備えてください。

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
『国際藻類・菌類・植物命名規約(メルボルン規約)[日本語版]』
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集(2010)『日本産菌類集覧』
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 (本書)
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
『Fungal Families of the World』 (世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)

新菌学用語集

ご注文は、「ご注文メールフォーム」、からお願いします。ブログの右上にあります。
英語文献を読むには必携!論文を書くにも必携!
新菌学用語集
日本菌学会編(2014)「新菌学用語集」 日本菌学会
価格8%税込3,780円、送料サービス
A4、199ページ、うち図版48ページ、ペーパーバック、CD1枚付き
日本菌学会が編集作業を進めていた「新菌学用語集」が出版された。学会員には1冊づつMYCOSCIENCE第55巻第2号の発送に合わせ無償で配られた。
1996年出版の「菌学用語集」(旧版)に比べると、2倍を超えるページ数になった。字も大きくなり読みやすくなっている。
なかでも巻末の48ページにおよぶ図版は、今回新たに作成されたものだ。“ 百聞は一見にしかず ”のことわざ通り、図は用語の理解に大変役立つ。
学問の進展に合わせ新しい用語も数多く収録された。たとえば、英語=日本語の部の“D”の項では、旧版では見出し語253語に対し、この新版では369語と大幅に増えた。なかでもDNAが頭に付く語では、旧版8語に対し、新版は15語と約2倍なっている。

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
勝本謙著、勝本謙・安藤勝彦入力編集(2010)『日本産菌類集覧』
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 (本書)
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
『Fungal Families of the World』 (世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)

価格表示が5%消費税のままのものがございます。
消費税8%への対応については3月7日ブログをご覧願います。

変形菌の属

売れ切れました
The_Genera_of_Myxomycetes1.jpg The_Genera_of_Myxomycetes2.jpg The_Genera_of_Myxomycetes3.jpg
Martin, G.W., C.J. Alexopoulos & M.L. Farr (1983)
「The Genera of Myxomycetes」 (変形菌の属)

University of Iowa Press
8%税込 11,110円、送料510円、売れ切れました
102ページ+原色図版40ページ、ハードバック。
「The Myxomycetes」(絶版)の属を見直し、解説した。
原色図版がすばらしい。
ひょっとしたら絶版書で、佐野書店以外では入手できない?

Mycobiota of Indonesia

Contr_Tow_A_Mycobaiota_of_Indonesia.jpg
Memoirs of The New York Botanical Garden Vol. 59
Samuels, G.J. & Collaborators (1999)
「Contributions Toward A Mycobiota of Indonesia: Hypocreales, Synnematous Hyphomycetes, Aphyllophorales Pharagmobasidiomycetes, and Myxomycetes」
 (インドネシアの菌類相論文集)
8%税込5,350円、送料164円(メール便)、納期1週間(在庫2冊
英語。17.5x25.5cm。78ページ。ペーパーバック。
サミュエル先生がインドネシアで採集した標本を、それぞれの菌類分類群の専門家が調査・記載する。なかでも子のう菌のHypocreales(肉座菌目)が充実。

The New York Botanical Garden (ニューヨーク市立植物園)菌類関係出版物:
(佐野書店の扱いのみ。在庫切れもございます。お取寄せもいたします)
Memoirs of The New York Botanical Garden
 ・Vol. 22. No. 1 Sclerotineaceae II Lambertella (キンカクキン科その2 チャイロミキンカクキン属)
 ・Vol. 24 North American Species of Psathyrella (北アメリカのナヨタケ属)
 ・Vol. 34 Taxonomy of Amauroderma (Basidiomycetes, Polyporaceae)(コマタケ属の分類)
 ・Vol. 48. Fungicolous, Lichenicolous, and Myxomycetticolous Species of Hypocreopsis, Nectpriopsis, Nectria, Peristomialis, and Trichonectria
 ・Vol. 49, Mycological Contributions Celebrating the 70th Birthday of Clark T. Rogerson (Rogerson先生70歳記念菌学論文集)
 ・Vol. 59, Contributions Toward A Mycobiota of Indonesia: Hypocreales, Synnematous Hyphomycetes, Aphyllophorales Pharagmobasidiomycetes, and Myxomycetes.(インドネシアの菌類相論文集)
 ・Vol. 66. Studies on Amanita (Amanitaceae) from Andean Colombia
           (コロンビア、アンデス山脈のテングタケ属研究)
 ・Vol. 89, Fungi in Forest Ecosystems: Systematics, Diversity and Ecology. (森林生態系における菌類:系統分類、多様性、および生態)
Flora Neotropica Monograph
 ・No. 3・4・5 Omphalinae, Phaeocollybia, Strobilomycetaceae
 ・No. 6 Tremellales (シロキクラゲ目)
 ・No. 6 Supplement, Tremellales-Supplement (シロキクラゲ目補遺)
 ・No. 16 Myxomycetes
 ・No. 17 Marasmieae (Basidiomycetes - Tricholomataceae) (ホウライタケ連(担子菌類 - キシメジ科))
 ・No. 32: Hydropus (Basidiomycetes – Tricholomataceae – Myceneae) (ニセアシナガタケ属、担子菌類―キシメジ科―タクヌギタケ亜連)
 ・No. 37 Sarcosomataceae (Pezizales, Sarcoscyphineae) 
        (クロチャワンタケ科 (チャワンタケ目、ベニチャワンタケ亜目)) 
 ・No. 86 Smut Fungi: Ustilaginomycetes P.P. and Microbo-Tryales, Basidiomycota
 ・No. 103 Foliicolous Lichenized Fungi (葉状地衣化菌類)
 ・No. 106 Stereum s.l. (広義のキウロコタケ属)
Mycologia Memoir
 ・No. 2 The Genus Clavulinopsis In North America
 ・No. 6. The Pyrenomycetous Fungi
 ・No. 8. The Genus Collybia (Agaricales) in the northeastern United States and adjacent Canada・
 ・No. 14, The non-stipitate stereoid fungi in the northeastern United States and adjacent Canada
 ・No 15. Cultural Studies and Identification of Wood-inhabiting Corticiaceae and Selected Hymenomycetes from North America.
 ・No. 16. World species of Monilinia (fungi) Their ecology, biosystematics and control
North American Flora 
(ほぼ絶版の古い出版物、ご希望の方はお早い注文を!)
 ・Vol. 9 Part 1, Polyporaceae (pars) (北米のフロラ第9巻第1部、多孔菌科(部分))
 ・Vol. 10 Part 5, Agariceae, Hypodendrum, and Corinarius
       (北米のフロラ第10巻第5部、スギタケ属、フウセンタケ属)

Studies in Mycology 78 

Studies_in_Mycology_78.jpg
Studies in Mycology 78
Robert A. Samson, Cobus M. Visagie and Jos Houbraken.
「Species diversity in Aspergillus, Penicillium and Talaromyces」
(コウジカビ属、アオカビ属、タラロミケス属の種多様性)

8%税込概算価格17,400円(CBS出荷時の為替レートで確定)、送料510円、
お取寄せ(納期ご注文後約4週間)
A4、451ページ、フルカラー、ペーパーバック、
入荷した本書が予想以上に厚いので驚いた。
的確なコメントはできないが、取り上げた属に含まれる膨大な数の菌株の複数の遺伝子分析に基づく最新の分類が提示されている。
それぞれの論文には、遺伝子分析結果に基づく新しい節や、新種・新組合せなどが提案され、さらに再認定された既知種を含む種の詳細な記載が書かれている。これらの属に関心のある方には必携の文献と考える。
論文単位でダウンロードもできるようだが、ページ数の多さやカラー印刷の質などから考えると、紙版の購入がお勧めだ。
目次:
1 C.M. Visagie et al.  「Ochratoxin production and taxonomy of the yellow aspergilli ( Aspergillus section Circumdati」 (黄コウジカビーコウジカビ属 Circumdati節ーのオクラトキシン産生と分類)
2 C.M. Visagie et al .「Aspergillus , Penicillium and Talaromyces isolated from house dust samples collected around the world」  (世界中から集めたハウスダストサンプルから分離されたコウジカビ属、アオカビ属、およびタラロミケス属)
3 R.A. Samson et al. 「Phylogeny, identification and nomenclature of the genus Aspergillus」(コウジカビ属の系統学、同定と命名法)
4 N. Yilmaz et al. 「Polyphasic taxonomy of the genus Talaromyces」(タラロミケス属の多相面からの分類)
5 C.M. Visagie et al. 「Identification and nomenclature of the genus Penicillium」(アオカビ属の同定と命名法)
6 J. Houbraken et. al. 「A taxonomic and phylogenetic revision of Penicillium section Aspergilloides」 (アオカビ属Aspergilloides節の分類学的・系統学的改定)

Rogerson先生記念論文集

Mycol_Contr_Celebr_the_70th_birthday.jpg
Samuels, G. J. (Ed.) (1989)
Mycological Contributions Celebrating the 70th Birthday of Clark T. Rogerson
(Rogerson先生70歳記念菌学論文集)

Memoirs of The New York Botanical Garden Vol. 49
8%税込3,680円、送料360円(レターパック)、納期1週間(在庫2冊
英語、17.5x25.4cm、14+374ページ、線画・顕微鏡写真あり、ペーパーバック
Rogerson先生の70歳の記念論文集。不完全菌・子嚢菌・担子菌など広い範囲にわたる多数の論文を掲載。
Amazon.jpでは2015年1月20日現在、新品で13,660円、中古で10,847円(いずれも送料257円別)の価格がついている。

Hydropusニセアシナガタケ属

FloraNeoptropica32.jpg
Flora Neotropica Monograph Number 32
Singer, Rolf (1982)
「Hydropus (Basidiomycetes-Tricholomataceae-Myceneae)」
(ニセアシナガタケ属、担子菌類―キシメジ科―タクヌギタケ亜連)

The New York Botanical Garden 
8%税込4,920円、送料164円(メール便)、納期1週間(在庫1冊
英語。18.0x25.5cm。153ページ。巻末25ページに顕微鏡図と外形図(ただし線画)。ペーパーバック。
 中米・南米にわたる新熱帯区に産するHydropus(ニセアシナガタケ属)89種・変種を詳述する。うち新種記載は38、新変種記載は13、新組合せは4に達する。日本の本郷図鑑には3種、池田「北陸のきのこ図鑑」にはspを含め3種しかない。本書でさがせば多数の日本新産種が見つかる可能性がある。
2015年1月20日現在のAmazon.jpの価格は新品16,360円+送料257円

Omphalinaeヒダサカヅキタケ亜連

FloraNeotropica3__4_5.jpg
Flora Neotoropica Monograph No. 3・4・5
Singer, Rolf 1970 (Reprint.1986)
「Omphalinae (Clitocybeae - Tricholomataceae)」 (ヒダサカヅキタケ亜連(カヤタケ連 - キシメジ科))
「Phaeocollybia (Cortinariaceae Basidiomycetes)」(カワムラジンガサタケ属(フウセンタケ科担子菌綱))
「Storobilomycetaceae (Basidiomycetes)」(オニイグチ科(担子菌綱))

The New York Botanical Garden
8%税込4,860円、送料164円(メール便)、納期1週間(在庫2冊
英語。17.5x25.5cm。84+13+34ページ。ペーパーバック。本文中に線画。
新熱帯区植物誌の第3巻、第4巻、第5巻の三つを1冊にまとめて出版された。著者はいずれもSinger先生。第3巻はカヤタケ科ヒダサカヅキタケ亜連11属62種を記載。第4巻はカワムラジンガサタケ属4種を記載。第5巻はオニイグチ科4属13種を記載。新種記載もある。これらの分類群に興味を持つ方は必携。
2015年1月20日現在のAmazon.jpの価格、新品7373円+送料257円

きのこTシャツ・トートバッグ

“人気のきのこTシャツの販売です”
ご注文は「ご注文メールフォーム」からお願いいたします。
 品物はアトリエ・エシュ(代表 原さとみ)からお送りします。お支払いは、同封の郵便振替用紙で受領後7日以内にアトリエ・エシュ、原にお振込み願います。
0805T_shirts2.jpg 0805T_shirts3.jpg
●きのこTシャツ(SML各サイズとも)1着価格2,270円(8%税込み)+送料 
送料:1点定形外郵便240円。2点定形外郵便390円
色:黒、材質:綿100%
Tシャツ原産国:ホンジョラス/ニカラグアなど中米(本体タグに記載)
プリント:米国
原色で描かれた11種のきのこの絵柄です。熱転写方式ではなく、スクリ-ン印刷という色の数だけ原版を作り布地に印刷していく堅牢な方法で方法でプリントされおり、洗濯しても簡単に剥げることはありません。
サイズ S・M・L の3種。
アメリカサイズですのでやや大きめです。次の寸法表を参考にお選び願います。
寸法表
S:身幅47.5cm(胸囲95cm)、着丈68cm
M:身幅51.0cm(胸囲102cm)、着丈72cm
L:身幅56.0cm(胸囲112cm)、着丈76cm
身幅=服の左右両腕の付け根、左腋の下の縫目部分から右腋の下の縫目部分までの長さ。2倍するとほぼ胸囲になります。ご自分の胸囲よりやや大き目のサイズをお選び願います。
着丈=服の首後ろの中心から裾までの長さ。 


きのこトートバッグは販売終了しました。 
0805Tote_bag1.jpg
●きのこトートバッグ 色:黒。大きさ 巾47cm、高さ36cm、底辺のまち幅(奥行き)10.5cm。キャンバス製。米国製。
きのこトートバッグは販売終了しました。
綿キャンバス地のやや大きめのトートバックです。原色で描かれた11種のきのこの絵柄です。 
原色のきのこの絵は、スクリ-ン印刷という色の数だけ原版を作り布地に印刷していく堅牢な方法で方法でプリントされています。

謹賀新年

あけましておめでとうございます。
ことしも佐野書店をよろしくお願いいたします。


新刊情報などございましたら、「お問合せメールフォーム」をお使いになり、
お知らせいただければありがたく思います。
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード