FC2ブログ

地下生菌 Tシャツ

2019年の新柄地下生菌(Truffle)Tシャツの販売です。

ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。
ご注文文献名「地下生菌Tシャツ」、さらにご希望の地色とサイズをお書きください。

胸に描かれた「Truffle」の最初の"T"と最後"e"地下生菌の断面でデザインされています。(背中は無地)

描かれた地下生菌の種類:
(1)セイヨウショウロ属の一種(Tuber sp.)、(2)シラタマタケ(Kobayashia nipponica)、(3)イッポンシメジ属の一種(Entoloma sp.)、(4)ステファノスポラ属の一種(Stephanospora sp.)、(5)ツチダンゴ属の一種(Elaphomyces sp.)、(6)ホシノミタマタケ属の一種(Octaviania japonimontana)、(7)チチショウロ属の一種(Zelleromyces sp.)、(8)クルミタケ(Hydnotrya tulasnei)。

地色は、(1)ネイビーと(2)アッシュの2色サイズは、S、M、L、XLの4サイズ
価格は、どれも1着税込み2,200円、送料サービスです。

サイズは下のサイズ表を参考にお選び願います。

(1)地色ネイビー(黒に近い濃紺)、文字と模様:メタリックシルバー
   サイズ:S、M、L、XL
Truffle_Tshirts_Navy1.jpg  Truffle_Tshirts_Navy2.jpg

(2)地色アッシュ(灰色)、文字と模様:くすんだ青
   サイズ:S、M、L、XL
採集などフィ-ルドでお使いの場合は、ハチなどの攻撃を受けにくい地色アシュがお勧めです。
Truffle_Tshirts_Ash1.jpg  Truffle_Tshirts_Ash2.jpg

サイズ表(男女兼用、単位:㎝):
 S:肩幅43.0、胸囲97、着丈63.5
 M:肩幅47.0、胸囲103、着丈68.5
 L:肩幅48.3、胸囲106、着丈72.5
 XL:肩幅52.0、胸囲110、着丈76.7

今年最後の出店

年最後の佐野出店となる神戸市立森林植物園のイベントをご案内いたします。

イベント:「六甲山のキノコ展(展示解説)」
県立御影高校、通称きのこ部の皆さんがきのこ展示を解説します。

開催日:2019年11月23日(土/祝:勤労感謝の日)
解説の時間:①10時30分~ ②11時30分~ ③14時00分~
場 所:神戸市立森林植物園、森林展示館2階(神戸市北区山田町上谷上字長尾1-2)

佐野書店販売ブース森林展示館前の広場、オープン時間:10:00~15:30
アクセス:
(1)神戸電鉄「北鈴蘭台駅」から無料送迎バス(約10分)
  無料送迎バス時刻表:
  北鈴蘭台駅発: 9:05、9:30、10:05、10:30、11:05、11:30、12:05、
              以降毎時05分発、18時05分発まで
(2)土日は三ノ宮駅からバスも出ています(神戸市バス25系統、約40分)
(3)お車で来られる方には駐車場(乗用車1日500円)があります。
       
神戸市立森林植物園URL: https://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

やっと出版! 「Food and Indoor Fungi –Second edition」

在庫が1冊になりました!

ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。
品・カビ同定関係者必携の基本書
Food_amd_Inoor_Fungi_2ndEd.jpg
Samson, Robert A., Jos Houbraken, Ulf Thrane, Jens C. Frisvad & Birgitte Andersen (2019)
Westerdijk Laboratory Manual Series No. 2
「Food and Indoor Fungi – 2nd edition
(食品と室内の菌類、第2版

10%税込15,260円、送料ゆうパック80サイズ
(北陸・東海・近畿・中国・四国1100円、関東・信越・九州1200円、東北1310円、沖縄1630円、北海道1750円)
納期1週間(在庫1冊
英語、481ページ、フルカラー、ハードカバー

基本書として定評のあった「Introduction to Food- and Airborne Fungi」の全改定新版が、やっと出版されました。
食品と室内で発生する真菌の普通種を多数の原色培養写真、顕微鏡写真と線画で図示解説する。

関連書:
「Fungal Biodiversity 2nd edition」 (菌類の多様性、第2版)
「CBS Biodiversity Series 9 The Genera of Hyphomycetes(不完全菌の属)」

続きを読む

オーストラリアの糞生子のう菌図説

年振りかの入荷!
An_illusrated_guide_to_the_coprophilous_Ascomycetes1.jpg   An_illusrated_guide_to_the_coprophilous_Ascomycetes2.jpg  An_illusrated_guide_to_the_coprophilous_Ascomycetes3.jpg
Bell, Ann (2005)
An illustrated guide to the coprophilous Ascomycetes of Australia
(オーストラリアの糞生子のう菌図説)
CBS Biodiversity Series 3

10%税込9,980円、送料370円(レターパック)、納期1週間(在庫2冊
英語。21.0x29.7cm。172ページ、うち115図版ページ。スパイラルバウンド。

 原色図版や単色図版を多用したオーストラリア産糞生子のう菌の解説書。美しい図版を見てしまうと、うんこを拾ってきて生えてくる菌の観察をしてみようかという気持ちになってしまいそう。観察するにはウサギや鹿などのように草食動物の糞がよい。乾燥しないように密閉容器に入れ観察を続ける。そうすると、筆者も観察したことがあるが、クモノスカビやスイライカビの類から細胞性粘菌や変形菌、はてはきのこまで出てきて興味は尽きない。

他の糞生菌文献
(1)Seifert, K., B. Kendrick & G. Murase (1983)「A Key to Hyphomycetes on Dung」(糞生の不完全菌の検索)
(2)Doveri, F. (2003) 「Fungi Fimicoli Italici」 (イタリアの糞生菌)

佐野書店扱Westerdijk (旧)の出版物一覧は、こちら
カテゴリー:「オランダWesterdijk(旧CBS) の出版物」からは詳細がご覧いただけます。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

冬虫夏草属の系統分類

5年ぶりに入荷!
“冬虫夏草に興味を持たれている皆様には必携の文献!”
遺伝子分析に基づく系統分類を提示!

Studies_in_Mycology_57.jpg
Studies in Mycology 57
Sung, Gi-Ho, Nigel L. Hywel-Jones, Jae-Mo Sung, J. Jennifer Luangsa-ard, Bhushan Shrestha & Joseph W. Spatafora(2007)
「Phylogenetic classification of Cordyceps and the clavicipitaceous fungi」
(冬虫夏草属およびバッカクキン様菌類の系統分類)

10%税込7,260円、送料190円(クリックポスト)、納期1週間(在庫2冊
英語。63ページ、うち冬虫夏草の原色写真2ページ、系統樹多数。
“遺伝子分析に基づく系統分類を提示”
形態分類の専門家と遺伝子分析研究者による共同研究の成果!
冬虫夏草およびバッカクキンの仲間162分類群を遺伝子分析した。その結果、科では既存のClavicipitaceaeのほかにOphiocordcipitaceae、およびCordycipitaceaeの2新科を提案し、属では既存のCordycepsのほかにMetacordyceps、Elaphocordyceps,およびOphiocordycepsの3新属を提案する。これらの提案にもとづき、旧Cordyceps(冬虫夏草属)菌類に対し、多数の新組合せ名を提案する。また2新種が記載された。冬虫夏草に興味を持たれている皆様には必携の文献。

他の冬虫夏草文献(佐野書店扱いのみ):
・日本冬虫夏草の会編(2000)「清水大典冬虫夏草原図複製」
・青木襄児 (2003) 「改訂昆虫病原菌の検索」
・YING, Jianzhe et al (1987)「Icones of Medicinal Fungi from China」
・清水大典(1994)「原色冬虫夏草図鑑」
・小林義雄/清水大典共著(1983)「冬虫夏草菌図譜」
・Fungi of Australia Vol. 1A 「Introduction-Classification」(1996)
・奥沢康正(2012)「冬虫夏草の文化誌」

「京都府立植物園きのこ展」10月26日(土)・27日(日)

京都府立植物園のきのこ展は、お天気にも恵まれ、たくさんの入場者がありました。
佐野書店ブースにも多くの皆様が立ち寄られました。心から感謝いたします。
展示された生のきのこも驚くほど多く、遅かったきのこの発生が始まったと、実感させられるほどでした。


10月26日(土)・27日(日)は京都府立植物園のきのこ展です。
今年のテーマは「冬虫夏草」です。

「京都府立植物園きのこ展」
主催:京都府立植物園、関西菌類談話会

日 時:10月26日(土)・27日(日)、9時00分~17時00分(最終日は16:00まで)
会 場:京都府立植物園、植物園会館展示室 (京都市左京区下鴨半木町)
アクセス:
JR「京都駅」、近鉄「京都駅」、阪急「烏丸駅」から
京都市営地下鉄「北山駅」下車3番出口すぐ、又は「北大路駅」下車3番出口を東へ徒歩約10分
きのこ展会場の植物園会館へは、「北大路駅」下車3番出口を東へ徒歩約10分が便利です

講演会「冬虫夏草の世界へようこそ
 講師:東勇太郎氏(関西菌類談話会)
 日時:10月26日(土)14:00~15:30(受付:13:30から、定員60名)
 場所:植物園会館2階研修室

園内きのこ観察会「園内のきのこを観察会しよう」
 講師:佐野修治氏ほか(関西菌類談話会)
 日時:10月27日(日)13:30~15:00、受付13時から、定員30名)
 集合場所:植物園会館前

佐野書店は、会場できのこ書籍きのこグッズを販売いたします。
きのこグッズ:
きのこ柄Tシャツ: 他では入手できない佐野書店オリジナル今年の新柄は、地下生菌をデザインしたトリュフTシャツ
ガチャガチャ:お手てでガチャと名付けた「きのことアマガエル」のガチャ(@400円)
などなど
書籍:
○今年のテーマ「冬虫夏草」にちなんだ書籍と他では入手不可能な清水大典先生「冬虫夏草細密画(複製)」
この10月出版の佐久間大輔先生「きのこの教科書」(初版のミスが訂正された重版)
○きのこ画家、小林路子さん「きのこの絵本」オリジナルきのこポストカード
○普段目にすることの少ない洋書
などなど

Cytology and Plectology of the Hymenomycetes

ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。

“基本書中の基本書”
きのこの顕微鏡観察には必携の参考書
Cytrogy_and_Plectrogy_of_the_Hymenomycetes_revised.jpg
Clémençon, Heinz (2012)
with the assistance of: Valerie Emmett; Ernest E. Emmett
「Cytology and Plectology of the Hymenomycetes, 2nd revised edition」
(菌じん類の細胞学・組織学、改訂第2版)

10%税込み16,850円、送料360円、納期1週間(在庫4冊
英語、14x23cm、520ページ、顕微鏡図・顕微鏡写真、その他図版など636図・12表、ペーパーバック
初版から大幅に内容を充実させた第2版。初版に比べ約2割、100ページも増えた。菌組織のミクロの形態や種類、その形成過程などを、代表的分類群と関連付け、豊富な図入りで解説。大形菌類研究に関係する方々必携の書。参考文献リストも充実。
目次:
1 Basic concepts (基礎概念)
2 The Hyphae of the Hymenomycetes (菌じん類の菌糸)
3 The Mycelium and its Organs(菌糸体とその器官)
4 Mitospores of the Hymenomycetes(菌じん類の分生子)
5 Basidia and Basidiospores(担子器と担子胞子)
6 Cystidia, Pseudocystidia and Hyphidia(シスチジア、偽シスチジア、菌子状シスチジア)
7 Pigment Topography (色素の局所解剖学)
8 Bulbils, Sclerotia and Pseudosclerotia (小型菌核、菌核、偽菌核)
9 Basidiomes(担子器果)
10 Carpogenesis(果器形成)
11 Associations of Hymenomycetes with Other Organisms(菌じん類と他の生物との共生)
Bibliography (参考文献)
Subject Index (項目索引)
Taxonomic Index (分類名索引)

Clémençon先生のもう一つのベストセラー:
Clemencon, Heinz (2009)「Methods for Working with Macrofungi」(大型菌類研究法)(絶版)

本書を理解するに必要な英語=日本語の専門用語辞典はこちら
      日本菌学会編(2014)「新菌学用語集」

日本語ではこちらがお勧め: 「図解きのこ鑑別法」(絶版)

新菌学用語集

在庫は20冊を切りました。在庫のあるうちにご注文ください。

ご注文は、「ご注文メールフォーム」、からお願いします。ブログの右上にあります。
英語文献を読むには必携!論文を書くにも必携!
新菌学用語集
日本菌学会編(2014)「新菌学用語集」 日本菌学会
価格10%税込3,850円、送料サービス
A4、199ページ、うち図版48ページ、ペーパーバック、CD1枚付き
日本菌学会が総力を挙げて編集した「新菌学用語集」。

菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・和書):
日本菌学会編(2014)『新菌学用語集』 (本書)
池田良幸(2013)『新版北陸のきのこ図鑑』(在庫切れ、入荷予定なし
池田良幸(著)、橋屋誠・糟谷大河(校閲)(2014)『追補 北陸のきのこ図鑑 付石川県菌蕈集録』本書も在庫切れ間近です。ご希望の方はご注文をお急ぎ願います
菌類・きのこの基本書中の基本書(分類関係・洋書):
『Dictionary of the Fungi, 10th Edition, Hard cover』 (菌類辞典第10版)
『Illustrated Dictionary of Mycology, Second Edition』 (図解菌学辞典第2版)
『Fungal Families of the World』 (世界の菌類の諸科)
『Fungi of Switzerland』 (スイス菌類図鑑)

ヨコハマきのこ大祭2019

この度の台風で被害に遭あわれた方々に心からお見舞い申し上げます。

「ヨコハマきのこ大祭2019」は、10月20日終了しました。
佐野書店にお越しの皆様に感謝申し上げます。


佐野書店ブースは各種クレジットカードやSuica/ICOCA/PASMOほかのキャッシュレスにも対応しています。

 ヨコハマきのこ大祭2019URL: https://kinoko.yokohama/

日 時:10月19日(土)・20日(日)、11時00分~17時30分
会 場:みなとみらいMMテラス(神奈川県横浜市西区みなとみらい4丁目6−2)
アクセス:
 ・みなとみらい駅1番出口より徒歩2分
 ・新高島駅3番出口より徒歩6分
 ・横浜駅、駅ビルポルタG階段出口より、「はまみらいウォーク」経由徒歩12分
 ・桜木町駅より「動く歩道」を通って横浜美術館方面へ徒歩13分

販売スペースは広くありませんが、今年の新作、トリュフ柄Tシャツ定番のベニテンTシャツなどをそろえ、お待ちしております。

リアルの佐野書店を知る絶好の機会です。皆様のお越しをお待ちしています。


[これから出店予定のイベント]

○京都府立植物園「きのこ展」
主催:関西菌類談話会・京都府立植物園
日 時:10月26日(土)・27日(日)
場 所:京都府立植物園
講演会(10月26日)・園内きのこきのこ観察会(10月27日)もあります。

 会場では世界各地から集めたきのこグッズ、菌類・きのこの一般書・専門書を展示販売いたします。

国際藻類・菌類・植物命名規約(深圳規約)2018[日本語版]

新紹介!
菌類の分類に関心のある方には必携 ‼
国際植物分類学会から公式日本語版として承認!
国際藻類菌類植物命名規約2018
日本植物分類学会国際命名規約邦訳委員会(訳・編集)(2019)
『国際藻類・菌類・植物命名規約(深圳規約)2018[日本語版]』

10%税込2,670円定価の3%引き)(定価2500円+税)、送料サービス、納期1週間以内(在庫
日本語、18.9x26.4 ㎝、36+253ページ、ハードカバー、カバー付き

[出版社の案内文から]
本書は、植物の学名に関する国際的な取り決めである国際命名規約の最新版:『International Code of Nomenclature for Algae, Fungi, and Plants (Shenzhen Code)2018』のオフィシャルな日本語版です。本規約は、6年毎に改定され、過去に遡って適用されるため、学名の取り扱いは最新の規約に従う必要があります。翻訳は日本植物分類学会国際命名規約邦訳委員会が担当し,国際植物分類学会から日本語版として承認されています。
【本書の特色】
今回の改訂では、菌類として扱われる生物の学名に関する規定が独立した章となり、附則にあった雑種に関する規定が章になるなど、大きな変更があります。また規約の運営に関する部分が全面的に改定された他、規約で用いられる「用語」や「概念」についても修正が加えられています。

英文のオリジナル版はこちら: http://sanoshoten.blog13.fc2.com/blog-entry-1568.html
[オリジナル版紹介時の佐野書店ブログの解説]
2017年7月、中国、深圳で開かれた第19回国際植物科学会議で採択された最新の命名規約の原典版。
この会議で菌類の命名法について重要な変更がなされた。それは第3部第8条で「Proposals to amend the Code relating solely to names of organism treated as fungi 」(菌類として扱われてきた生物の命名についての本規約の変更提案)が設けられたことであろう。(菌類の命名法について規定するF章が設けられたことも重要な変更であるが...)
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード