FC2ブログ

Slipper Orchids of Vietnam

これもラン科植物専門図鑑です在庫の1冊のみ、追加入手はありません)。
ご注文は「ご注文メールフォーム」からお願いします。

Slipper_Orchids_of_Vietbam.jpg SlipperOrchidsVietnam2.jpg SlipperOrchidsVietnam3.jpg SlipperOrchidsVietnam4.jpg

SlipperOrchidsVietnam5.jpg
Averyanov, Leonid , Phillip Cribb, Phan Ke Loc & Nguyen Tien Hiep (2003)
「Slipper Orchids of Vietnam - with an Introduction to the Flora of Vietnam」
(ベトナムのスリッパオーキッド、ベトナムのフロラ概説付き)

Royal Botanic Gardens, Kew (キュー王立植物園)
8%税込8,900円、送料510円(レターパック)、納期1週間(在庫1冊、追加入手はありません
英語。18.6x25.8cm。9+308ページ。原色写真・線画多数。ハードカバー。
ベトナムに自生するパフィオペディルム属(ラン科)を美しい原色写真、精細な線画、および分布図で詳細に解説する。ベトナムのフロラについても概説する。洋蘭のパフィオに関心のある方にはお薦めの1冊。

Slipper Orchids Borneo

引き続きラン科植物専門図鑑をアップします。
ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。

[古書]
Slipper_Orchids_of_Borneos.jpg
[古書] 状態:良
Cribb, P.J. (1997)
「Slipper Orchids* of Borneo」 (ボルネオのスリッパオーキッド)

  *Slipper Orchid(s):パフィオペディルム属・シプリペジウム属など袋状の唇弁を持つ蘭の英語名。花の形がスリッパに似ていることから。
Natural History Publication, Kota Kinabalu, マレーシア
8%税込 4,200円、送料190円、 納期1週間(在庫)
英語。10+120ページ。21.5 x 15.2cm。原色図版82。ペーパーバック
 ボルネオ島の原生林に自生するパフィオペディルム属を美しい手書き原色図版と原色写真、合計82図版で解説する。蘭愛好家、パフィオペディルム愛好家にお勧め。
 本書はボルネオ島、サバ州の州都コタキナバルにある出版社Natural History Publicationの出版物。入手は容易ではない。

The Genus Paphiopedilum

続いてラン科植物専門図鑑をアップします。
ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。

在庫1冊、絶版書のため追加入手はありません。
The_Genus_Paphiopedilums.jpg The_Genus_PaphioCont.jpg  
               [ 目次 ]
The_Genus_Paphio2.jpg The_Genus_Paphio3.jpg The_Genus_Paphio4.jpg The_Genus_Paphio5.jpg
Cribb, Phllip (1998)
「The Genus Paphiopedilum (Second Edition)」 (パフィオペディルム属、第2版)

Natural History Publications (Borneo), Kota Kinabalu,Malaysia
8%税込 19,870円、送料510円 
納期1週間内 (在庫1冊、絶版書のため追加入手はありません)
英語、438ページ、25.4 x 18.4cm、原色図版多数、 ハードカバー
新本ですが、17年前の出版のためブックカバーの端に黄ばみがみられます。
 パフィオペディルム属はラン愛好家の間ではパフィオと愛称され、東南アジアから中国南部にかけて分布する人気の洋蘭。アツモリソウ・クマガイソウと同様、袋状の唇弁をもつことから、かつてはCypripediumアツモリソウ属に入れられていた。しかし、革質の常緑葉をもつこと、肉質の仮雄しべをもつことなどから別属とされ、パフィオペディルム属として独立した。本書はこのパフィオペディルム属の既知種すべてを200以上の原色図・原色写真、および分布図をつけ記載する。

Dendrochilum of Borneo

ラン科植物専門図鑑をアップします。
ご注文は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。

Dendrochilum_of_Borneo.jpg
Wood, Jeffrey J. (2001)
「Dendrochilum of Borneo」 (ボルネオのデンドロキラム属)

Natural History Publications (Borneo)
8%税込 9,700円、送料別510円(レターパック)、納期1週間 (在庫1冊、追加入手はありません)

英語。18.6x25.8cm。原色図版24ページ、本文中に精細な多数。ハードカバー。
デンドロキラム属は、穂状に集まった小花をつける着生蘭だ。花は派手さはないが、気品あがり、大変魅力的だ。熱帯アジアに約100種分布し、そのうちの8割は多様性豊かなボルネオ島に分布する。
本書は、ボルネオ島に自生するデンドロキラム属81種を原色写真と線画で詳細に解説する。検索表も付く。

変形菌の増井真那さんNHK Eテレ出演(6月19日)

[追記] 皆様、ご視聴ありがとうございました。

変形菌の増井真那(ますいまな)さんが、6月19日(水)NHK Eテレに出演します。

番組:NHK Eテレ 「又吉直樹のヘウレーカ!」
「単細胞生物」特集の回にゲスト出演。
https://www4.nhk.or.jp/heureka/x/2019-06-19/31/26613/1426045/
変形菌(粘菌)について熱く語ったり、又吉さんと森にフィールドワークをしに出かけたり、写真や動画の提供も行ったそうです。
増井さんは「うまくできたかはわかりませんが、準備やロケなど、がんばりました」とのことです。

●本放送:NHK Eテレ 6月19日(水)午後10時00分~ 10時45分
○再放送:NHK Eテレ 6月21日(金)午前0時25分(木曜深夜になります)
○国際放送 NHK WORLD-JAPAN 6月20日
○NHKオンデマンド:本放送から2週間

青森県産きのこ図鑑

在庫あり。
ご注文は「ご注文メールフォーム」からお願いします。

佐野書店推薦!
旧分類から新分類への橋渡しをする図鑑! 
分類上の問題点も指摘!
新分類についてまとまった解説書のない現状の格好の解説書!

2018年9月の菌類懇話会の八ヶ岳合宿でも採集きのこの肉眼による鑑定に最も活躍していたのがこの「青森県産きのこ図鑑」でした。2017年出版で最新のデータを反映した図鑑であることが一番の理由かと思います。
顕微鏡は持っていないが、きのこを知りたい方にお勧めです。

顕微鏡も使ってきちんと種名を調べたい方には「Fungi of Switzerland: スイス菌類図鑑」がおすすめです。
もちろん、同定会場には本書フルセットと顕微鏡がが準備されていました。
(学名の変遷については、index Fungorum または BycoBank で簡単に調べられます)
青森県産きのこ図鑑1
青森県産きのこ図鑑2 青森県産きのこ図鑑3 青森県産きのこ図鑑4 青森県産きのこ図鑑5
長澤栄史監修
工藤伸一(著)、手塚豊他(写真) (2017/9)「青森県産きのこ図鑑」

税込5,820円(定価の3%引き)、送料サービス、納期:1週間(在庫)
(定価6000円)

15.4x22.0cm、535ページ、全ページカラー印刷、ペーパーバック、カバー付き
青森県産きのこ730種を、最新の情報をもとに全ページカラー印刷で解説する。一部は、胞子やシスチジアの顕微鏡写真をつける。
掲載種は、特徴を把握しやすいように、従来の形態形質による分類順によるが、遺伝子分析に基づいた新しい分類法ではどのように変わったかを、科の解説や必要に応じ種の解説でわかりやすく行う。
学名は、新しい分類法による。
近年、日本産きのこが、それにあてられた学名のきのことは異なるかもしれない事例が出てきたが、そのことについても説明が及ぶ。新種の可能性のあるきのこや日本新産種も解説。

予告:Puffballs of northern and central Europe

予告!7月ごろ入荷予定。
ご注文・ご予約は、「ご注文メールフォーム」からお願いします。
Puffballs_of_Northern_Central_Europe1.jpg Puffballs_of_Northern_Central_Europe2.jpg
Jeppson, Mikael (2018)
「Puffballs of northern and central Europe」
(北および中央ヨーロッパのホコリタケ類)

Swedish Mykological Association.
8%税込概算13,000円、送料510円(レターパックプラス)、納期7月ごろ

英語、17.5x25㎝、360ページ、原色写真、分布図多数、ハードカバー
北および中央ヨーロッパに分布する次の8属(Apioperdon , Bovista , Bryoperdon , Calvatia , Disciseda , Langermannia , Lycoperdon and Mycenastrum)約55種をミクロとマクロの線画と写真、検索表をつけ詳細に解説する。
生息環境の説明と分布図もある。

カッド岬国立保養海岸のきのこ

Mushrooms_of_Cape_Cod.jpg
Bessette A.R., A.E. Bessette & W.J. Neill (2001)
「Mushrooms of Cape Cod and the National Seashore, hard cver edition」
(カッド岬と国立保養海岸のきのこ、ハードカバー版)

シラキュース大学出版部
8%税込み 5,310円、送料180円、納期 1週間(在庫2冊
英語。14.5x25cm。12+174ページ。原色写真150以上。
 カッド岬は米国マサチューセッツ州南東部、大西洋に面した長さ100km最大幅32kmの鉤状をした半島で、特異な海岸植生が織りなす豊かな自然が残っている。この自然を守るため1961年、時のケネディ大統領によって国立保養海岸に指定された。
 本書はこの特異な植生と菌根を形成するなどして緊密に生態系を構成している大型菌類を、岬を訪れる初心者向けに多くの原色写真を使い丁寧に解説したフィールドガイドだ。載せられたキノコは150種弱と多くないが、担子菌から子のう菌までコンパクトに網羅している。Lactarius7種、Russula12種、Boletus11種、Tricholoma13種など菌根菌が多い。本書でBoletus billieaeが新種記載された。著者の一人A.E. Bessetteはシラキュース大学教授。

テーマ : オススメの本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

Geoffrey Kibby 先生のきのこ図鑑

2019年6月10日現在の最新の情報です。
(1)第2巻の出版時期、
6月8日のKibby 先生からの連絡では、
「現在、Vol.2に懸命に取り組んでいます。この秋の終わりごろには完成できればと考えています」 とありました。
11月か12月ごろに出版されるかと期待しています。出版され次第ご案内しますのでお待ち願います。
(2)在庫切れ書籍の入荷時期:1・2週間中に入荷予定です。

ご注文は「ご注文メールフォーム」 からお願いいたします。

Geoffrey Kibby 先生は英国菌学会の発行する「Field Mycology」(野外菌類学) の上席編集者。
先生の図鑑は、野外での同定に役立つよう、大変分かりやすく書いてあると評判。
日本との共通種も多く載る。
佐野書店のベストセラーの一つ。

[英文タイトルをクリックすると、個別の図鑑解説に飛びます]

[総合図鑑]
著者Kibby 先生の自費出版
最新の系統分類を採用した、野外での同定に役立つ実践的図鑑。


Mushrooms_and_Toadstools_of_Britain10.jpg
Kibby, Geoffrey (2017)
Mushrooms and Toadstools of Britain & Europe, Vol. 1, 2nd Edition
(イギリスとヨーロッパのきのこ第1巻、第2版)
 
全2巻。第1巻・第2巻合計1850種を最新の系統分類に従い解説。

[属別図鑑]
すべて著者Kibby 先生の自費出版
属別に英国産の全種、ヨーロッパ産もほぼ網検羅。
肉眼だけで容易に同定できるよう工夫を凝らした検索表がつく。
野外で簡単に同定できるよう特徴をとらえた原色写真を使用。
日本との共通種も多く載る。

THE_GENUS_RUSSULA_in_Great_Britain1.jpg THE_GENUS_RUSSULAin_GREAT_Britain2.jpg
Geoffrey Kibby
The Genus Russula in Great Britain, with Synoptic Keys to Species
(英国のベニタケ属、種への検索表付)


British_Milkcaps.jpg
Kibby, Geoffrey (2014)
British Milkcaps: Lactarius & Lactifluus
(英国のチチタケ類: チチタケ属とラクティフルース属)


The_genus_Tricholoma_in_Britain_1.jpg The_genus_Tricholoma_in_Britain_3.jpg The_genus_Tricholoma_in_Britain_4.jpg
Kibby, Geoffrey
The Genus Tricholoma in Britain」(英国のキシメジ属)


The_genus_Amanita2016.jpg The_Genus_Amanita_in_Great_Britain2.jpgThe_Genus_Amanita_in_Great_Britain3.jpg
Geoffrey Kibby
The Genus Amanita in Great Britain」(英国のテングタケ属)


イグチの仲間を知るには必携の文献
British_Boletes1.jpg British_Boletes2.jpg British_Boletes3.jpg
  (表紙)    (最新の分類による掲載種リスト)  (目次)
Geoffrey Kibby (2018)
British Boletes: With Keys to Species、8th edition
(英国のイグチ類、種への検索表付、第8版)



The_Genus_Agaricus_in_Great_Britain.jpg
Geoffrey Kibby
The Genus Agaricus in Britain
(英国のハラタケ属)

「日本産ハルシメジ類は少なくとも9種の未記載種を含む」

先日あった日本菌学会第63回大会で興味を引いた発表(1)。ご参考まで。
内容は講演要旨集からで、佐野の責任で短くまとめてあります。
(佐野は、問題があるのは承知の上で、「種=species」と呼べるのは生殖隔離が存在する分類群=生物学的種のみであり、そうでない分類群は亜種・変種・品種・分子種・形態種などと呼ぶべきと考えているので、発表内容に忠実でないところがある)

「日本産ハルシメジ類は少なくとも9種の未記載種を含む」
研究者:宍倉愛実(鳥取大院持続性)ほか
前提:
日本産ハルシメジ類には12の形態型が知られている。
調査対象標本:
E. clypeatum var. defibulatumのタイプ標本(オーストリアGranz大学標本庫から借用)および
全国から収集したNolamnidea節に属する標本。
分析:
形態学的・分子系統学的・生態学的に解析した。
分子系統学的にはrDNA ITS領域を分析した。
結果:
(1)次の9系統群が見つかった。
(2)これら系統群と宿主植物の分類群との間には相関関係があることがわかった。
系統1:宿主ウメ(スモモ亜属)、形態的には欧州産E. sepiumと合致するが、クレード内に欧州産E. sepiumの配列を含まない。
系統2:宿主サクラ(サクラ亜属)、形態的には欧州産E. sepiumと合致するが、クレード内に欧州産E. sepiumの配列を含まない。
系統3:宿主ナナカマド属、形態学的にE. clypeatum var. defibulatumのタイプ標本と一致するが、同種とするには再検討する必要がある。
系統4:宿主サクラ、形態学的に一致する種がない。
系統5:宿主サクラ、形態学的に一致する種がない。
系統6:宿主ナシ連、形態学的にE. clypeatumと合致するが、クレード内に欧州産E. clypeatumの配列を含まない、しかも初冬にも発生。
系統7:宿主バラ属、国内産E. clypeatum f. hybridumの配列と同一クレードを形成し、形態学的にも本品種(forma)と同じ。
系統8:宿主ニレ科、欧州産E. saundersiiと姉妹群だが形態学的に区別できる。
系統9:宿主ニレ科、国内産E. aprileと同じ配列を含むが、クレード内に欧州産E. aprileの配列を含まない。形態学的には国内産E. aprileと合致する。
以上
2013年10月8日からの訪問者数
プロフィール

佐野書店 佐野悦三

最近の記事
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
リンク
RSSフィード